August 7, 2007

パイナップル科の子吹き

 最近、子を吹いているパイナップル科の植物をいくつか。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 アエラントス(写真)の子吹き。今日載せる中では、子の成長が一番遅いかも。なぜか知らんが。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 エリック・ノブロック(ストレプトフィラ X ブラキカウロス)(写真)の子吹き。反対側にもさらに小さく吹いている。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 イオナンタ X カプトメドゥーサエ(写真)の子吹き。余談で、親株は写真ではなぜか細身に写っているが、実際はかなりずんぐり。ツボファン(?)にはお勧め。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 プリメラ(写真)の子吹き。女王が王女を育み中。今まで2つかと思っていた。写真を撮るため、よいしょ→いや〜んと葉をめくったら3つ吹いてた。まじでさっき、気がついたという。
 嬉しい誤算だけど、大きいから3つもいらないかな。ひとつは温室 or 屋外できちんと育てられる人(インテリア・プランツとして育てない人)に譲ろう。もちろん、しばらく親株にくっつけておいて、ある程度は大きくしてから。でないと大変だから。
 あ、これ「増殖禁止品種」だから譲渡はダメだ。:D blogになんぞ堂々と書いたらいけません、はい。

 上に挙げた子株の中で、成長が一番早いのはやはりプリメラの子。さすがブロメリア、エクメア属。
 あと、近々吹きそうなのが、 Ty(エーレルシアナ×ブルボーサ)(写真)かな。開花後&エーレルシアナの血を引いているので、確実に吹いてくれるでしょう。