December 17, 2006

フレーム設置


(クリックすると拡大画像を表示します)
 うーん。これで強風&豪雨の日でも安心して眠れます。
 以前、書いていたように、屋上の栽培環境をビニール温室から大工さんの手作り組立式フレーム(ページ下)×2に変更した。
 オーダーしていて、
・幅は180cm
・1台は高さを60cm(最高)/ 30cm(最低)
・換気扇+換気扇&ヒーター兼用サーモスタットはオプション
 となっている。最後の「換気扇&ヒーター兼用サーモスタット」というのは、将来的にヒーターも入れようかと考えているので。
 最初のコンタクトから発送まで、親切、丁寧に対応していただいた。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 換気扇+換気扇&ヒーター兼用サーモスタット。これから繋ぎます。今、向こうサイトの写真を見ると、換気扇は外側からつけてるな(汗)。雨に濡れにくいだろうからと内側からつけてしまった。まぁいいか。問題ありそうならつけ直そ...。
 ちなみに、うちは左側から電源を取るので、換気扇は左側につけている。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ガラリ。中央のつまみを回すことで開閉できる。今の時期、この大きさのフレームだと、上部の蓋は閉め切ってしまい、ガラリを半分開けておくと何もせず放置できる。
 最低気温が連日5度を切りだしたら、ガラリも閉めてしまう。昼間、気温が35度以上になったら、換気扇が作動するように設定しておけばなんら問題なし。

 上部の蓋はグラスファイバー。やはり寿命はあって、5〜10年で張り替えたほうが良いとされる。ふと思ったんだけど、2輪で使うフクピカで洗車ついでに拭いておけば、長持ちしやすくなるような気が。

December 13, 2006

sale瑣末事、Buell

 Rainforest Flora Inc.の20% offセール、もちろんいっといたが、「Promotion Code」の欄に「sale」を入れたら、フォーム送信時にNGが出てちょっと焦った。仕方がないので、最後の「Notes」の欄に入れておいた(「Promotion Code」に入れられなかった旨も念のため書いて)。すると、「saleの値段で処理しておいたよ」とメールが来ていて一安心。20% offとそうでないのは結構でかい。
 今回はハイブリッド7種を頼んでみた。比較的ポピュラーなハイブリッドが多いかも。何はともあれ、届いて落ち着いたら(ティランジアは届いて数日経つと、葉が綺麗に開く)このblogに落とす予定。

 話は2輪に飛ぶ。最近まで、大型になるとHarleyのSportsterぐらいしか魅力を感じる車種が無かった。年なんで、大型のマルチエンジンを回して乗ろうとは思えなくなり、必然的にツインに興味が。ただ、周知の通りSportsterはかなり重い(Harleyの中では軽いほうだけど)。街乗りが多いのに重い2輪はいろいろ面倒なので、免許も普通2輪(俗に言う中免)と普通自動車のままだった。元々、どっしり安定みたいなベクトルなら、「素直に車に乗る」と思う性質だし。
 自分は大型にはいかないのかなぁと思っていたら、Buellの実車に追走してしまった。もー「これだ!」と胸ときめきましたね。赤信号でオーナーに「乗っていて楽しいでしょう」と話し掛けようかと思ったけど、自身は乗ったことが無いのに変だと気づいて止めておいた。:D 見ているだけで確実に楽しいだろうとわかる2輪ってなんなんだ。
 家に帰って、先走らないように十分調べた。
・軽い車重
・レスポンス良い運動性
・溢れるトルク。回さなくても楽しいVツイン(止まっているときは鼓動が強すぎるみたいだが…)
・スーパースポーツではなくあくまでもストリートファイター。なんだかありえないデザイン(ヘンタイとも言う)
・エンジンはHarley供給。デザインだけでなく、コンセプトからしてほんと異色>「ストリートを真に楽しめる、ライディング感覚の追求。ビューエルは、日々の道をエキサイティングに変える、真のストリートファイターである」
・ぐはは! ←これ大事
 2輪好きなおっさんの「うちらはサーキットでなくて、日常ですげー楽しいバイクしか作らねえんだ」っていう心意気が滲み出ていて大変よろしい。Buellしかねえっす。ぶえるさーん。
 無論、Buellをベースにサーキットで楽しんでいる人も多くいる。


 考えている具体的な車種は、XB12Ss(1202cc)の黒。Sよりホイールベースが長く、コーナーでの癖が強くないのと、荷物も普通に載る。マップも変更され、加速は比較的滑らか。熟成されBuellの中では乗りやすいようだ。シートも高くないし。乾燥重量は181kg。下手な400ccより軽いのは言うまでも無い。
 最初、XB9SX(985cc)を考えたが、やはり欲が出た…。それと、この機会に他のツインの大型(BMWとかDucati)にも目を向けてみたけど、惹かれるのはやっぱりBuellなんだなぁ。
 暖かくなったら(来年4月以降)、教習所か鮫洲に行く。とりあえず大型2輪免許がないと。試乗後、購入はゆっくりやります。やらざるをえないというか。XB12Ssで車両本体145万円ナリ…(これでも価格改定で安くなった)。値引きはHarleyの意向により無い。

December 2, 2006

ティランジア・クリスマス・セール

 このblogで何度か触れているRainforest Flora Inc.で12月9日、20% off のクリスマス・セールが開催される模様。ニュース・レターで届いていたが、サイトにも掲載されているので安心して落としておく。
 詳しくは向こうに書いてあるが、通販だと9日(土曜)、オーダーに「sale」と入力すれば有効になる模様。えーっと、カリフォルニアだと時差は-17時間なんで、日本だと土曜深夜 or 日曜早朝に注文すればいいんじゃないか。
 休日に早起き面倒。深夜に頼も。冬にティランジアを増やそうといつか書いていた通り、相変わらずそのつもりだったのでナイスタイミングすぎる。
 荷痛みは正直、真夏のほうがはるかにやばいです。前も冬に輸入してるし。八百屋いっときまひょ(*)。

(*)
 ダンボール箱いっぱいにティランジアがつまっていると、まるで野菜のようなところから(写真)。

フジ


(クリックすると拡大画像を表示します)

 今月から堀川カクタスガーデンで販売されておりまふ。
 ちょっとうけた。別に新種のハオルチア(多肉)ではなくて、れっきとしたリンゴです。さすが信州。