October 20, 2014

尾神岳フライト・ツアー

 いつものエリアから離れて新潟は日本海を望む尾神岳(新潟県上越市吉川区尾神)に、1泊2日でフライト・ツアーに行っていた。
 出るのがそもそも遅かったのと、忘れ物を取りに帰ったりで、現地には15時15分ぐらいに着いた...。ショップの横でどうしたもんだろうかと、空を見ながらぼんやりと考えていた(人はテイクオフかランディング、シャトルに出払っているためほぼ無人)。
 そのうち、ランディングからシャトルで上がってきた現地スタッフが
「(テイクオフに)上がりなよ。乗ってきな」
 と声を掛けてきたが、(いやランディングどこかわからないし=どこに降ろせばいいかわからない、着いたばかりでまだしんどいし)と思って
「ちょっと考えます」
 と断ってしまった。
 そうこうしているうちに夕暮れになってきてしまい、(や、これは機材準備して待っとこう)とテイクオフに上がる決意を。しばらくして再びランディングからシャトルで上がってきた現地スタッフが
「(あなたのエリアのスクールの)校長も悩んでないで上がってこいって言ってたよ」
 と声を掛けてくる。
「行きます、ひとまず見るだけになっても」
 とテイクオフに上がった。

 テイクオフからランディングは離れているので、夕方になってたことも手伝い、「あっちのほう」と言われても正直どこかよくわからない。高度処理の説明だけは把握して、方角のみに頼ってテイクオフ! (まぁなんとかなるだろう)と思いつつ...。
 空中でランディングを認識し、高度処理諸々もうまくいきソフトランディング。すぐに再びランディングに上がりもう1本飛べて、現地スタッフが写真も撮ってくれていた。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 これ俺です。
 正面は日本海。全てが黄金色で世界は美しかった。
 次の日も2本飛べた。午後からテイクオフの風がフォロー(テール・ウインド)になってしまったため、早めの撤収。
 全般的にいろいろなところからサーマルが湧く空域で、なかなか落ちなくて楽しかった。

 写真をいくつか。

(クリックすると拡大画像を表示します)
 晴れのテイクオフ。非常に出やすい。風がフォローでない限り楽勝。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 上がってる人。写真上部にグライダーが小さくある。人は生身であれだけ飛べる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ショップ。テイクオフとランディングの中間にある。練習場が横に併設されている。