January 25, 2006

Frye 製品


ACCESSORIES(Frye Boots)
 古くからブーツを製作し、リング(ハーネス)ブーツで有名なFryeですが(*1)、素人なことにバッグ(女性向け)も出していることを今日知りました。それが2、3というわけではなく、意外と種類がある。革が良さそうというのと、かなりしっかりしてそう。写真のバッグで$250。俺が女だったら、なんてツウなバッグなんだろうと思ってまじ即輸入…。
 リングブーツのデザインを踏襲しているバッグが、いくつかありますな。ある意味、ゴシックというかなんというか。かこいいー。


SEASONALS(Frye Boots)
 ついでに、こんなのもたくさん。写真のは$150。
 Fryeに対してイメージ少し変わったかも(別に悪い意味ではなく)。女性向け商品をかなり充実させて、トラディショナルなブーツだけではないメーカーというイメージ、および新規顧客層の開拓を目指しているのでしょう。

(*1)
 以前、個人輸入しています。Red Wingのも入れると3代目リングブーツになる(Red Wingもリング出してたんだよ。今また出してるかもだけど)。
 確か3、4年前ぐらい、同年代の人が2代目リングブーツ(茶。写真)を見て「大学生のとき履いてましたよ」と皮肉を込めて言ったことがある(その人が履いていたのはFryeのではなかったようだが)。こういう伝統的なものに流行り廃りもねえっちゅうか…。2輪も乗るから道具に近いというもあるし(*2)。あほですか? どうでもいいけど、俺は高校生のときから履いてましたが。:D
 他に似たような感覚を持つものに、軍もの関係がある。軍隊&軍ものに流行り廃りもねーだろ。あほか。

(*2)
 注釈の中の注釈。良くないなー。
 もちろん車乗ってるときにも履いてるときあるけど>リング。革パン+黒系統のジャケット or コートに合わせやすいから。ただし、Pコートだとタンカースになる。:) Pコートはやはり軍ものなんで。
 ところで以前にも書いているけれど、どんなブーツであれ、昔からパンツの裾はブーツに決して入れません。自分の中では「パンツの裾入れますか? それとも人間止めますか?」ぐらい恥ずかしい。ただ、ジョッキーと女性はやってもよろしい。

January 21, 2006

腕時計からかなり展開

 腕時計を買ったのは何年ぶりだろう。最近、ダイブコンピュータを買っていて、それに時計表示はもちろんあるけれど、腕時計としては使わないので除く。
 いい年になってから逆に、腕時計をする習慣をほとんど無くしていて。時刻は携帯、PCに表示されているし、車 / もたさいくるで移動中も無論、時計がついているから不便を感じない。腕時計はいいものをしろと誰かが言っていたような気がするが、それ以前に必要性を感じないのだから仕方がない。必要性を感じるのは、携帯を持ち歩かない海外旅行のときぐらい。
 安い&古いタグ・ホイヤーを何回か電池交換して使っていたが(*1)、そろそろ電池切れの時期。かわいそうだが電池交換する気はもう起きなく、壊れてもいい / 紛失してもいい時計を買っておこ→基本に戻ってG-SHOCK、が、さすがに針が載ったものとなった。


(クリックすると拡大画像を表示します)
GW-1500BJ
 サイトにあるのはとりあえず全部見て、それから決めた。服その他含め黒ばっかり選ぶ傾向にあるので、文字盤の藍がちょうどいい。ワールドタイム、ソーラー発電、電波時計(*2)などをしっかり搭載。

 以下は候補に挙がっていたもの。

G-702BD
 プロダクトデザイン的にやられた(モータースポーツ→コクピットを意識しているらしい)。しかし、腕時計をする習慣が無いゆえの、ステンレス製バンドの冷やりとした感覚が駄目かなぁと。前出モデルのテクノロジーになびいたというのもある。
 ところでこのモデル、逆輸入品になるようです(値段的には前出のモデルより安く手に入る)。


ASP9411
 ASP(カシオとは全く関係ない。セキュリティ関連で展開しているUSのメーカー。公的機関にも納品している)のタクティカル・ウォッチ。シンプルでいい面構え。オタ心もつつかれるし、最初はこれにしようかと考えていた。けれども、個人輸入になって→2万を超えてくるのでG-SHOCKに傾いた…。
 どうでもいいけど、ASPの26 inch バトン(警棒)は持っています。:D 収縮時の写真
 腕力あればこの長さのほうが一般的な国産より扱いやすいし、思いっきりぶっ叩いても曲がりませんよ。ぶっ叩いたほうがたまげるなんてことは無いと思います。

続きを読む "腕時計からかなり展開"

January 18, 2006

Swat Boots

 高校生のときから、もー流行に関係なくブーツは好きなときに好きなものを履いているんだけど→このblogにもブーツネタはちょこちょこ落としてますが、久々に増えた。まぁ頻繁に買うものでもないが。<久々


 USはSESSLER MFG社製のスワット・ブーツ。渋すぎて&オタ心つつかれて眩暈しますわ。製造は中国だけど、コーデュラ、サーモライトなどのハイテク素材を使用し、作りもとてもしっかりしている。つま先にカップ入り(可動性を考慮してスティールではない)。いやーいい買い物した。
 まぁ中国製造ゆえにこの質は可能だったような気が。US製造のUS軍ものなどは、やはり質は荒いのが多いですな。
 さらに特筆すべきは値段で、恐ろしくて書けないほど安い。どないやねん。毎月、問題なく買えるぐらい安い。うそ。邪魔になります。
 バブル期に比べたら、いい時代になったもんだ。というか、あの頃は無駄に高すぎるものが多すぎた。USブランドのシャツが、レッド・ウッド@渋谷で13000円で売られてたりね。
 話それた。履き心地はナイキというか、ある意味バスケットボールシューズのホールド感に近いものがある。地面に踵を当てながら歩くブーツではない。リング(ハーネス)やエンジニアとかとは、真逆の位置にあるような。

January 17, 2006

ダイブコンピュータ入手&more


(クリックすると拡大画像を表示します)

 大根ネタ禁止で。
 ふえー。これであらかた揃ったことになるのか。スントの中から、見やすさ(ヴァイパー)か小ささ(モスキート)どちらを採るかということになっていて、結局、小ささを選んだ。この先も、暗い海に入る機会のほうがずっと少ないだろうし。
 時計表示で月日が「17 1」とか、メートル→フィート / 摂氏→華氏への表示切替可など、洋ものな雰囲気にいちいち気がつきます。ところであまり関係ないけど、素人丸出しで、スントってモスキートクラスでもちゃんとmade in Finlandなことを初めて知ったり…。
 時間があるときに、説明書を読みつつぷちぷちいじって把握済み。ボタンは[MODE]、[SELECT]、[+]、[-]と4つあるので、少ないボタンにタスクを無理に振っているとは感じなかった。遷移も不自然とは思わなかったなぁ。↓オペレーション表(?)もついてるから楽なほうでは。

 まぁ仕事柄か電子機器系統(含むPC関連)に強いと思われがちだけど、新しいものを把握するのは多少しんどいことには変わりませんが。年取ってなおさら。


 フロートも海外で必須とされることがあるので、この機会に(上)。膨らませた状態はこんな感じ
 ウェイトベルト&バッグもついでに(下)。裸のウェイトをベルトにいちいち通して→位置調節って、私的に意外と面倒で。ウェイト自体、腰に結構当たるし。レンタルだと、妙に長いベルトにしかぶち当たったことがない、というのもある。
 このウェイトベルト、バックルは自分でセットするんだけど、ベルト自体がめためた硬い→かなりの力が必要。正直、疲れた。手に小さな傷を作るので結局、軍手して作業。セットしておいてくれ…。>ツサ

 以下は内訳。
ダイブコンピュータ:モスキート(スント)
ウォッチ・ガード
フロート:マーカーブイ(スキューバプロ)
ウェイトベルト&バッグ:WB-5A(ツサ)

続きを読む "ダイブコンピュータ入手&more"

January 11, 2006

Pop Ambient

 たっぷりと楽しめるシリーズ。2001〜2006まで出ております。それ以前は知らない。どうなんだろう。
 ドイツのレーベル、Kompaktから毎年出ている。2006(今年版)も聴いたが、相変わらず全くpopではなく、全曲、ドラム無しな音響系に終始している。
 例外のみ下記に記しておく。

 これ、マーケティング的にpopは間際らしいから止めたほうがいいと思うんだけど。:) 「pop? 結局、全然ambientじゃなくて、部屋でどっちーどっちーやられたらうるさくて堪らんよ」なんて人は多いはず。
 ヘッドホンではなく、きちんとしたスピーカーかつ大音量で聴きましょう。部屋は綺麗な粒子と振動で満たされ、至福のときが過ごせることを保障する。


Pop Ambient 2006


Pop Ambient 2005


Pop Ambient 2004
 品よく壊れているエレクトロニカがかった曲が2曲入っている。


Pop Ambient 2003
 品よく壊れているエレクトロニカがかった曲が2曲入っている。


POP AMBIENT 2002


Pop Ambient 2001
 ドラム入りのリズムを刻む曲が4曲入っている。無論、それでも緩い。

January 7, 2006

唖然、(有)山内園芸センター

 こういうことは読むほうも疲れるだろうから、なるべくまとめてを目指す。でも無理な予感が。事情を書かず一言で終えれば、中傷になる。
 山内園芸センターで年末、8種9株を注文した。見積書は前払いで出ていたので、この方が安いし向こうもさっくり〆で楽だろう→出た当日、12/29の日中に振込み&即お知らせしておいた。が、結局、1/6に受け取った。
 向こうの業務案内や掲示板から、12/30か遅くとも1/2には発送しているだろうと思っていた。ネットにも頻繁に出現しているようだったし。けれども、1/5に急遽発表していた諸事情により、1/5発送としたらしい。
 世間一般的には「人の金持って何やってんだよ」だが、まぁ自然相手というのもあるからとりあえずは良しとしよう、とした。

 開封するにつれ嫌な予感はしていた。この数&株の大きさに対してスペースが厳しい。かつ、かなーりアクロバットな梱包をしている。刺が長い振武玉でその被害は顕著となる。ほとんどの刺がぐっらぐらで付いてるよ。ああ…。
 吉祥冠錦で決定打。横に広がっている植物をなーんの気遣いも無しに、新聞紙できつく縦に固めているのだ。葉は折れ、株自体は縦方向に変形。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 別の角度から。もちろん前出とは違う箇所である。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 念のため上から。一見、葉は折れていないように見えるが、葉の薄皮一枚で付いている。結局、7枚ぱっきりいっていた。特徴である葉先の刺も、無残にあらぬ方向に向いている。

 こーれは怒らないと駄目だ→どうせ掲示板で遊んでる&営業してるんだろうから、レッツぶちギレ電話。
まとめ:
・明日のたぶん夕方ぐらいに、メールか電話をする。代品はメールなら見せられるだろう。
 ↑面倒だから終えたけど、この処理ですでに駄目ね。客商売で、休みの日によくわからない電話かメールを待たせる神経がわからん。こっちだって忙しいっての。

 話し終えてしばらくしたら、向こうから電話がかかってきた。
まとめ2:
・うちはこれでやってきて、こんなことは初めて。ヤマトの運送に非がある。ヤマトが行く or ヤマトに代品を持たせる(←ヤマト配達員が来て代金を弁償するのか or 代品を持ってくるのかなんだかはっきりしない感じで…)。
 ↑宣言されたよおい。明らかに梱包に問題があるとすでに指摘していたので、怒りを通り越して唖然ですわ。自分の非を全く認めない。
 しかも「そういうことで、よろしく」と切り出されて終わる。あくまでも最後までタメ口。そして「え? え?」を始終連発(これらは最初の電話でも)。
 ものすごい無駄な時間と労力を使ってしまった…。失礼にもほどがある。

結論:
 すげー商売だよ。前に兜でも注文したことがあるんだけど、あんなところで二度と頼まねえ。あほくさ。植物だって生きてるのに、というのも大きい。

続きを読む "唖然、(有)山内園芸センター"

January 5, 2006

年賀状

 今年、一番綺麗な年賀状。紙質も良く。どこからだろうと思ったら、PINEAPPLE NETWORK(たゆみま)だった。paraensis(カナはペアレンシスか。15700円。希少種)の花のようだ。華麗な花をつけるんだなー。
 写真は、たゆみま産のチアペンシス×ファシクラータ(株だけの写真)。強健種で、うちに来てから下葉を一枚も落としていない。両親共に強健だからね。花序もファシクラータの影響を受けて分岐して上げるという、お薦め種。

 今年もよろしく。年賀状、一枚も書かなかった。:D