January 25, 2014

Steinberg UR22


(クリックすると拡大画像を表示します)
Steinberg UR22

 長いこと使っていたPCのオーディオデバイスがうんともすんとも反応しなくなり、デバイスマネージャーでも×出現。ドライバ再インストール、接触不良チェックなどしても完全にお亡くなりになって、さっくりとぽちるなど。
 今回はUSBデバイスにしておいた。amazonで14,800円。

 まだそれほど使い倒せていないけど、D/Aコンバータ&A/Dコンバータの質はこの価格帯にしては上出来だと思う。そして素直な感じ。というか、ここらへんは完全に工業製品のためじりじりと進歩していて、昔たっかーい金出してたのより質は良くなっているという...。
 元々DAWを開発しているSteinbergが出しているということもあって、ドライバも安定しているようです。

UR22 : | http://japan.steinberg.net/

January 19, 2014

Aechmea phanerophlebia (rubra)の花序


(クリックすると拡大画像を表示します)
 写真はAechmea phanerophlebia (rubra)の花序。日本にはほとんど入ってきていないブロメリアのレア種。かなり前に輸入し、上記は2代目の花序になる。
 全体の写真はこちら。

(クリックすると拡大画像を表示します)
 1代目かつ若い時だけど。成株になるともう少し胴体が膨らむ。
 inland formとなると結構形状が変わる。

(クリックすると拡大画像を表示します)
 どちらもかこいいブロメリア。おすすめ。大型種で場所を取るが...。

January 14, 2014

ごくらく...


(クリックすると拡大画像を表示します)


 カーペットがぼこぼこなのは気にしないでください。:D 爪研ぎゆえ...。

January 12, 2014

ティランジア最近いくつか


Tillandsia paleacea (large form)
(クリックすると拡大画像を表示します)
 麻紐で吊っていたが、すごくなってきたのでさすがにカゴに。元はこの1本から始まった。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 こちらはTillandsia albidaとpaleacea、paleacea "Canta"の盛り合わせ。
 ところでalbida、下葉(根元の方の古い葉)が枯れてきたら長茎のため、普通は切り詰めていってしまうと思います。が、開花後、枯れた下葉の付け根からも結構子吹きするため、この種はあまり切り詰めないほうが良いです。


Tillandsia fasciculata
(クリックすると拡大画像を表示します)
 開花後、子吹きが激しい。開花時の写真はこちら


Tillandsia Redy (Tillandsia streptophylla X concolor)
(クリックすると拡大画像を表示します)
 こちらも開花後、子吹きが盛ん。かなりでかい花序を付ける交配種。開花時の写真はこちら。複数同時開花したら見応えありそうだなー。


Tillandsia xerographica
(クリックすると拡大画像を表示します)
 開花→2代目。1代目はだいぶ葉を減らした。2代目は親株より大きくなるんじゃないかな。開花時の写真はこちら

January 1, 2014

サリー20131231


(クリックすると拡大画像を表示します)

「およ。にゃんですか?」

※書いてる時点で昨日の写真だけど。