September 16, 2009

125ccスクーター!ほか

「車免許で二輪125ccまで」 ホンダなど、免許制度変更を要請へ
ホンダやヤマハ発動機など大手二輪車メーカーは二輪車免許制度の変更を国に要請する。四輪車の中型免許を取得した際に排気量125ccクラスの「原付き二種」クラスの二輪車まで乗ることが可能になるよう、年内にも警察庁や国土交通省など所轄官庁への打診を始める。~
===============================

 免許は普通自動車と普通2輪(昔は中免と呼んだやつ)を持っていて、車と2輪、両方乗っている。休みの日はほとんど車に乗っちゃって、2輪はもっぱら晴れの日の通勤に使っている。通勤途中の大きな駅近くに、月極の駐輪場を借りてしまっている。職場が変わろうとも、まず通る駅だからだ(渋●)。
 正直、バス or 電車代より駐輪場代のほうが高くつくんだけど、まぁ大人通勤(?)ってことで。で、400ccネイキッドなのにこういう乗り方をしていると、

 ↑こういう125ccスクーターってほんと楽そうだなー、ちょい乗り、ちょい買い、通勤にぴったりと思うのだ。今の2輪の寿命が来たら、125ccスクーターにしようかとまじで考えちゃうぐらい。元々、ビッグスクーターは候補から外れる(あれに乗るなら大型アメリカンにのほほんと乗る)。

 この要請、自分にはあまり関係ないけど、どうなるんだろうねぇ。施行されたら125ccの車種、現状よりは増えるだろうし関係あるか。
 しっかし、各メーカーとも、2輪のラインナップはたまげるほどガタ減りですよ奥さん。本当に売れていない。全盛期の1割だっけ?? 例えば、ヤマハだと400ccはスクーター以外全滅というある意味すごいことに。
スポーツバイク | ヤマハ発動機株式会社(※は生産終了)

September 11, 2009

目的と手段

「忙しい」の正体とは
 「組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」というのがパーキンソンの凡俗法則です。「難しいこと、重大なことに対してはこだわらず、流したり簡単に受け入れたりするのに、どうでもいいようなことに対しては関わろう、時間やパワーをかけようとする人が多い」という傾向を言っています。
============================

 「やーあいつは」とか「あの人とか」と、すぐに思い浮かんだ人は多いはず。
 近い事例で、目的と手段を取り違えている人も多く、手段に異常に固執し、達成するべき目的をないがしろにしたり(見えていないというか)、あろうことか手段が目的になってるんじゃ、という人はIT業界に特に多い(ツールが発達しているだけに)。平たく言うと本末転倒。
 こういう人は御多分に洩れず、本来以上に勤務時間を長くしているし、上に立たれると本当に迷惑だ。自身の手段への病的な固執を、他のメンバーにも強制するからだ。瑣事ばっかりやたら増えて、業務の邪魔になってしょうがない。なんかもー頼むから自分の趣味でやっててって感じ。
 そういう影響下にある or あったプロジェクトは、目的、結果的には大抵、結構ぼろぼろだ or で終わる。そうなると当然「なぜこれらのやり方がいけないのか or いけなかったのか」みたいになり、頭悪いもんだから無駄で瑣事的な手段をさらに強化したり増やしたりして、悪循環に陥らせていることがままある。そんなプロジェクトからは早く抜けたほうが身のためだ。
 手段は当たり前だが、あくまでも目的を達成するための手段である。取り違えたきゃ個人でやる趣味でやろうね。

 念のため。イチローがバッターボックスに入るまで、多くの習慣&同じ動作を毎回辿るのは手段(?)の一種かもしれないが、全く別次元の話であって、違いがわからない小学生のようなパカの絡みはもちろん無視するのであしからず。つーか大前提として、彼には多くの安打を獲得するという大きなブレない目的がある。また、それを達成もしている。瑣事 or 手段パカとは明らかに違う。
 瑣事 or 手段パカは安打以前に、疲れて(草野球の)バッターボックスにさえまともに入れないんじゃねーの。それ以前に試合に遅刻してきそうだけど。:D

※バカとは書いていない。メイリオ&このモニタだと判別できている。