May 28, 2009

OSI Sub-Hilt Fighterほか

 うーむ...。増えていたので放出。


(クリックすると拡大画像を表示します)
OSI Sub-Hilt Fighter / Cold Steel
 全長約34cm。鋼材は日本製AUS 8A。ということだが、刃にTAIWANと思いっきり印字してある。鋼材以外は、台湾で刃付け、製造ってことかな。ちなみに、刃付けはかなり良し。
 ハンドル材はクラトン。長いナイフだが軽く持ちやすく、そして滑らない。ガードとサブヒルトにより安心感も高い。
 このモデルは発売されたばかり。というか、2月の初旬に予約しておいた。OSSというダブル・エッジのモデルが前からあるが、そのシングル・エッジ、プラス刃の形状を若干、変えたタイプになる。OSSは現行の銃刀法に抵触する可能性があるが、OSIは全く問題無い。同社でもそれを意識してか、「ダブル・エッジが法により規制された国や地域でも~」と謳っている。日本向け? :)
 サブヒルト・ファイター(ハンター)はスミス・アンド・ウエッソンのに心が動いた時期があったんだけど、鋼材が440Cなのとハンドル材が天然物ゆえひびが入っていたりする場合があるらしく、止めておいた。440Cは切れる刃を付けやすく(その刃持ちとなると話は別だが)、無論、粗悪な鋼材ではない。が、ハンドルがNGなのが届いてもねぇ。
 ということで、サブヒルトはかなり待っての入手となった。


(クリックすると拡大画像を表示します)
Ti-Lite / Cold Steel
 全長約約33cm。鋼材はAUS 8A。ハンドル材はザイテル。ハンドル材がアルミニウムのタイプも出ている。
 フォールディング・ナイフとしてはかなーり長く、インパクト大。超細身&ザイテル・ハンドルのためとても軽い。見た目の通り貫くのに突出しているが、同社のビデオでは切れ味も謳っている。
 形状によりオートっぽいが全くのマニュアル。サム・スタッドを使うか、quillionをポケットに引っ掛けて開ける。しかし、quillionで開けるのは固いっ。素直にサム・スタッドを押しつつ下に振ったほうが、ずっと開けやすい。細身だが精度が高いのと強度も十分なため、かなり派手な音がする。
 閉じるときは、ロックが固いというかきっっちりと押し込みつつでないと閉じない。なので、閉じにくい印象を受けた。遊びで開閉する気はあまり起きない。
 刃付けは良し。
 しかしこのサイズは写真で見るより長いかも、冗談のように...。


(クリックすると拡大画像を表示します)
The Natural / Columbia River Knife & Tool
 全長約23.5cm。鋼材は8Cr13MoV(硬度 58-59 HRC)。ハンドル材はG10とホワイト・ボーン。
 刃付け以外はよく作り込まれていて、カスタムのような雰囲気を十分に持っている。重量はかなりありずっしりと重いが、グリップは良い。大型のフォールディングをという人でなければ、特にこのサイズにする必要はないかも。全長約19.5cmのThe Natural 2もあり。
 サム・スタッドで開けるが、assisted(OutBurst)により素早くワンハンド・オープンが可。大げさでなくがきゃーんとすごい音がする。ジョジョ風だとメギャーンンンか。閉じるときもロックが形状的に押しやすく、閉じやすい。
 ただし、刃付けが悪く、先端の刃を見ると図のように左右不対象の山になっていることがわかる。

 MY TIGHEでもこうだったので、CRKTは刃付けの印象が良くない。他はいいんだけど。バイトのおばちゃんが適当に刃付けしているのか?
 ダイヤモンド砥石で直すにしても、時間と労力がそれなりにかかるから面倒なんだよ。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
Nightwing / Master of Defense
 ちょーかこいい。定価$289.99、日本で買うと安くて29800円というシロモノだが、不良在庫を処分したいためか、本国サイトでいつの間にかセール。$116に。
 送料入れても$17、80ぐらいで入手。焦って買わなくて良かったとしばし幸福に浸る。これより下位の鋼材を使い、Taiwan製のNightedgeというモデルが出ているのだが(定価$149.99)、本国サイトでは逆転現象が起きている。
 在庫処理には訳があって、どうやらUS製のMaster of Defenseは無くなり、Taiwan製のBLACKHAWK!に統一されるらしい。入手しておきたい人はこの機会に。
 ちなみに、背の刃は先端からではなく中央に短く付けられているため(写真)、俗に言うダガーやダブルエッジとはならず、セレーションのような扱いになる。ショップの人に聞いた。国内のショップでも普通に売っているのは(高いけど)そのため。この刃は30~35度&30~35度ぐらいに付けられていて、通常より硬いものを削ったりするときに使う。
 以下はスペックその他。鋼材はS30V。ハンドル材はFiberglass-reinforced nylon with textured panels。コーティングはBlack Tungsten DLC Coating。構造はフルタング。著名なカスタムナイフメーカーのAllen Elishewitz氏デザイン。シースはBLACKHAWK!製で様々な取り付けに対応する。
 タクティカルとしては長すぎず短すぎず(27.7cm)、重さもちょうどいい。それと素晴らしく持ちやすい。順手、逆手ともに音がするほど素早く弧を切っても、全く滑る気がしない nor 滑らない。刺突時も同様。
 切れ味は並よりやや上。というのも、切れ味よりタフな実用性を取ったのか、おそらく25~30度&25~30度程度の刃が付いているため。