July 12, 2009

結晶増えた

 かなり前に入手(輸入)していたもの。化石を集めていた関連で、結晶にちと食指が...。
 化石も、入手後このblogに落としていないものが数個あるが、それらは別の機会に。


(クリックすると拡大画像を表示します)
アメジスト・クラスター / ウルグアイ産出
 幅7cm、重さ203g。アメジスト(紫水晶)も他の鉱物と同様、色が薄いのから濃いのまで幅がある。濃くなると高品質とされる = 高くなる。発色の仕組みは、ケイ素を置換した微量の鉄イオン(or アルミニウム)による色中心が原因、らしい。
 入手の際に知ったが、アメジストの色は紫外線で退色する。なので、日光に晒さないこと。紅水晶も同様なようだ。


(クリックすると拡大画像を表示します)
アメジスト・クラスター / ウルグアイ産出
 幅8cm、高さ10cm。上記と同じアメジストだが、こちらの結晶は細かい。


(クリックすると拡大画像を表示します)
水晶クラスター
 サイズ140mmx110mmx70mm、重さ1050g。おそらく中国産。
 「水晶」とされると、今度は透明度が高いほうが高品質とされる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
煙水晶ポイント / 中国産出
 サイズ25.4 cm x 8.7 cm x 7.1 cm、重さ2420g。冗談のような大きさだが天然だ。英名はそのままでsmokey crystal point or smokey quartz crystal point。
 含まれるケイ素を置換した微量のアルミニウムイオンが放射線を受けると、このような色が出る、らしい。放射線を受ける量が多いほど濃い色が付く。黒水晶までになると、アメジストに放射線を照射して色を付ける場合が多いようだ。
 国内で買うと10万近くなりそうだが、輸入すると笑っちゃうような値段で入手できる。天然物を入手したい場合は、天然と人造をきちんと別けて売っている業者を選ぶこと。人造だと石の透明度が高く綺麗になるし、(本来なら)安くもなる。
 水晶は中国自体に産出される鉱山がある。それと、重くともそれほど派手な送料が発生しない。玄関に1本いかが。


(クリックすると拡大画像を表示します)
煙水晶クラスター / 中国産出
 サイズ14.8 cm x 7.0 cm x 4.8 cm、重さ450g。こちらも中国産。
 上記と一緒に輸入した。上記の大きな天然ポイントは、このような(けれども巨大な)山のクラスターからがきっ!と折ってきて、となる。