June 22, 2014

MEINLトラベルディジュリドゥ(DDG-BOX)

 かなーり前にディンカムオージークラブで見かけていたが、amazonでぽちてみた。MEINLトラベルディジュリドゥ(DDG-BOX)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 こんな感じでパッケージされてる。材質はユーカリではなくてマホガニー。インドネシア製。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 吹き口。完全に工業製品のため、整っていて鳴らしやすいです。:)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ボトム。別にベルにはなってないよ。

 届いた時は風邪引き=鼻詰まり気味で循環しんどかったけど、それでも鳴らしやすかったっていう。技術的なこと(コール、ホーン)などもあっさりできる。キー低めだけど(Cぐらい?)面白いことに早吹きできたり。本来であればキー低いディジュは早吹きには向かない。
 そりゃちゃんとしたディジュやイダキのほうが音色はずっと良い。ただ、これはディジュ引っ張りだすのめんどくさかったり or 音は大きくないので深夜でも→即鳴らせる&フレーズを試せる。これはでかい! 鈍らず下手にならない。
 まぁこれにあんまり慣れちゃうのも問題ありだが...。

June 14, 2014

ハオルチア成長記

 落とすの忘れてた...。

ホワイトデビル(白銀城)

(クリックすると拡大画像を表示します)
2008年3月


(クリックすると拡大画像を表示します)
2012年4月


(クリックすると拡大画像を表示します)
2014年3月

Haworthia venusta

(クリックすると拡大画像を表示します)
2006年11月


(クリックすると拡大画像を表示します)
2010年1月


(クリックすると拡大画像を表示します)
2014年2月

June 7, 2014

初飛び

 パラグライダーの初飛び(一人での初高高度飛行のこと)は先週('14/5/30)に済ませている、有給使って。週末はどうしても混むので自身&イントラ共々、余裕がある時がいいかなーと思って。
 飛ぶまでは
飛びたい:おっかないのでできれば避けたい=7:3 or 6:4
 というなんとも不思議な心理で。まぁ
飛びたい:おっかないのでできれば避けたい=10:0
 になる時は無いでしょう。ダイビングでもそうだけど。10:0だと完全に日常で全く緊張感無いし、これっていずれ事故に繋がる。

 夕方になって風が落ち着き、テイクオフに上がる。テイクオフに上がる前のシャトル(車)で(ガチなドナドナだな)と感じるが、言ってしまうと洒落にならない気がしてとても言えない。
 自分が初飛びする直前に、すごいスタ沈(テイクオフ直後、脇の森に激しく突っ込んだ...)を思いっきり見たりして、まじでどうしようとかもあったり。まぁ今日は飛ぶために来たんだしと自分につくづく言い聞かせ、素で何度か大きく深呼吸して立つ。通ってるスクール、テイクオフの角度は大げさではなく崖なんだよ...。※

 深呼吸したらあとは飛び出すしかない、イントラの無言の視線も痛いし。もー吹っ切れて今までやってきたこと ─胸を張ってゆっくり歩きだして、立ち上がったグライダーを感じつつ少し抑え、前傾に移りハーネスに体重を掛ける、あとは走り出すだけ─ が自分でも感心するほど綺麗に出た。
 テイクオフ後、グライダーはすぐに素直な滑空を始め、周囲はあっという間に風切り音が響く風の世界になる。タンデム以来だっけ。でも今は一人で高高度をどしゅーっと飛んでいる。
 もーハーネスに座っても大丈夫。ぐりぐりと身を沈め両足をばんばんと合わせ、きちんと座れている合図を出す。無線を聞きつつ、自分の位置を確認をしながら飛行する。飛んでる。高いところを飛んでる。当たり前だが、風をはらんで飛行している自身のグライダーも初めて見上げることになる。白い生地から透けて通して見える、ブルーとライムが鮮やかだ。
 方向の微修正や90度および180度ターンもうまくいき、ランディングへのアプローチもど真ん中で上出来だ。ターンの体重移動は2輪と近いものがあり、ちょっと似てるなと思う。もっとも、パラグライダーは膝でタンク挟める訳じゃないし、周囲には何もない完全に3次元的な概念のもと、揺れながら飛んでいるので違う部分はあるが。
 ランディングへはハーネスから身を乗り出すのはもちろんのこと、フレアーの前にブレークコードをやや下げて、少し沈下&スピードを落とすなんてことも自然に出た。フレアーも当然決まり、着地したら2、3歩軽く走る程度だった。初めてなのになんともあっさりまとまった。
 そしてイントラからの祝福や握手。ありがとうございます。飛んじゃった。飛んでみたらなんとかなるもんだ。

 風が落ち着いている時にどんどん飛んで、飛ぶことに慣れていかないと。それと無線の指示で技術や高度感覚、高度処理を補っている訳で、自分で掴んでいかないといつまでもダメでしょうね。サーマル(上昇風)に乗るのはこれらができてからになる。
 何はともあれ、ほぼ生身で飛ぶすんごい趣味が始まった。始めて良かった。あの集中は純粋なものだ。


 角度が少し緩くなったTO2はほぼ完成していて、芝の根張り待ち。7、8月には使えるようになる模様。テイクオフに対するストレスはやや軽減されるんじゃないかな。初心者だけでなく経験者もTO1はきつい...。某誌では「なかなか魂震える系」と称された。