February 27, 2009

Carcharodon megalodon(メガロドン)入手第2弾

Carcharodon megalodon(メガロドン) / U.S.A. 東海岸産出


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 海外業者より。斜め計測14.4cm。上顎、前歯。この大きさでダメージがほぼない。あえて挙げるとするならば、裏面、歯根に近いエナメル質が若干剥がれている程度。色も透明感がよく出た素晴らしいシルバー・グレイ。文句なしの博物館クラス。滅多に出てこないシロモノ。
 値段を書いてしまうと、もう少し足すとシミラン、スリンのダイブ・クルーズ旅行代金(含む航空券)ぐらいがぶっ飛んでいる...。後述のメガロドンを入手してから、こちらをいった。5inch~級のをいったん入手してしまうと、それより小さいのに食指が動かない=焼け付くように欲しくなるのは、必然的に汗が出そうなおわーーという額になる。
 完璧で大きいのが鎮座しているので、メガロドンに関してはこれでしばらくは落ち着く予定。斜め計測15cmを超える同じような歯を見かけたら、どうしようかね...。


Carcharodon megalodon(メガロドン) / South Carolina, U.S.A. 産出


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 海外業者より(これを輸入したところで再び)。斜め計測14.5cm。上顎、ど前歯に位置した歯でしょう(1頭で数本しかない)。この歯、幅においては斜め計測6inch(15.24cm)級の幅を超える。幅12.1cmで、メガロドンの歯では幅的にこれが上限に近くなる。
 幅広で左右対称、この大きさでこの状態と色はやばいやばすぎる博物館クラス...、ということで買ってしまった。前出の歯より前に入手している。ちょっとしたダイビングな海外旅行に行けるぐらいの値段だった。しかしこれ、日本の業者ではいったいいくらで売られることか。
 余談で、自身の海外業者からのものは、地上の地層から採取されたのではなく、tidal river(感潮河川。潮の満干の影響を受ける河川。ある程度以上の大河に多い)の底からになる。


Carcharodon megalodon(メガロドン) / South Carolina, U.S.A. 産出


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 斜め計測8.9cm。上顎、奥歯になる。
 こちらは上記のサービスとして同梱されていた。相場的にはリーズナブルではあったんだけどね。$1000超えるものが多い中(一番上の歯はもちろん$1000を軽く超えている)。



(クリックすると拡大画像を表示します)

 タイプいろいろ。こうして並べてみると、かなり差がある(左の2本はアオザメ)。大きくなるとマッチョ的なごてごて感が出るようだ。これはアオザメの歯でも思った。
 なんだか一気に増えたなぁ。これで下顎の歯も集めだしたら、どうしようかね...。

関連:
メガロドン入手第1弾
選ぶ際のポイント