June 23, 2002

Michael Brook

 先週よく聴いていたcd。Cobalt Blue Live At The Aquarium / Michael Brookが多かったかも。amazonでも入手可。有名どころ結構参加&曲数も多くお得です。アコースティックらぶな人も打ち込みな人も、聴いときましょう。お勧めです。無論合えばになるが。視聴して決めてね。

AVアンプ3、Michael Brook

 marantz PS7200使ってヤフオクで入手した鬼武者2やりまくるという(with プロロジ2 movie)、贅沢な使い方してます。:D
 ちょっと使用感を書いておきます。短所はcs5.1は音楽にはそんなに使えません。音楽にはプロロジ2が無難。cs5.1は遊びでも厳しい時があります。低域(バスドラ、タム, etc.)が極端に遠くで鳴るっていうのと、ソースによっては後ろでディレイしまくります。ambient系、listening系の低域成分含まないソースとか(dspのほうがいい場合あるかな(笑))、スポーツ中継@一般のテレビとかにいいかもしれません(歓声とか後ろから聞こえるので)。cs5.1も2が出るので、2に期待しましょう。
 上には上があるという前提で書きますが、駆動力はあります。鳴りにくいsb3が結構鳴ってる。:D 低域もこのスピーカー特有の重く詰まったの出せてます。音質はavアンプでもやっぱりmarantzっぽいです。綺麗だけど力強さはある音。
 派手なdspごっちゃりと搭載したyamaha系と比べ、marantzは映画には向かないと叩かれることもありますが、私的には部屋でぶりエフェクトかかった音声を聴くのは元々苦手っちゅうか気持ち悪いので、全然問題ありません。音色も雰囲気もめちゃめちゃ変わった音声がそんなにいいのかなぁ。違和感ないか? 音像はキープする派。あと、あんなにdspあったって、はたして気に入るdspはそんなにあるんだろうか。基本的な電源系や駆動力系に力を入れたほうがいい気がするんだけど。よく理解できん。
 ここらへんは個人の好みだってほんと。marantz使いたい人はmarantz使ってええやん。ね。>yamaha avアンプユーザー

 もーav環境は金かけないと思いつつ、余裕があったらリアにsb1買ってnhtで統一しようかなーなんて思い始めてるし…。
 ちゅーか体環境も、背中いい加減どうにかしないとなぁ。まじで貯金していかないと&どこかの支出を抑えないと、ほんと延々入らん。これ経済の定説です(捕まっちゃった人風に)。プリメイン、アップグレードは当分考えるのよそう。PA01は、待ってエージング終わった中古狙ってもいいんだし。うーむ。
 私のpcには買いたいもの.txt(さすがにcsvファイルとかエクセルファイルにはしてない)ってのがあるんだけど、長くなる一方です。買いたいcdも忘れるからそこに書き込んでるんだけど、傍から見たら「汚い本棚」じゃなくて「汚いcd郡」なんだろうなー。ARCANAとかIn The Nurseryまであるしな(好きな人は好きだと思う。知らなかったら聴いてみ)。ソフトも欲しいのごっちゃりです。

June 15, 2002

AVアンプ2、スピーカーケーブル

 結局、ONKYOのTX-SA600聴きに行くのが面倒で、marantzのPS7200買っときました。理由は、
・聴いたことがある
・素性あきらか(部品的 or 構造的にも丁寧)
・あの価格帯でも十分重い(ONKYOのTX-SA600が12.1kg、marantzのPS7200が14.9kg)=電源系強化品
・やっぱりマランツの音は好き(笑)
 だからです。

 あとスピーカーケーブルは何を使っているのか聞かれたことがあるんだけど、KimberKable 4PRで落ち着いてます。←下のほうにオーバー10万のごろごろしてますが、これは700円/mくらいで買えます。8芯だから剥くの大変だけどね(笑)。同系色を束ねて2本にして使います(カッド使い)。
 大音量でも破綻しません。中&高域重視系。滑らかな感じ(緩いという意味ではなく)で、NHTの良さを引き出してくれてます。これで低域が派手にぼんついたら、スピーカーとアンプの相性が悪いか、ソースが元々そうなのかだ(笑)。
 他にも2つ挙げておく。
CANARE 4S6(または4S8):素な感じ。100円/mくらい。2芯なんで、これもカッド使いにします。大抵は細いほうの4S6で十分です。これ以上太いと高域が汚くなる可能性がある。4S8はでかいスピーカーの時に考えるといいでしょう。
Belden STUDIO 497Mk2:中域重視。500円/mくらい。
 CANARE 4S6はPA、エンジニアよりなんで、楽器屋かサウンドハウスで買えます。他はオーディオ屋か敬光堂で買えます。
 「銅線で音が変わるか」という議論がありますが、「変わります」というのが答え。変えてわからないのは、きちんとセッティングしてないか耳が悪いかのどちらかだ。ただ、盲目的に高い金かけてもしょうがないっていうのはある。ハイエンドオーディオ使用ならめっちゃ凝ってもいいでしょう。バランスです。
 それと緩くて低域過多で悪名高いモンスターは、エージングに使うといいです(笑)。特にNHTには、エージング時の短所(定位きつすぎ。低域出ない)を和らげてくれて助かります。こういう使い方はあり。

 実はプリメインもmarantz PA01に興味が湧いて、グレードアップしたくなってたり。ぶり生々しく鳴らしてくれそうで&NHT SB3とは相性良さそうなのが容易に想像できるので。ばっこりした電源系、強烈な駆動力系も素晴らしいし。実売11万は安いでしょう。
 PA01は、マランツの中ではエンジニアよりでかなーり異色なんだけどね。買ったらマランツ坊と馬鹿にするがいい。:D オーディオなんて本人の好みだ文句あるかゴラァ。