November 29, 2003

kotaroさん

 Ben Watkinsが『JUNO REACTOR / ZWARA E.P.』のプロモーションもたぶんかねて、最近来日してるわけですよ。で、Electric SALの企画(?)で、kotaroさんがBen Watkinsにインタヴューしてるんです。
 kotaroさんを紹介する写真、すさまじく公序良俗に反するような気がするんだけど。何か確実に法律を犯しましたよこの人。ぴんときます。銃身を切り詰めたショットガンで武装強盗を働く人並みに、悪く写ってるんですよ。かこいい。どないやねん。

 中傷ではない。自分もやってたせいか、DJやってる人に対する尊敬とか敬意って年を取るごとに薄れていくものなんだけど、変わらず彼のことは尊敬してるかな。

 選曲のセンスはもちろんいいのはさておいて、核に触れて身を持ち崩さずに(崩したかもしれないけど)、今日まで大きくなれてる人って少ないでしょ。 
 自分の場合は18、19くらいから崩れて、復帰するのになんだかんだで7、8年はかかってるかも。結局、全然違う界隈で身を持ち直してるしね。彼はまだその界隈にいて、かつ大きくなれてる。

 私はゲイではありません、念のため。

November 24, 2003

バガボンド

 『バガボンド』18巻出ているわけですが、14巻でいきなり遡って小次郎の赤子の頃から描き始め、この巻でようやく武蔵の物語の冒頭に追いついた。うーん、長かった。
 二人は関ヶ原の戦いの跡で出会う<「二匹の獣、邂逅す」。時は慶長5年9月15日。
 小次郎は師匠の伊藤一刀斎に誘われて、戦見物に来ていたのでした。

 ところで、『バガボンド』興味ない人に多い傾向で、よくわからないらしく
「バカボンド」
「バカポンド」
 と発語する人が多いのですが、vagabondという単語@英語はちゃんとあります…。

 さらにどうでもいいことで、NHK大河ドラマ初期の頃、比べて観てたりしました。今は大河ドラマに全く興味をなくして、あっちはどうなっているのかわかりません。市川新之助(武蔵)の演技が、脳に機能障害がある人を演じているのか、もしくは学芸会レベルなのでつまらなく。そこには空気がない。

 しかし小次郎が聴覚障害者という設定、思い切ったことをしたもんだ。<井上雄彦
 私的には自分なりの解釈で構築していくことは、全然構わないと思っています。そもそも、原作の吉川英治著『宮本武蔵』に完全に沿う必要はなく、また、あの原作自体、吉川英治によって作られた虚構です。
 真実は、
・二刀流で戦ったという記録は乏しい。剛腕ではあったけれども、演武のときのみだったのでは。
・武蔵が戦った小次郎は、下手すりゃ老人だった。少なくとも美青年ではない。
・武蔵は巌流島には一人で行っていない。弟子たちを引き連れていた。頭を打たれて気を失った小次郎は意識を再び取り戻し、武蔵を背後から襲ったが、弟子たちに斬られた。
 などと諸説ふんぷんです。
 それだけ謎多く、魅力ある人物なのでしょう。

November 20, 2003

MA○○O CAFE 3&more

 solsticeから出てるMACAO CAFE 3 / V.A.を聴いていた機会が多かったんだけど、俄然、創作意欲が湧いてしまいました。
 それは焼け付くような情熱で、もう誰にも止められないもの。

まムこ・かふぇ

 まーたやっちゃったよたいちゃん…。だってん〜。
 ごめんなさいもうしません。うそ。

 えーと、このコンピレーションは雰囲気あってほんと良いCDなんですよー。「綺麗に」落ち着いて、やるときゃやるミドルエイジにお勧め。どないやねん。生音を意識して、かつゆっくりなリズムを刻む曲が多く入ってる。
 マスタリング的には、比較的バランスよく入っているんじゃないでしょうか。低域過多なのはあるかな、やっぱり。音色は悪くないけど。まぁこれらは好みの問題で、曲自体の問題ではない。

 久々にポピュラーなCD(@trance界隈)を聴いた気がする…。しかしスローなCDだし。
 私、家で4つ打ち聴くと、まじで肉体的に胃がもたれる体質になってしまいました。よっぽど体調&精神状態が良いときでないと、NG。

続きを読む "MA○○O CAFE 3&more"

November 19, 2003

チタニウム(チタン)製義眼

 医学になるのか?<Category

 うーん。写真は >> こちら
 ちょっとした一工夫であらまぁcool! ということになるんだろうか。撮影している人が、義眼に写りこんでますな。
 一時期、BMEのトップページを飾っていた模様。このときは見てなかったなぁ。
 偽りか真実かはわかりません(真実でしょう。掲載されていた時期は、エイプリルフールではないし)。*1
 病気、事故で眼球を摘出して義眼になったのか、故意に摘出して義眼で遊んでいるのか(そういう人々がそういう世界を展開していて、ないとはいえない)、もわかりません。
 いずれにせよ、正確には合金だろうけど、チタニウムは人体にも優しいし、劣化もなくていいんじゃないでしょうか。どうでもいいけど、私のもたさいくるのマフラーもチタニウム。:D

 あそこのトップページを飾った猛者(部位?)達の写真は、こちらでまとめて見れます。18禁ですたぶん。

続きを読む "チタニウム(チタン)製義眼"

November 17, 2003

猫ハウス

猫の快適マイホーム「猫ちぐら」作り盛ん 新潟・関川村
 ワラを編んで作っているのは猫の家「猫ちぐら」。米どころ、新潟県関川村の農家が農閑期を利用して作る民芸品だ。ワラで作るため、冬は暖かく夏は涼しいのが特徴。

 もともとは、人間の赤ちゃんを農作業の間に寝かせておく、おわん形の「つぐら」が原型。約20年前に猫用に作ったところ、愛猫家の間にじわじわと人気が広まった。値段は3500円から1万4000円。注文してから届くまで、数カ月待たなければならないという。
─────────────
 ないすクロ。

 生まれたときは黒かったんかいな。かなりでかい猫とみた。

November 16, 2003

Maker's Mark

 幸せ。
 メーカーズって買ったの何年ぶりだろう。全然買ってなかった。外ではたまに頼んでたけど。
 どうでもいいけど、ハーパーは昔から嫌いです。

 何はともあれ、キックやった日の酒が一番うまい。足&脛は相変わらず汚いけれど。

 人は脆いから強くなれる。肉体的にも精神的にもね。最近思った。

November 14, 2003

ポポラマーマ

 茹で上げ生パスタのポポラマーマ、なかなかおいちい。麺ぷりぷり。ソースは一工夫されていて美味。しかも安め。近くにある方はご賞味あれ。どうせと思い今まで食べてなかった。
 私、ソースがまんまどろっとかかっているのは、ちとがっくりしたりする(ポポラマーマはちゃんと絡めています)。あれって喫茶店の文化からきたのではないだろうか<どろっとかかっている。+、日本人(の特に女性)は、なぜスプーンも使って食べるのだろうか like a kid。皿のへりでくるくるすればいいのに。

 店舗により麺の味が微妙に違うとの噂あり。レシピは全く同じだけれども、おそらく茹で加減で差が出てきているのでしょう。

 サイトは >> こちら

 どうでもいいけど、同じくチェーン店ネタでモスバーガーの匠、まだ食べてません。三軒茶屋店(地元)で売っているのだが。20年くらいモスファンなのに・・・。休日にファーストフード食べる気がしないんだよなぁ。

November 11, 2003

Tanker Boots


 某所でも話題に出てたんだけど、最近欲しくなったブーツ。かこいい!(・∀・) 痺れます。
 10 Inch Tanker Boots。戦車乗組員に支給されるブーツ。渋い渋すぎる。Let's go for a drive!!みたいなのと対極の位置にあって。
 足首は曲げやすく、もたさいくる乗りにもいけるみたい。ヒールも低いしね。
 革は今期、vansonのチャップスを輸入する予定だからまだ買わないけど、ブーツ増やす機会があったら、これを確実に増やす。当然パンツの裾で隠して履く。見えないところのお洒落っていうの? どないやねん。
 ご購入は >> こちら。$105.20ナリ。日本には発送してくれないみたいなんで、オレゴン州の個人輸入代行業者を挟んでどうぞ。それ+関税考えても安い。

 しかしこの年になると、ブーツも昔から好きで履きたい時に履くわけであって。流行なんか関係なくなるんだけど、流行ってるんだってね。正にふーんって感じ。

続きを読む "Tanker Boots"

November 10, 2003

街@夜(今回仕事は含まず)

 新宿って雑多すぎて苦手で、今も昔も全く行かない街なんですが(*1)、歌舞伎町案内人が見た防犯カメラはそんな私でも楽しく読めた。今は文化人の歌舞伎町ガイド李小牧氏が、薄暗い胡散臭さを小出しにしてて。ああいう人が語るときは凄みがあります。いろんなものを見てきた、そして見ているから。
 ちなみに氏のサイトは >> こちら
 どうでもいいけど、新宿鮫って新宿が舞台だったんだっけ? 当たり前か。映画は見ているのだが忘れている人…。

*1:
 新宿でのpartyはことごとく避けた。行ったので記憶にあるのは、Equinoxがゼノン借りてやったafter hours(DJはHolegとMASAさん)と、LiquidでやったX-dreamくらい。T.T.T.(Tokyo Techno Tribe)のparty@新宿はほぼ行ってないです。
 はてな@Loftも行かないかんなぁでも面倒なんだもの→む●君ごめんという状態で、まだ1度も行ってなかったりする。Loftはひょっとしたら1度も行っていない箱かも。
 新宿は高校生の頃にも行っていない。渋谷、六本木のほうが近く、おもしろかったため(通ってた比率は渋谷:六本木=1:4)。当時、警察官は私たちのことを大学生と思っていたんでしょう。深夜、酔っ払ったりふらふらして出くわしたり、麻布&渋谷警察署の前を通っても、全然問題なかった。空気みたいに。
 ヤンキーは補導されてたけど。:D

 わが青春の夜。

続きを読む "街@夜(今回仕事は含まず)"

November 7, 2003

硫化鉄の鱗

足を覆う硫化鉄の「うろこ」 新種巻貝、インド洋で発見
 インド洋中央部の熱水が噴き出している海底から、「うろこ」に覆われた足をもつ新種の巻き貝が見つかった。魚類、爬虫(はちゅう)類など脊椎(せきつい)動物のうろこは、体表保護や乾燥防止が役割。この貝の場合、サザエのフタのようにして捕食者から身を守る効果などがあるらしい。

 スウェーデンと米の研究者が7日付の米科学誌サイエンスで発表する。

 巻き貝は5センチほどの大きさで、うろこのある足は、ヒラヒラした飾りに覆われているよう。

 うろこの主成分は硫化鉄で、体の骨格に硫化鉄を含む生物は初めての発見。硫化鉄は熱水中に豊富に含まれており、巻き貝は独特の環境に適応し、この硫化鉄を利用できるように進化したらしい。DNAや形態の解析から、比較的最近に進化したとみられる。
────────────
 「硫化鉄の鱗も持つ」って、すごい進化をやってのけたもんだ。かこいいー。

November 5, 2003

マンゴスチン(not カフェ)

 マンゴスチンファンとしては恥ずかしいんだけど、今年(2003年4月25日付)から輸入規制が緩んで、日本でも生のマンゴスチンが食べられることを知りませんでした。もーシーズン終了。がーん。
 条件的には濃密防除地域で生産され、輸出前に蒸熱処理が施されたものになるそうです。
 詳しくは >> タイ国産フレッシュマンゴスチン
 蒸熱処理って風味をかなり損ねそうだけど(果実中心温度が46℃に達した後、58分間!)、まぁ冷凍よりはましでしょう。
 来年の4月以降に、むちょむちょ食べまくりだ! いえー!!→食いすぎて下痢。:D

 他に幸せになれる果実には、チェリモヤなんかがあります。ご賞味あれ。

自己顕示、リストカット&more

1カ月前から殺害計画 河内長野市・家族殺傷事件で供述
 大阪府河内長野市の家族殺傷事件で逮捕された少年(18)と、交際中の少女(16)が河内長野署の調べに対し、事件の約1カ月前から家族の殺害を計画していたと供述していることがわかった。同署は、2人が以前からお互いの家族を殺害して一緒に暮らすことを望む一方で、事件後は、長続きしないことを見越して心中を考えていたとみて調べている。

 調べでは、少年と少女は幼なじみで、9月ごろから交際を始めた。2人は10月初めごろから、お互いの家族を殺害する話を始め、頻繁に会って打ち合わせを重ねていたという。計画を実行に移す時期については事件当日前後に絞っていたという。2人が親密に話す姿は少年が通う大学構内や自宅近くの私鉄の駅、少女の自宅周辺で、たびたび目撃されていた。

 これまでの供述によると、少女は「2人で暮らしたかった。それにはそれぞれの両親が邪魔だった」と話し、事件後は「住まいを確保して一緒に暮らしても、事件を起こした以上、長続きしないことはわかっていた。最後は2人で死のうと考えた」と明かしている。少年は事件直前に家族とトラブルを起こしていなかったという。「1人で自殺するのが怖かったので家族を道連れにしようと思った」などと供述している。
------------------
 の少女の↓サイト。「婦女子の悦び」というサイトだったらしいけど、内容は同じ模様(婦女子の悦びはすでに削除されている)。
http://gothroli.hp.infoseek.co.jp/top.html
 ↓リストカット。苦手な人種。もー思いっきり歪みまくった形の自己顕示というか。
http://earth.prohosting.com/archiver/momoju/cutter.html
 死にたいなら、誰にも迷惑かけず大人しく死ねばいいのに。こういう人種に共通することは、本気で死ぬ気はないんだよね。なぜなら死を望むなら、もっと確実な方法を選ぶからです。自分だったらとっとと首吊るよ。だらだら切って写真まで撮って遊んでる時間あったら、確実に死ねるでしょ。
 巻き込まれた人々はいい迷惑。殺害された人は無念(2の意)。

P.S.
 もちろん男もかなりきっつい。

November 3, 2003

電源、ハードディスク入れ替え

 PCの電源をAOpenのFSP350-60PNから、SeasonicのSS-400FBにしてた。故障か相性かわからんけど、高周波系のキーン鳴きするようになってきたのと、電力不足なスコンと唐突に落ちることが多くなってきたため。
 SS-400FB、ちょっと値が張るけど、Seasonicなら間違いないっしょって感じで。またまた12cmファン。
 鳴くこともなく、この環境だと恐ろしく静か。故意に負荷をかけず普通にしてるぶんには、大丈夫かいなって不安になる。ハードディスクがうるさい…。

 ついでに30GBだったハードディスクを、Hitachi/IBMの120GB(7200rpm/UltraATA 100/8MB)に置換。120GB(Hitachi/IBM)+80GB(Maxtor)態勢に。