January 24, 2009

Carcharodon megalodon(メガロドン)

Carcharodon megalodon(メガロドン) / South Carolina, U.S.A. 産出
 海外業者より。斜め計測11.9cm。状態は完璧で至宝と呼べる。上顎、前歯と奥歯の中間に位置した歯。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


Carcharodon megalodon(メガロドン) / South Carolina, U.S.A. 産出
 国内業者より。斜め計測11.1cm。上顎、ほぼ前歯に位置した歯。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 かつて(約1800万年前から約150万年前)に実在した最強、最大のサメ。現在のホホジロザメの近縁にあたる。最大個体は約18mあったとされ、ホホジロザメの約3倍、マッコウクジラとほぼ同等の体長になる。
 メガロドンが生息した時代は今よりも海水温が高く、同時にクジラ類も多数、生息していた。それらを捕食する生物学的位置により繁栄。絶滅した理由は、大陸棚(ホホジロザメも沿岸域に生息している)の海水温が低下したため、変温動物であり巨大な体を持つメガロドンは適応できなかったのと、クジラ(ほ乳類で恒温動物)がより冷たい海域に逃げ込んだため、と考えられている。

 メガロドンはサメ > 軟骨魚類になるので、全身骨格の化石は出にくい。頑強な歯は化石となりやすいが、その中でも斜め計測で10cmを超えて、エナメル質と特徴であるセレーション(波刃)を綺麗に残し、左右対称で欠けが無い上顎の歯の化石はかなり貴重になる。同時に、値段も跳ね上がる。近年、市場にあまり出回らなくなり、高騰している模様。
 基本的に、サメの歯は奥歯にいくほど短くなり、カーブも強くなる。上顎と下顎でも形状が違い、上顎の歯は幅広で、下顎の歯は尖った形状になる。また、下顎の歯の歯根は、V字型が強く出る。
 家にあるサメの顎。上顎。

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 下顎。

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 サメの歯の化石に関しては(特にある程度大きくなると)、信用できる海外業者に目当てのものがあって&自分で買えるのであれば、国内業者 or ヤフオクとかで買うのは、ほんとあほらしいね。オークションは植物もそうだけど、それほどでもないものも高くなりがち。自作自演で吊り上げていることも多いし。
 他の化石に関しては@オークション、偽物だと通報されていることが某掲示板上でわかるが、同じようなのを何回も出品している業者がいたり。あれって悪質というか詐欺だと思うのだが、なぜゆえにIDを剥奪されないのだろうか。見てると騙されて引っかかっているユーザーは多い。

 メガロドンを頼んだ業者から、アオザメの歯の化石を輸入中。:D すでに1個持っているんだけど。