December 7, 2017

Nikon D850


(クリックすると拡大画像を表示します)

 Nikon D850、約2ヶ月近く待ってやっと届いてます…。これを書いてる時点ではD500と同じく接眼目当て DK-19に交換してる。(^^) マイメニューやカスタムボタン含めた設定も、D500とほぼ同じ。(^o^)
 レンズは左から60mmマクロ、TAMRON広角大三元、標準小三元、標準大三元、TAMRON望遠大三元、ボディ横にあるのはTAMRON 1.4xテレコン(※)。
 フルサイズは、レフはD750下取りに出して以来、高画素機はα7R II下取りに出して以来。ニヤニヤしちゃいます。
 サイレント撮影含め主要なレンズで撮影は一通り終わったけど、今のところ問題無し。写りバッキリ。高画素機しかしレフゆえメカニカルな部分も多分にあって、なんか脳から変な汁出る。(。◕ ∀ ◕。)

 写りの特徴としては様々なところでレビューされている通り、ホワイトバランスで自然光オートと、ピクチャーコントロールでオートが新しく載った。どちらも光源や対象をカメラが自動判別して発色させる。優秀で結構使いやすい。
 あとは、画像処理エンジンはD5やD500に載ってるEXPEED 5で、ホワイトバランスのオートも3つ持ってる(自然光オートを入れると計4つ)。AFもD5のものが移植されて、D750より動きものがさらに掴みやすくなった。



(クリックすると拡大画像を表示します)
 これを書いてる時点で、TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDが増えたので追加で…。ボディ(D850)についてるほう。もう一つがTAMRON望遠大三元。
 TAMRON望遠大三元よりカジュアルに(?)焦点距離が振り切ってるものをと思って。同様にテレコンも使える。パラグライダーのエリアで一番使われるレンズになると思う。
 APS-Cの70-300mmは下取り→D850だけでなく、D500でもこっちを使ってしまう。
 ネイティブでサードパーティのレンズがまだ充実してないSONYマウントでは、こういうことはできないね。アダプタ挟んで、とかならできるけど、何かしら犠牲になる。