September 29, 2018

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


(クリックすると拡大画像を表示します)
 超望遠便利ズーム!(おっぱいミサイル風に) 70-300mmと入れ替え。TAMRON 100-400mmは買い直しになって悔しい&望遠端が暗くなるので見送り。TAMRONのはあの値段で光学性能&コスパすげー良しなので念のため。あっちのほうがずっと軽いし簡易防滴。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 左が望遠大三元。80-400mmのほうが太いけど、長さや重さはほぼ変わらない。実際の運用時は、三脚座を斜め上に回して、そこにストラップ付けて持ち歩く。望遠はこれらと、500mm f4あり、500mm f5.6 PFは納期待ちで、当分は動かないと思う…。

 Nikon純正の少し前の望遠ズーム、たとえフルサイズでも防滴じゃないんだよな。200-500mm f5.6とかもそうだけど。あの仕様、下手するとホコリ盛大に吸い込む…。超望遠ってほぼ屋外で使うもんじゃねーの??

September 24, 2018

中秋の名月 2018/9/24


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ゴーヨン&一脚で撮っておきました。
 Nikon D850、レンズはAF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRでF5.6。

September 22, 2018

彼岸花 2018/9/20


(クリックすると拡大画像を表示します)

 雨ばっかりですね…。飛べもしない。
 当日の朝、咲き揃っていたので出勤前にサッと。300mmでした。:) D5には望遠つけっぱになってる。
 Nikon D5、レンズはAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRでF5.6。
 翌日(21日)には雨降って、見事に全部倒れてた…。>彼岸花

 D5、AFの精度と速さは申し分ない。凝縮された時間や光景を撮る=必然的にシャッタースピードは速くなるしISOも上がるのにはほんと向くなーと。画質は単純に画素数では計れないと改めて。500mm f4で早いとこ戦闘機か、少なくとも旅客機は試しておきたいところ。
 AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRは評判を待って注文したら、納期待ちになってしまった…。売れてるようです。

September 20, 2018

彼岸花 2018/9/16


(クリックすると拡大画像を表示します)

 咲いてますね。
 導入したD5でサッと。260mmでした。まだあまり触れてないけど、風景などは高画素機のD850に譲るものの、それ以外はさすがフラッグシップといった印象。あんまり晴れないね…。
 Nikon D5、レンズはAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRでF5.6。

September 19, 2018

Nikon D5


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは D5の前でスルーしていたと思ったら いつのまにかポチていた」
(ry)
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 違う傾向のフルサイズ3台、そして12~500mm f4まである環境(ズームは150-600mmもあり)。これらで撮れないものがあったら明らかに自分の腕が悪い…。話飛ぶけどD5、宇宙での有人飛行の際は頻繁に一緒に飛んでいて、やっぱりマロンを感じますマロン。
 ただ、自分がポチた時より、相場さらに安くなったかも…。
 ところで上の写真にあるように、バッテリーグリップつけたD850Rより小さくまとまります。

見せてもらおうか、D5のAFの性能とやらを
 ってことで戦闘機いきたいけど、厚木は土日以外でないと…。ずっと曇りだ。羽田でになるかなー。芸術と称されるAFを早く試したい。70-300mmとかで無駄に遊ぶの飽きた。
 要連写、かつクロップする必要が無いことがわかっている時は、積極的にD5を使う予定。x1.4テレコンあるし(合成f5.6までなら使う)。高画素機の微ブレも気にせずいけるので。ファイルサイズを気にせずに連写できるというのもある(D850Rで連写するとえらいことになる)。

 Nikon Z展示、完全に眼中に無いNikonユーザー。あんな未完なのαあるからいらんわ。w

September 16, 2018

Nikon D850R


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

メギャン
 コマ速を上げた(本来出せるコマ速を解き放った)Nikon D850を、勝手にD850Rと呼ぶことにしました。D500を手放す→9コマ/秒できる時がないとちと心もとないので。D500の範囲はクロップで対応。被写界深度はAPS-Cに比べ、当然浅くなるが。

 せっかくなんでバッテリーはD5でも使われるEN-EL18cにしておいた。容量たっぷり。ただ、これ用のバッテリーチャージャーやらバッテリー室カバーが必要なのは周知の通り…。

 全部を新品で揃えると高い。バッテリーパック(バッテリーグリップ)は中古で見かけたので(not マップカメラ)、中古にしといた。以下が今回増えた備品。
・マルチパワーバッテリーパック MB-D18
・Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL18c ※
・バッテリー室カバー BL-5 ※
・MH-26aアダプターキット MH-26aAK ※

 EN-EL18cバッテリーにこだわらなければ※が要らない。

September 11, 2018

SONY FE 24-70mm F2.8 GM


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 えーっと前持ってた。買い戻しになる…。24-105mm F4が結構遅れそうなので増えた。現在、キャッシュバック対象。これにともない、ボディとレンズ整理でNikon D500とAPS-Cレンズ群が下取りに。本当は残したかったんだけど、D500の範囲はD850クロップで対応。
 ガチはあくまでもNikonでやるので、石を投げないでください。SONY標準大三元はNikonのを思わせるような精緻な描写で、NikonのはSONYかよという感じです。どないやねん。トロを牛肉と表現するレビュー風。Nikonのは手ぶれ補正載ってて約1kg。フィルター径は82mmでどちらも一緒。
 たとえバランス機でも、遅かれ早かれ標準大三元は結局は欲しくなったり必要になったりする(D750でもそうだった)。これでフラッシュあればちょっとした仕事できちゃうなバランス機だからそれほど明るいフラッシュでなくて十分→ってことでフラッシュも買い戻した…。

 どうでもいいけど、レンズを手放す時は保護フィルターは外して残しておくほう。いつか使うだろうと思って。実際かなり使う。:D SONY標準大三元のも確か先代に付けてたやつかな…。

September 9, 2018

SONY α7 III+FE 12-24mm F4 G


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 うーんとね、Nikonのバカ。w 手持ち夜スナップほぼ専用。12mmを真面目に使いたかったら三脚に載せてやる予定。12mmの領域にいってしまった。レンズは他に24-105mm f4を取寄中。α7 IIIが売れてるせいかどこも在庫切れ。
 Z6が「ちゃんと」リビルドされたら、たぶんレンズごと手放すと思う。比較はSIGMA広角大三元。大きさ重さともに全然違う。
 α7 III+FE 12-24mm F4 Gともに新品なので、売上&シェア拡大に貢献してしまった…。まぁ元々α7R IIや標準大三元等々、持ってた時期あったけど。このUIやプロダクトデザインにまた付き合うのか…。IIIでこのグリップになったけど、今回は大三元や望遠は買わない。メインはD850&D500でやる。

 あとα7 IIIユーザーにはポピュラーなことだと思うけど、信じられないことにバッテリーチャージャーが別売り。付属品見ていて→マジで付いてねーんだと予備バッテリーと一緒に頼んだけど。持ってなければカメラにバッテリー入れて充電。アホくさ。
 SONY α7 IIIは過去に持ってた第2世代のα7R IIに比べると、AFの速度と正確さが上がってる印象。もちろん、OVFの人からしたらEVFの癖はあるよ。積層のセンサーではないし。
 それと意外と知らない人がいるんだけど、真っ暗なところだと撮ってから構図を確認とかなるけど、「ブライトモニタリング」(Youtube)が手っ取り早く確認できて便利です。

2018/9/9追記:
 都市夜景で一通り試した。f2.8通しのレンズに比べ経が小さくなるのを考慮しても、12mm広角端でもゴーストやフレアにかなーり強い。そしてf8~に絞れば周辺もちろんバッキリ、手持ちf5、f5.6あたりでも全然実用域。f4だから(f2.8のGMあるから)Gにしたのかなとか。当たり個体??
 ただ、SIGMA広角大三元との比較では、あちらのほうが光源から出る光条が綺麗に鋭く写る。SONYのGMのもそうなのかな?
 何はともあれ、直線が円を描く魚眼の表現って苦手なんだけど、自分が納得して使える広角が12mmまで広がった。(。◕ ∀ ◕。) 暗い場所で、軽いボディとレンズで撮り歩きもできるし、三脚に載せてガチもいける。

September 6, 2018

Tillandsia Samantha - (T. mooreana X kalmbacheri)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 台風で取り込んだついでに。約1ヶ月前に輸入した交配種。暑さに弱いっぽいので温室に入れず、残る農薬一度使用後、雨に当たらない日陰に置きっぱなし。調子をあげて葉を伸ばしてる。
 ティランジアとしては大型で、草姿はこの個体はタンクブロメリアっぽい(ただし葉は柔らかい)。水を貯めてしまうのは苦手なはずなので、緑葉ティランジアの扱い。
 SONY α7 III、レンズはFE 24-70mm F2.8 GMでF2.8。

September 2, 2018

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ちっさ。便利ズーーム!(おっぱいミサイル風に)
 SIGMAはズームの回転逆だからあまり増やしたくないんだけど、必要に駆られて…。200mmまでだと純正、他社のは設計古くてパッとしなくて。撮影はD850。
 ズーム回すの、結構硬い。なので自重で伸びることはないけど、ここまでせんでもという感じ。写りは便利ズームの中では無難でしょう。
 どうでもいいけど、フルサイズのレンズばかり見てると、APS-C、特にサードパーティーはお手頃だ…。