December 13, 2015

2015年12月、CPUまわりなど

 現状のCPU(Intel Core i5 2500K 3.3GHz)(4コア4スレッド)は4年以上も前に、約1.8万で買っていた('11年6月)。年末年始にCPUまわりでも新しくするかなーと思って調べたら、あらまぁ。
 4コア8スレッド(1コアに2つの処理が並行で走る=4*2=8)では倍速くなるとはならず、対応しているソフトで1.3倍程度と言われる。なので、体感で明らかに速くなるのを選ぶとなると、6コア12スレッドのCPUにしなければあまり意味が無く。メモリもDDR4環境でないと速くなったとは体感しにくいだろうなー...。
 そうなると最低でもIntel Core i7 5820K 3.3GHz(6コア12スレッド)ぐらいになって、CPUだけで5万ぐらいする...。CPUは4、5年も経てば同じ値段でも劇的に進化を遂げていたが、それはもう昔のことになるようで。ムーアの法則は崩れてポラックの法則に支配されつつあるのを、しみじみと感じるなど。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 なんとなく悔しいので (^^) amazonでメモリぽちて、+8GB盛ってやりましたわ。CFDのやつで約5.7千。【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付
 ヒートシンクがかこいい。かなり重い作業をしないと効果はあまり感じられないだろうけど。そもそもハードディスクドライブはSSDにしてしまってるし。
 ところで、新しいメモリでWindowsメモリ診断とMemtest86+を回してみたけど、何ら問題無かった。念のため報告。

 あ、それと感じたのが、AMDのCPUは完全にメイン・ストリームから外れたなぁと。昔からあそこのCPUで組んだことなかったけど、よりニッチな分野で使われているようです。自作のサブかつ小さなマシンで、とか(グラフィック・ボードを載せる必要が無い)。
 考えてみれば、Appleでさえ(モバイルを除く)全ての製品にIntelが載ってるという(AMDではなくIBMが載ってたけど)。Intelのことあれだけこき下ろしてたのに。(・∀・)

December 5, 2015

PRO TREK PRG-300CM-3JF


(クリックすると拡大画像を表示します)

 買ったのは1ヶ月以上前だけど。山用の時計をまた1本増やしてしまた...。PRO TREKのPRG-300CM-3JF。ソーラーは載っているけど電波時計ではないので、それほど高くはない。
 高度、気圧、気温、方位などが計測可、日の出日の入り時刻表示あり。その他のデジタル時計の基本は無論、全て載っている。高度はGPSではなく気圧の変化により算出するため、使い始めに修正が必要。
 以前、買った針&デジタルのとは違い、外装&バンドは樹脂なので、ほぼ気兼ねなく使い倒す時計になるかと。この写真ではわかりにくいかもだけど、バンドは迷彩になってる。
 買ってしばらく経つけど、誤差は数秒程度。というかよく覚えてないぐらい (^^) ずれないので、電波時計でなくとも実用は全く問題無いかと。

参考:PRG-300CM-3JF(CASIO公式サイト)