July 26, 2017

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 マクロレンズは50mmのも出てるけど、
・あれは光学性能はそれほど。おまけにフードも付かない(インナーフォーカスではないくせに)=レンズを対象に当てる可能性大
・Nikonの60mm持ってて焦点距離がやや被る
 とのことから、SONY環境では対象から少し距離を置く90mmを選んでみた。評価も結構高いし。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 重さは602gと重いレンズではないけど、長さは130.5mmとそれなりにある…。標準ズームの大三元よりやや短い程度。
 最短撮影距離は0.28m。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 手持ちで簡易フォーカステスト。トリミングのみの大きさ100%。左上アイコンをクリックしたものが100%。
 はい、マクロレンズできっちりこうならないと困ります。手ブレ補正はレンズ内、α7R IIにはボディ内にもあるけど、至近距離でここまでのピントを求めると手ブレには敏感になる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 少し離れたポストカードを、同じく手持ちでトリミングのみの大きさ100%。こちらもきっちり。

 マクロレンズとしては全般的に優秀なレンズ。しかしGクラスでこのレベルなのに、同じくGの標準ズーム小三元(FE 24-70mm F4 ZA OSS)は、なんで甘いの世に出したのか…。技術の蓄積がなかったのか、開発を急いだのか。