June 25, 2004

日本航空123便

事故調発表を元にした JAL123便飛行跡略図(ダウンロードはここを右クリックなのかな…)
 お盆が近づき暑くなってきました。この時期、心身ともに疲れると、日本航空123便の事故(*)をわらわらと思い出すことがあります。
 夜間、ヘリからの確認 or 撮影で墜落した場所は大体つかめたけれども、正しい位置を認識できなく錯綜する情報。明けてなお燻り続ける事故現場。その現場から、ヘリで吊るされた自衛隊員に抱えられ、奇跡的に生還した少女。後日メディアがその少女を追い回し、彼女の精神に更なる追い討ちをかけたこと。怒りと悲しみ、諦めが入り混じった彼女の不思議な表情。
 あの事故は酷かったな。写真は事故機です。

 リンク先のフラッシュ(正確には墜落した機のボイスレコーダー)に、途中で機長の
「これは駄目かもわからんね」
「どーんといこうや」
 という声が入っている。自分に言うでも副操縦士に言うでもなく。その恐怖は尋常ではなかったと思います。
 けれども、クルー(機長含む)たちは最後まで諦めることなく、機体を立て直そうと必死に努力する。機長にもなる人がその飛行経験からしても、確実に墜落することはわかっていたはずなんですよね。
 亡くなられた方々へのご冥福を、改めてお祈りします。

(*)
 1985年8月12日、羽田発大阪行日本航空123便は、離陸(午後6時12分)から12分後、相模湾上空で後部圧力隔壁を破損、それに伴い垂直尾翼と油圧系統も失い操縦不能となった。その後迷走し、同日午後6時56分28秒、御巣鷹山の尾根に墜落した(この5秒前に機体後部下部を木に接触させている)。死者520名、生存者4名という大惨事になった。

参考 >> 日本航空 123 便事故 御巣鷹山 悲劇の真相

June 4, 2004

水深世界一のプール

The world's deepest and perhaps most unusual swimming pool is opening in Belgium this summer.

 世界で一番深いプール(水深33m)が、この夏ベルギーでオープンだそう。潜りたい…。海ではなく透明度が猛烈に高いプールの水質、ってのがミソ。底に座って(ほぼ仰向け)、上を見上げたらやばいでしょうね。
 どこかの旅行会社でツアー組まないかな。:D

念のため追記:
 用途はもっぱらダイビング用。

June 3, 2004

非常口のマーク

 非常口のマークって海外でもちらちら見るんですけど、日本発だということを今日知った。写真はスウェーデンの非常口なドア。
 以下は「223. ドア全体で主張する非常口」から引用させていただきます。
──────────
非常口のマークは1982年に全国公募で選ばれた作品を元に、多摩美術大学教授の太田幸夫先生を中心とするグループが作成しています。
1987年には「ISO(国際標準化機構)」が日本の非常口マークを国際基準に指定したため、世界各国で日本のマークが取り入れられているのだとか。
非常口マークは日本が発信した世界標準なのです。
──────────
 これだけでは芸がないので、もうひとつ。なぜあの色なのかは、煙の中でも比較的見やすいんだそうな(本当)。