August 16, 2003

『花を運ぶ妹』

 作者は池澤夏樹氏。勝手に思うところがあって、他の作品も含めあえて読んでいなかったのだけど、ある人に薦められて読んでみました。
 毎日出版文化賞受賞作品。文庫本でも出ています(文春文庫)。
 以下たいち評。

 インドネシアはバリで、薬物不法所持(へろ)で捕まった兄(画家。依存が生じていました)の独白。その兄を助け出そうと奔走する妹(コーディネーター)の語り。それが各章ごとに続いていきます。
 独白、兄で大江健三郎の『同時代ゲーム』を思い浮かべる人は正しい(*1)。ただ、あれほど純文学(not 私小説)な技巧的複雑さはなく、とても読みやすいです。やりきれないこともかなり書いてあるのですが、上記のように2人の視点で書かれているので、するっ、するっと切り替われるところも逆に読みやすくしています(*2)。

 聖と俗、善と悪、生と死。神話。アジアとヨーロッパの対比。混沌、矛盾にすごくうまく触れています。バリという設定で匂いを伴って書かれています。
 風光、色彩、空気、水。素直に五感(+ 一感)に訴えてくる描写、記述、ストーリーがずば抜けて素晴らしい。
 名作認定。この作品は凛として立っています。

「ぼくは水を潜ったのだ。深い広い水を渡ったのだ。死の恐怖と三年の幽閉、一年の回復期を経てここに来た。そうやってあなたの手を逃れた」
「この戦いが無限に続くことをぼくは願っている」
 本作品より。

(*1)
 実際、『花を運ぶ妹』では兄の独白の中でちらりと出てきます。

(*2)
 一方の独白を延々読ませるのは、読み手を疲れさせる or 選んじゃうからね。前出の『同時代ゲーム』なんか特にそう。
 私的にはあっという間に読めたし、理解もしたつもりでいるけど。あれ受け付けない人は、ほんと受け付けないなぁ。純文学(not 私小説)の世界では、ああいう実験的で一見難解なの多いですよ。

コメント

おおお、私も読み終わったとこです。
途中、重たすぎて精神的にずーんとなってちょっと一週間くらい休憩してまた読みました。

ぽめに薦められたのにいまだに読破していない「同時代ゲーム」の話が出てきたときは、またメールしようかと思っちゃった(笑)。ゴアって言葉が出てきたときも。

たいち評はamazonとかの評より適切なので、できればこの頁をうちのBBSに直リンクしたいけど、よい?ダメならいいです。
でも、どうやって直リンク張るんだろう?
blagじゃないとできないのかな?

> たいち評はamazonとかの評より適切なので、できればこの頁をうちのBBSに直リンクしたいけど、よい?ダメならいいです。

amazon評はストーリーに関して、規範批評があったりしてああいうのはつまらんですな。
全部が全部、村上春樹の小説みたいなストーリーだったら、それこそやりきれんよ。

http://www.moeabletype.org/mt/archives/2003/08/post_138.html

この記事に直リンするのは↑のURLでできます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)