October 16, 2010

オニイトマキエイとナンヨウマンタ

 マンタ(Manta birostris)を2種に分類する動きがあるんだけど、その違いがまとまっている。あまり外洋に出ないナンヨウマンタのほうが遭遇しやすい。
オニイトマキエイとナンヨウマンタの違い・見分け方
オニイトマキエイをナンヨウマンタと区別できる写真

 自分の写真でもわかりやすい例はないかと見てみたら、あっさりあった。

オニイトマキエイ(Manta birostris) at シミラン、スリン諸島付近、タイ

(クリックすると拡大画像を表示します)
 正確には有名なダイブサイト、リチェリュー・ロックで。外洋の隠れ根なので、外洋性が強いオニイトマキエイが回ってくるんだろう。

ナンヨウマンタ(Manta alfredi) at ハニファル、モルディブ

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 周辺海域にいるマンタが集まるんだろうね。より群れやすいという性質が出ている。

 ただ、両者はもちろん出くわすことがあり、交雑も頻繁に起こっていて、中間種は存在するはず。

 また、オニイトマキエイをマンタと呼んでもそれほど問題は無い。Manta birostrisという学名が示すように、マンタ属に属するからだ。
 植物の世界なら大抵、学名を無理にカタカナで呼ぶ。「マンタ・ビロストゥリス」、もしくは種名のみ「ビロストゥリス」みたいに。英名のマンタ・レイはあくまでも一方言に過ぎない(もちろん和名もね)。