March 29, 2007

Palau

Palau

 パラオの水は碧いが豊か、そういう海だった。そして日本から近い。

March 17, 2007

旅先洗面用具ケース or バッグ


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 滞在中はぷらーんとぶら下げておく。便利、かつちょっぴりスマート。
 過去、この種の物をクルーズで同室になった外国人が使っていたこともあって、いつかは自身も使ってやろうと企んでいた。これは無印から出ている吊して使える洗面用具ケース・ボックスタイプ」。
 無印からは大・中・小が出ている。は三つ折り、かつ小物の収納力がかなり増す(写真ではわかりづらいが、下部のバッグ部分がすごい)。化粧品その他が多い女性が、どっしゃどしゃ詰め込んで→そりゃ出発と使うには大変よろしいと思う。自分はあそこまで小分けできると、入れておいても「あ、忘れた…」と帰国日まで気づかなそうなので止めておいた。

March 4, 2007

宝草錦なぇう!


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ハオルチアの一部を植え替えついでに。写真は宝草錦。
 我が家の子吹き大賞を受賞しております。来たとき(写真)子株は1つ程度だったが、しばらくして種本来のスイッチが入ったようでやたら吹き始めた。全周にわたってこんな感じ。やけくそ気味にさえ思える。置き場所は屋上のフレーム内、日陰に置いている(*)。
 このまま群生させる。というか収拾がつかない。竜鱗もかなり吹くけど、ここまではいっていない。

 こうして霧に吹かれると、比較的普及種な宝草錦も絵になるなぁ。霧吹きは別に写真のためではなく、1日だけ根を乾かして→乾いた用土に植えたので、極端な痩せを回避するため。
 業者の方は水をかけるのではなく、霧を吹くと写真写りがもっと良くなるかもしれません。:)

(*)
 通常の環境に置き換えると、半日陰が日の出から日没まで持続する環境。かつ、その間は新しい空気がかなり循環する(けれども気温は下がらない)。

March 3, 2007

マスク, etc


(クリックすると拡大画像を表示します)

 久々にダイビング用品を買ったかも。一通り(軽器材、重器材、ウエットスーツ、ダイブコンピューター、カメラ、アクセサリー)揃うと、あまり買わなくなるものですな。揃ってから再び買ったのって、以前にフィンと、今回ぐらいだ。

 マスクはコンパクトな2眼だと、どうも視界が狭くなる。水中 or エントリー時の人から見たルックスより、ええマスク大きくなってもいいから視界を広くしたい、と思っていて。
 であれば1眼、その中でも一番広そうなのを選んでみた。TUSAのM-14
 通常の2眼と比べてみると、確かにあれっ?と感じるほど広くなる。特に下(足)方向が見やすく、全然違う。胸元とかガサガサするときもやりやすそう。
 リンク先にあるように、眉部分の上にフィッティングラインを置いているため、もちろん上方向もすっきりした印象の視界。
 まぁこれに慣れれば、この視界が当たり前になっちゃうんだろうけど。

 真ん中はカレントフック。パラオでは使う確率が高そうなので、この機会に。使う前に流されたりして...。
 下はセームタオルとかスポーツタオルと呼ばれているもの。バスタオルより小さくて薄いけど(90cm×40cm)、吸水性ははるかにいい。荷物も少なくなるんで、買っておいた。使用前に1度洗ってくださいみたいに書いてあったな。素直に従います。

 パラオは日本のコンセント(プラグ)がそのまま使えるので、今回、変換プラグは増えない。