December 19, 2010

西の魔女が死んだ - 梨木香歩


西の魔女が死んだ - 梨木香歩

 blogに落としたい本結構あるんだけど、できてないなぁ...。

 中学に進学して、人との付き合いなどから学校に行くのが嫌になってしまった、まいが主人公。そのまいが初夏の少し前、西の魔女 - 祖母の家でひと月ほど過ごすことになった。祖母は英国から日本に来ており、魔女の血を引くという。自然を享受する祖母との素朴な暮らしの中で、物事や心の在り方を「自分で」全て決めていくという、まいの魔女修行が始まった。
 という物語と、その続編『渡りの一日』が収録されている。
 元々、児童書ということもあり、文章は読みやすい。普段、本を読まない人でも読めるでしょう。
 いい年になると忘れがちになる、自我の芽生えの頃や人の在り方、人との繋がりなどを爽快な文章で表現している作品。あなたは己で律している魂を持つか否か。ぜひ大人に。
 続編では、確かに魔女の教えを受け取ったまいが、社会に戻っている姿が描写されている。

May 20, 2010

世界の島々

世界の島々―かけがえのない風景99島

 最近、買って良かったと思えた写真集。巻頭の世界地図に各々の島の位置、写真には小さく概要が添えられているので、漠然と写真を観るということにはならない。知識欲を満たすことができるし、具体的な経路や土地の空気に思いを馳せることもできる。
 そしてなにより、美しい。人はメディアを通して観た美しい世界を、本や画面の中の出来事と認識してしまう傾向がある。が、実際に行動を起こすと、そういう世界は「本当にある」。
 中身をいくつか。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 パラオ。ロックアイランドと呼ばれる。珊瑚隆起の島々。島の形状は水面(船)から見ると、波に浸食されキノコ状になっている。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ヤップ。同じくダイバーの間ではポピュラー。パラオに近い。通年、マンタが多く出る。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 マダガスカル。コーデックスなどの特殊な植物をやる者にとっては、聖地に近いんじゃないか。近年、人口が増えすぎて環境破壊が起きている模様。なにはともあれ、人は増えすぎた。

December 28, 2008

2008年の2枚

 去年の終わり頃に買っているCDも含まれるが、今年、よく聴いていた、かつ名作な2枚を厳選。圧縮された音源かつヘッドホンではなくて、CD経由きちんとしたスピーカーで聴くことをお勧めする。
 今、CDってほんとに売れてないらしいね。素晴らしい曲なら、結局はCDで聴きたい&持っておきたいと思うけどなぁ。逆に言い換えれば、適当な音源&安い小さなヘッドホンで満足できてしまう音楽市場って...。


Ma Fleur / The Cinematic Orchestra(Amazon)
試聴(juno records)

 確かTowerで(Ninja Tuneか...)と思い、とりあえずで試聴したら作品性の高さにぶっとんだという。架空の映画を1枚のアルバムにまとめたというコンセプト通り、ストーリー性があり1枚で完結している。
 室内楽の要素が強いが、Amazonのレビューにあるようにジャンルの壁を完全に越えている。
 日本語版は解説とボーナストラック2曲が追加。



Lifetracks / Tom Middleton(Amazon)

 '90年代にGlobal Communicationというambientでポピュラーなユニットがあった。その片割れ、Tom Middletonが発表したアルバム。
 もはやambientではなく音楽性はより豊かになり、electronica、室内楽、fusion等々を飲み込み吸収している。美しく、が、大げさでないメロディーラインは健在。彼の人間性が滲み出ている。

July 28, 2008

BATTUTA


http://www.zingaro.jp/

 チケットスペースからもうDMが届いていた。詳しくは伏せるが、先行予約だとかなーり早くから受け付けが始まる。
 演目は日本初公演時とは違う「バトゥータ」。遊牧民をテーマとし、音楽はルーマニアの2つの楽団とのこと。
 2005年の「ルンタ」(風の馬)は素晴らしかった。あのときの音楽(?)はチベット僧の読経がメインだった。

 一番高いSS席が20000円、円形舞台に一番近くなるギャロップシート(1~3列目)は多少の砂が飛んでくるので18000円という設定になっている。前回はSSかSで、当たり前だが馬が走ると風と息遣いも走るのが感じられ、すぐに呑まれて、ただ観ているしかなかった。

参考:Zingaro(初公演時に書いた解説)

October 14, 2007

PHOENIX

PHOENIX / SYSTEM7

 知人のるみちさん(a.k.a.手塚るみ子氏)が関わっていて、かつ試聴(MUSIC ROBITA)もできるので落としておく。るみちさんとSYSTEM7の経緯はamazonに詳しく書いてあるので、自身が書かずともそちらを参照。
 SYSTEM7を中心に様々なアーティストが参加している。全曲、techno / 4つ打ち / ゆるゆるの基本をしっかりおさえていて、そしてSYSTEM7ゆえ質がかなり高い。丁寧な仕事というか。広い層に聴けるアルバムでしょう。
 時間とともにこうしていろいろな形に生まれ変わって、再び広まっていくんだなぁ。まさに不死の鳥。

 余談で、手塚治虫氏に関してはWikipediaによくまとまっている。自分も彼は別にヒューマニストではなかったと認識している。世間一般におけるありがちな彼の評価は、ヒューマニストであって欲しい or そうに違いないという希望なのでは。
 下記は引用。
────────────
没後、マンガの神様という呼称が一人歩きし、神格化されるようになった。作品もヒューマニズムの側面ばかり強調されるようになり手塚に対する一面的な美化が行われた。実際には作品の中では非常に多くの思想や信条、感覚、心情を持つ人間が登場する。話の展開も決してヒューマニズムが主体ではなく、人間や社会への絶望感や厭世的な意識、虚無的な要素も濃厚に伺える。人間的にはヒューマニズムの塊のような人物ではなく、もっと人間臭い人、神経質な人だったと言われる。手塚自身、自らがヒューマニストと呼ばれることを極端に嫌っていた。インタビューでは「自分は、そのへんのニヒリスト以上の絶望を持って仕事をしている……はっきりいえばヒューマニストの振りをしていれば儲かるからそうしているだけで、経済的な要請がなければやめる」と強い皮肉を込めて断言している。
────────────

July 30, 2007

Contact to the Spiritsから海

Contact to the Spirits / V.A. mixed by kaito

 ドイツのレーベルKompakt、の国内企画盤。kaito(a.k.a. ワタナベヒロシ氏)によるmixed CD。Kompaktはambientというか音響系というか、そういうのばかり家にあるけど、こういうのもたまにはよろしい。
 聴いたときの第一印象は、これはとらんちゅ or ちゅんとらだ! なぜ幼児語と。プラス、バスドラ打っているけど、うるさい音楽がダメな人もこれは聴けるのでは、と思った。おそらく、ジャンルで陳列するならtechnoになるんだろうけど。
 リンク先で試聴はできる。けれども、圧縮されたRealファイルではなく、無論CDのほうが音質、空気ともに心地良い。
 Kompaktというレーベルの一部を、センス良くまとめている一枚でしょう。

 ところで、海に入るようになってから、うるさい音楽は拍車をかけてダメになったような気がする。外洋に面したドロップ・オフやシー・マウントで、底が見えない碧の真っ只中にぽっかりと浮かんでいるとき。緩く流されているとき。
例:写真はキンベ、パプア・ニューギニア
http://www.moeabletype.org/img2/png/3-20.jpg
http://www.moeabletype.org/img2/png/4-21.jpg
 その種の経験が、うるさい音楽から遠ざかるのをなぜかより手伝った。

 今年の夏休みというか9月は、たぶん手術を受ける。今の状態では、一生ダイビングはできないことが発覚したので。幸い、現代では開胸せず胸腔鏡を使った手術になるので受けるダメージは少なく、3日〜5日間ぐらいで退院できる。
 海には再び入る、絶対に。

余談:
 世間一般では「潜る」と表現されるけど、私的には「浮遊する」のほうがずっと近い。大抵、着底している時間はごくわずかか、全く着底しないで流されているかのどちらか。浮きも沈みもしない、中性浮力という状態を保つから。
 もっとも、いったん入ったらしばらくは出てこれない or 上がってこれないのは事実だけどね。>潜る

April 9, 2007

fenneszと教授の

cendre / fennesz + sakamoto

 fenneszのアルバム2枚は以前、このblogに落としているのでそちらを参照。で、今度のは、そのfenneszと教授の合作(*)。fenneszの音数が少し減って、かわりに教授の緩やかなピアノの即興が入る。よって、耳 or 神経に障る音成分はそれほど含まれていないので、ある程度の大きさの音量で聴ける。そのままの解説ですまん…。
 とまぁfenneszと教授を聴いている人には容易に想像していただける通り、好きな人にとってはすこーんと入れるアルバム。逆にいえば、好き嫌いが分かれそうな気が。自身は好きです。普段、この種の音楽を聴いていない人にとっては、退屈以外の何物でもないでしょう。

 リンク先の教授の解説@amazonにあるように、最初fenneszから音ファイルが来て→教授がそれに合わせてピアノの即興を被せて送り返す、という作り込み方をしたらしい。11曲目、最後の曲だけが教授発。

 しかしレーベルがレーベルで、ある意味、驚いたんだけど。「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ」ですよ奥さん。時代は変ったんだねぇ…。

(*)
 前にもちらっと出しているが、こちらのほうがずっとお得。

January 17, 2007

System 7なぇう!(外国人風に)


The Art of Chill 3 mixed by System 7

 System 7は前に、Mirror System名義でambientな『Mirror System』も出していたり。なぜ「mixed by Mirror System」としなかったのかは知らない。まぁ単に知名度によるマーケティング的なことからだと思うけど。

 内容はvarious artistsで2枚組み全22曲。前出の『Mirror System』から引っ張ってきている曲も数曲入っている。気持ちはわかるけど、mix違い(*)とはいえ被るからそういうの止めようよ、というのは書いてはいけないことなのかもしれないどうなんでしょう。
 party peopleにはちょっと懐かしい(?)Platipusから。綺麗めな or きらきらした曲を多く出していたレーベル。
 トライバルな雰囲気の曲は少ない。あーば〜んなというか洗練されているというか、そういう曲のほうが多いです。が、全体を通してという視点で見ると、おされすぎではない。中庸あーば〜ん(*2)。うむこれだ!
 また、記憶では音数少ないという曲はほとんど無いかも。でも、うるっさいなぁ頼むよと思う曲も無かったはず。
 ということで、それだけ広い層に安心して聴けるmixed ambient CDでしょう。普段ambientや音響系とされるものを聴かない人でも、比較的聴きやすいと思う。別に貶しているのではなくて、裏を返せばそれだけ質は高いので念のため。でなければ第一、いちいち取り上げない。時間の無駄になるし面倒だ。

(*)
 実情はあまり変わらない、はず(うろ覚え)。

(*2)
 余談で、『Mirror System / Mirror System』は中庸あーば〜んより少しあーば〜んです。各曲のタイトルは風光を表しているのが多いが、全体的に音色はそうではない。イーノの言葉を借りると「石みたいに無表情な」。正確には「研磨された石」かな。

November 28, 2006

ヴェルファーレ・バナーからやたら書き


(クリックすると拡大画像を表示します)
 必死だな。mixiのバナーに出てきた。これだけでは芸が無いので。

2006年12月31日
 ↑じょんろびんそん。

2007年1月1日
 ↑SHINKAWA / YO*C / Q'HEYというのを久々に見た。もちろん、活動していて、自分が気に留めていなかっただけなんだろうけど。ハッピーハードコア(略してハピハコ…)なんていう脱力を誘う、よくわからん(*)ジャンル or 通称が存在していた時代の認識から、あまり動いていないという。
 一般人の認識なんてそんなもんです。これを読んだファンは怒らぬよう。あ、例えば
「Q'HEY氏がハッピーハードコアを主に触ってたとこの人、勘違いしてるよ」
 とか勝手に深読みしていちいち絡んだりメールを送ってこないように。うぜーから。認識はそこまで酷くないから。
 なんとなくTOBY氏をGoogleに入れてみた。だから怒るなって。←誰に

 少し他ジャンルの話になるけど、あの頃tranceのparty or open air partyはパワーがあったねぇ…。それとも、自身のベクトルがpartyから他へ移っただけなのか。おそらく両方だな。
 外側から見ていると、tranceのシーン自体がかなり前から「エレクトロニカです」という方向に行っているような気がする(正確にはエレクトロニカという単語が生まれる少し前から)。後発のトランス(サイバー? エイベックス? コムロ? パラパラ? デリッカー??)とかと混同されるのはもーほんと勘弁、というのもあるのかな。
 もっとも、古くからいる人々の傾向が、エレクトロニカとかテクノと呼ばれる音色、節奏に向かっているのが一番の大きな理由だろうけど。もしくはそれさえも飽きちゃって、ある意味、無ジャンルへというか(まぁこの傾向は昔からだったけど)。うーん、Return to the Source(*2)ってことか。
 とても長い目で見ると結論としては、full-on / upliftingとされる曲はすぐ飽きるってとこに落ち着きそう、ありきたりだけど。聞けて極々たまに。つーかうるさいよ。そうだこの手は「駅前パチンコ」と呼ぶのが良いのでは。仮に駅前パチンコでかかっていなくとも、雰囲気が出ていてとてもわかりやすい。パチンコ屋がある限りニュアンスは不滅です。
「あれ駅前パチンコだよ」
「駅前パチンコか」
 ほらわかりやすい。ジャンルを跨いでグローバルに使用可。

(*)
 そもそも矛盾してるだろ。

(*2)
 別に映画『The Matrix』で出てくる概念ではない。昔あったReturn to the Sourceに引っ掛けただけ。知らない人、モグリ、若者はここ(global-trance.co.uk)を読もう。ちなみに、日本でもReturn to the Source名義のpartyは行われたことがある。行っているから確かである。

October 19, 2006

Breaking and Entering / Underworld and Gabriel Yared

Breaking and Entering / Underworld and Gabriel Yared

 2大巨匠(?)、UnderworldとGabriel Yaredによる映画『Breaking and Entering』のサウンドトラック。iTunesニュースメール(なんて言うか知らん)で見かけたので、アルバムで購入してみた。外すことはありえねえっていう直観による(この種の作品はサンプルではイメージが掴みにくい)。iTunes Storeでアルバム単位で購入すること自体珍しいが(その場合、所有欲も手伝って普通はamazonその他でCD買う)、すぐフルで聴きたかったので。
 アコースティックがかなり混じるambientとして聴くことができる。ほぼノンビートで、思考も邪魔されないある意味邪魔される(どっち)丁寧に書かれた良質のアルバム。マスタリング的にも質感が出ていてよろしいんじゃないでしょうか。
 結論としてはあれです。ある程度以上のスピーカーで、かつ大音量で聴くことを推奨するアルバム。CD-Rにも焼いちゃったし、すでに結構ローテーションされている。

 映画はどうなんだろうねぇ。こういうのって、映画を観た後ではまた印象が変わったりする。幸か不幸かはさておき、意識野に具体的な映像が混じるようになる。ジュード・ロウか。パパラッチに撮られたフリチムの写真を、以前どっかで見かけたような気が。さらに加えると半包茎だったような…。彼の女性ファンは、そういうところに母性本能をくすぐられているのかもしれません。そうなのか?

参考:アンダーワールドが音楽担当!映画『Breaking and Entering』サントラ発売(CDJournal.com)

July 16, 2006

ギルバート・グレイプ


ギルバート・グレイプ

 最近、デッドマンズ・チェスト』のため目につくことが多いジョニー・デップ。今となっては公開から10年以上経った『ギルバート・グレイプ』を、なんとなく再び観た。
 地方の寂れた町に住む青年ギルバートの役を、ジョニー・デップが演じている。彼の家族は、知的障害を持つ弟(レオナルド・ディカプリオ)と過食症で「陸に打ち上げられたクジラ」と同然な母(夫に地下室で首を吊られてから病んだ)、そして2人の姉妹。その家族の面倒を毎日見ながら、なんとか経営が成り立っている小さなデリに勤めている。
 こう書くと、桐野夏生氏が多く出しているような救いがない、入り込んだ者を「よくある小説っぽさ」から徹底的に遠ざけてしまう極めて重い現実的な話かと思うかもしれない。けれどもこの映画は、祖母とトレーラーハウスで旅をしているベッキー(ジュリエット・ルイス)に出会うことにより、救いや未来がある話になっている。
 出演者は今観ると皆若いが(当たり前)、演技のほうはしっかり磨かれているため、こちらの点からも安心して観ることができる。比較的最近ジョニー・デップ or レオナルド・ディカプリオファンになった人は、また別の魅力に気づくでしょう。

July 6, 2006

情報デザインにまつわる話

取説の作成現場をとりまく環境(ラプラス取説研究所)

 これが書かれたのは1996年8月で、家電製品に関して酷いのは少なくなったとは思う。が、ちょっと専門性が高くなる精密機器やソフトウェアの説明書は、完全に技術者もしくは設計者の視点で書かれた説明書というか仕様書がほとんどだなぁ。情報はとりあえず載せておくから、もーユーザでなんとかしてっていうのがあからさまで(情報が構造的におよびユーザの視点で全く整理されていない)。情報すら掲載していないのもあるけど。
 説明書はその製品とユーザの橋渡し役となるだけではなく、製品と同様にメーカーを象徴するものになりうる場合が結構あるから、もうちょっと丁寧に作られてもいいんだけどね。

 唐突に「情報が構造的におよびユーザの視点で全く整理されていない」に関して。Webディレクター / デザイナーなんていうのをやっていると、一営業や一技術者が本人オリジナルのシバリで熱く書いた原稿を「Webに載せたい」と迫られる場面がある。そういうのって内容以前に文書作法(見出しとか)からしてよくわからんシバリで(もちろん内容もまずい。カオスが支配しているというか)、とても企業サイトの一部として掲載できるレベルのものではなく。そもそもターゲット(どういう人に見せるのか or 読ませるのか)から揺れていたり。
 これはまずい原稿だというのをどうやってわからせるかとか、こっちでもかなーり直さなきゃなぁなんて労力を考えると、もーげっそり。仕事だから仕方がないと言えばそれまでなんだけど。大工が家建てるのをめんどくさがってはいけない。そうだそうに違いない! :p

 あ、個人サイトに関しては好き勝手にやればいいんじゃない。趣味なんだし。
 自サイトもかなりごっちゃりしている。ただ、一画面に関係ないリンクてムこ盛りは避けているかも。

June 10, 2006

Wカップは

 Vカップの次か。パーフェクトなおやぢギャグ。
 えーっと。4年前は「やー次はドイッチェかー。長いなー」なんて思ったけど、こうして振り返ると本当に短い。また、あれから現在まで、自分が吸収してきたものは当時もちろん想像すらできていない。ぱっと例を挙げると、野生のジンベイザメなんて写真や画面の中のことと認識してた。
 4年先ですらよくわからないのに、10年先になると全くわからん。

 先は遠いが、振り返ると近い。

May 11, 2006

大御所の2枚

 音ネタ久々。久々音ネタ。どっちでもいい。


Okie Dokie It's the Orb on Kompakt / The Orb(from US)
オーキー・ドーキー・イッツ・ジ・オーブ・オン・コンパクト / ジ・オーブ
 Kompaktから出ているThe Orbのアルバム。ジャンル的にはアンビエント、エレクトロニカに少しディスコなんかが入り混じっている。キック入りの曲もある(決してうるさくはない)。
 The Orbは思わず笑っちゃうような冗談というかバカさ加減を曲に織り交ぜることが多いけれども、このアルバムではそういう傾向は希薄かも。成熟しているというか、いい意味で落ち着きを見せている。
 音色は手を抜いていなく、レイヤーをしっかり感じる。職人の域。
 日本盤は一曲多く入っている。

 どうでもいいけど、ダイビングではジャケットのようなOKサインを頻繁に使う。地上で使う親指を立てた「Good!」はほとんど使わない。なぜなら、「浮上しよう」or「浮上する」という意味になるから。<親指を立てた「Good!」
 体験ダイビングでも連発されると、ガイド&バディもたぶん迷惑だと思うので止めておきましょう。



The Equatorial Stars / Fripp & Eno
 2人の大御所、Fripp(ギタリスト@キング・クリムゾン)とEnoのユニットが、30年ぶりにアルバムを出してみましたよという作品。『赤道の星』というタイトル通り、アンビエントで静かなアルバム。派手に輝いているわけではなく、ひっそりと情熱を秘めて瞬いている(またたいている)星々といった印象。
 Frippの繊細で緻密なギターに、Enoの音色が絶妙に絡んでいく。永遠を感じるほど。

 何はともあれ、上記2枚は老獪の粋に達しているアーティストが出しているわけだが、決して古くはない。安心しても聴ける。

April 26, 2006

Riding Giants

Riding Giants

 映画館で観れば良かった、と久々に後悔した映画。
 非サーファーもサーファーもダイバーもカナヅチも、とりあえずは観ろ絶対に観ろ。話はそれからだ。
 という作品。
 情熱とか焼け付くような衝動とか、そういうものが綺麗に形になっている映画。ドキュメントなんで現実だけど。
 映像は理解あるスタッフにより撮影&丁寧に編集されているし、時系列で取り上げているのでサーフィンの史実なんかもよくわかる。無論、迫力は凄まじくある。
 観終わった後、サイトにある壁紙の意味もわかるようになったり。