March 10, 2019

VG-C3EM


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ブラケットひんやりするので、SONY α7 IIIにバッテリーグリップ(縦グリ)いってしまった。Nikon D5化。:) これのみ(厳密にはバッテリー+1)で大丈夫なので、D850のように値段的にバカ高くはならない。デメリットは設計上、本体+縦グリの電池を使うのではなく、縦グリのみの電池2つを使うので単に倍になるだけ。それと高さありすぎ感。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 バッテリーの蓋は外して縦グリに収納する。当たり前だけど、ブラケットよりグリップは断然良くなる。自分は素直にいっときゃ良かったと思った。ただ、それなりに重くなるので、レフ機未経験の人は抵抗あるかも。
 縦グリの中はバッテリーひとつでも運用可能。できるだけ軽く運用したい時には、それもあり。