March 4, 2019

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM, SONY FE 85mm F1.4 GM


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 SONY Eマウントで使い勝手が良い焦点距離&光学性能が良いf1.4に走ってみた。マウント交換サービスで揺れたけど、85mmはSIGMAのは約1.1kgなんでやめといた…。どちらも予定されてるファームウェアアップデート後の瞳AFの進化で、さらに使い勝手が良くなるんではー。現状でもSIGMAのもネイティブなので(マウントコンバーターを挟まない)、AFなど動作は純正と変わらないので快適。
 SONY FE 85mm F1.4 GMは標準大三元と合わせ、仕事でも使う予定。ファームアップデートきたら、(まだ里親として引き取りに至ってないけど)猫撮りでこのレンズは楽しいだろうな。それと思ったけど、ここまで被写界深度薄いとレフ機だときつそう。ファインダーでフォーカスエリア狭いかつ確認が難しくなるのと、中央で置きピン→構図作ったりするとピンズレする。
 これらのレンズでデメリットは、SIGMA 50mm F1.4、これだけ重厚長大でも防塵防滴ではない…。ちょっとびっくり。バブル期のオーディオ製品のように物量的にもすごいんだけど。85mmは防塵防滴。

 SIGMA 50mm F1.4 DG HSMはスナップや三脚に載せてガチなどすでに一通り試してるけど、やたら開放で撮る気になる。実際、やっても問題無いしf2.8では作れない絵が出てくる。使い勝手いい焦点距離だし、ちょっとマンネリから脱したいという人にもいいかも。40cmまで寄れるので、マクロっぽい雰囲気も出せる。
 SONY FE 85mm F1.4 GMは他のレビューで見かけるように、AFの精度は悪くないけど、確かに駆動時の音が大きいのとそんなに速くない(たまにコントラストAFみたいな動きをする時もある)。SIGMA 85mmとの比較は持ってないのでわからん(SIGMA 50mmはコントラストAFみたいな動きはない)。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 SIGMA 50mm F1.4 DG HSMの簡易テスト、書き出しjpgからの切り出しを置いておく。