October 26, 2015

サーマル・フライング 改訂版

 前に買っておいた。フライヤーには一家に一冊という感じで、内容はかなり充実していてまとまっている。完全に専門書なので値段はそれなりにする(分厚くハードカバー)。ただし読みやすい。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
文章量もあるが、豊富な写真、図説

 目次は以下の通り。

第1章 サーマル
第2章 サーマルの発生源とトリガー
第3章 サーマルの内部と周辺
第4章 雲
第5章 雲と気象
第6章 サーマル・センタリング・テクニック
第7章 谷風‐山岳地の重要な風系
第8章 リッジソアリング
第9章 気温減率
第10章 必要な知識
第11章 ブルース・ゴールドスミスからのアドバイス
第12章 トップパイロット達のアドバイス

 誰かの言葉というのは自分が関係無い時(関係無いと思っている時)は流してしまうものだけど、そして自分が経験しない事柄はなかなか吸収しないものだけど、このように手元にあると残るし、後々読み返しても役に立つ。
 道具は年々進化するもので、グライダー含め5年も経てば1世代古くなる。が、空の状況というのは早々変わるものではないので、この本は長く読めるでしょう。

October 13, 2015

スパイラル→ランディング

スパイラル→ランディング

 エリアでの、とある日の風景。夕方、テイクオフディレクターが仕事を終えて。グライダーはLittle Cloudのミニグライダー。iPhone 6sの試しも兼ねてみた。
 スパイラルは降下手段として使われる。ただし、よっぽどうまい人でない限り、スパイラル→そのままランディングというのはやらない。実際、低い高度でスパイラルに入れて→そのまま地上や湖面に激突という事故は起きている...。