February 11, 2011

2011年2月ティランジアの激子吹き

 家にあるティランジアはほとんどが子吹きしているが、その中でも激しいのをいくつか。吹いてないのって、ファシキュラータ、キセログラフィカぐらいか(長年育てているが、開花もしていない)。

Tillandsia capitata X xerographica

(クリックすると拡大画像を表示します)
 単頭で径1mを超える大株になるが、開花後は子吹きにエネルギーを注いでいて、親株の消耗が激しい。子は6つ以上吹いている。
 開花時の写真はこちら

Tillandsia paleacea (large form)

(クリックすると拡大画像を表示します)
 未開花で、かつでかいが基本種と同様、子吹きが激しい。アルビダと並んで、強光と乾燥にかなりの耐性を持つ。ティランジア(エアープランツ)をやる人は見かけたら入手をお勧めする。雨ざらしにすると鱗片が汚れるので注意。