October 31, 2019

SONY α7R IV レビュー


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 あーあ。これでSONYの高画素機はα7R II~IVまで持ったことに…(R IIIの時期めっちゃ短かったけど)。無論、α9との併用は続ける。
 なんだかさらにNikonから遠ざかった気が。よっぽどのことがない限りもう戻らないんじゃないか?? Nikonのバカ w
 SONYのメカシャッターは
α7R III→パヒッ!
α7R IV→シュコ
 に変わった。擬音難しいけど。(^o^) より落ち着いてメカニカルな印象に(結構違う)。

長所
・ボタン、シャッターの押す感触含めた操作系向上
・AFの精度向上。トラッキング実装
・AF枠の色変更
・グリップが深く
・Wi-Fiで5GHzを使えるようになってPCへの転送が少し速くなった(このファイルの大きさだと逆に使えないと死ねる)(大量に撮ったら無論、SDカードをUSB 3のリーダーに挿したほうが良いです)
・高画素化による細部の再現性

短所
・メニューとっちらかったまま
・グリップは縦方向(下方向)にもう少しあると良い。R系は大きく重いレンズを使う傾向にあるのでなおさら
・高感度耐性はあまり無い。ISOが上がるにつれα7R IIIよりノイズがのる
・ファイルサイズでかい。圧縮RAWでも1枚およそ60MB
・微ブレにより注意必要
・ボディ内RAW現像が無い

 これを書いちゃうと元も子もないけど、α7 IVが3000万画素~でEVFがそれなりに良くなれば、一番扱いやすく良い機種になると思う。欲しい。(^o^)



(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 テストの当倍切り出しjpg。
FE 90mm F2.8 Macro G OSS


(クリックすると拡大画像を表示します)
 web用に縮小したもの。
FE 90mm F2.8 Macro G OSS