June 24, 2003

 母方の祖母が6月22日の朝、逝った。享年91歳。意識が混濁する前に会えて良かった。当然、自分は孫にあたる訳で、幼い頃にかわいがられた記憶がやけに大きく残ってる。いい思い出しかない。母はほぼ毎日、半分老人ホーム半分病院(ああいう施設って正確にはなんて言うんでしょう?)に通って世話をしていたので、自分とはまた違った残像を抱いているんだろう。
 もう痛い思い(大腿骨骨折未完治と床ずれ。プラス、重度の糖尿病と肺癌)をしなくて、楽になったはず。本人は辛かったはず。死顔は穏やかで、この世のあらゆる面倒とは本当に関係なさそうな顔してた。
 ばいばい。元気でね。

 別の角度から。通夜、式ともにみどり会館(世田谷区運営だと思う、たぶん)で行われて、会場の雰囲気も手伝って慌しい雰囲気は一切なかった。荼毘は幡ヶ谷、代々木上原から近い代々幡斎場だったんだけど、反対にあそこはある意味すごかった。巨大な人間焼却場というか。
 荘厳に扉を光らせずらっと並んだ炉に、遺体達は丁寧にかつ速やかに吸い込まれていく。こちらとあちらで焼香と最後のお別れ、隣では炉が開けられ、からからになった遺骨と灰がまだ煙を放って姿を見せたよ。各々の炉の前の床には、余分な灰を捨てるステンレス製蓋つきダスターシュートが装備されている。
 棺、遺骨を素早く正確に扱い、炉の前に灰を微塵も感じさせない完璧な掃除をあっという間に終わらせ、遺族達をうまく捌き、遺骨の説明、遺族が拾い終えその残りを白い砂のように壷に収めまでする職員達の手つきと仕事は、驚嘆に値するほどまさにプロの仕事である。全ては静かにあくまでもシステマティックに、無駄は一切ない。無駄があるとしたら、その時間とはあまりにも不釣合いな、綺麗で石なのに妙な温かさを伴った建物内装だろう。
 そんな中を、様々な人生をまだ抱えて生きてる者大勢が、黒く入り混じっては消えてを繰り返してた。

June 11, 2003

香り2

 おぉ。日記だ。


 香り、欲しいのは全て入手して落ち着きました。有言実行、98%は。たまに駄目。
 左からGIVENCHY / INSENSE ULTRAMARINE(アンサンセ・ウルトラマリン)、CHANEL / ALLURE HOMME(アリュール・オム)、GIORGIO ARMANI / ACQUA DI GIO POUR HOMME(アクア・ディ・ジオ・プール・オム)。全てトワレ。フリガナサービス。
 ULTRAMARINEは静かな海、空、風の雰囲気。爽やかだけど決して軽々しくはありません。ユニセックス。ただし餓鬼な女は似合わないと思う。2002年の特別企画で、ULTRAMARINE Midnight Swimバージョンが出ていたんです(他にMorning Surf、Evening Dreamがあった)。Midnight SwimはULTRAMARINEをアロマよりにした香り。夜のプール@綺麗なホテルの雰囲気(?)。ネーミングもないす。ULTRAMARINE自体、当時つけていた人多かったので、Midnight Swimは避けて買わなかった。が、今になって後悔。通販で入手できることはできるんだけど、あれだけをマイナーなオンラインストアで、かつ送料かけてってのもなぁ。使ってなかったら誰かください。本気。ちなみに誕生日は8/16。(・∀・)
 ALLURE HOMMEはALLUREの男性版。基本的に掴み所がないような気がする。香り自体は比較的暖色系で、芯もある香りなんだけど(決して重くはないです)。爽やかであることと落ち着いたセックスアピールを同時にしているような、不思議な香り。こういう香り好きです(もちろん今まで挙げた香り全部好きだけど)。
 ACQUA DI GIO POUR HOMMEはACQUA DI GIOの男性版。地中海をイメージしたというだけあって、まさにそんな香り。そして軽く華やかで、逞しい。前出のDOLCE&GABBANA / light blueと香り自体は違えど、light blueの雰囲気をスパイシーにしたような。

 香水を選ぶ傾向で気がついたんだけど、ヒットする香水は流行る前か、数年経ってから使用しているような気がする。
「この香水いい匂い」で脊髄入手じゃ、香り被りまくるもんねぇ。非常にわかりやすい例を挙げれば、なんとかの一つ覚えのように、皆がETERNITY or ETERNITY FOR MENをつけてた昔の渋谷。ああいうのほんと脱力…。
 どうでもいいけど、かるばんくらいんの香りは1つも持ってなかったりする。下着メーカーのイメージがあって、偏見持っててどうも駄目です。

June 3, 2003

備品あれば憂いなし

 こういうのっていろいろあったんだなぁ。資本主義ってある意味すごいですね。別に俺は着けないけど、念のため。kotaroさん@techno.toがやったら神かも。颯爽と風の歌を聴いて欲しい。どないやねん。


 これからの季節、ハーフ丈のブーツ@もたさいくるでなんかないかねモードだったんだけど、Hawkinsがもたさいくる用に開発したってのを見かけて買ってしまった。エンジニアが機能的になった雰囲気の。妙にかわいいんだもの。
 無論、alpinestarsのような本格的なものと比べてはいけない。操作性はあれ系よりもちろん悪い。まだがちがちなんで、もうちっと疲れてくれー。
 これからの季節、街乗りならこれで十分だがや。というか冬以外なら問題なさげ。


 タイヤの空気圧計、自分で持ってると便利なのでやっぱり入手。もたさいくるのタイヤは問題なかったんだけど、楽しくなってついでに車のタイヤチェックしたら、少し抜けてたよ…。
 600乗りたい病にかかっていますが、CB SFに飽きたのかというとそんなことはちっともなく、綺麗綺麗で大事に(? そりゃおもしろがって回しちゃうけど)乗ってまふ。理想はもたさいくるは2台態勢なんだな。:D
 400ネイキッドと600スポーツで、さいこーですかー? さいこーでーす。置く場所ないから無理でつ…。
 どうでもいいけど昔、「最高ですかー」っていう新興宗教団体に夜叫ばれたので、「最低でぇーす」って元気よく叫び返したら黙ってた。

 髪もうちっと短くしちゃお。この長さでも邪魔になりつつある。スキンヘッドは手入れ逆に大変、かつ頭の形はそれほど良くないので、止めときます。

 いい加減、目黒ジム(藤元ジム)見学しに行かないとなぁ。気合入れんかいボケ。己へタレすぎ。