October 18, 2004

宇宙人

 当然ですが、地球人だって宇宙人であって。宇宙の銀河系という銀河にある、太陽系の第3惑星- 地球に私たちはいます。思いっきり宇宙人だよおい。

 SFに出てくるようなヒューマノイドその他を宇宙人と呼ぶ(もしくはちょっと変わった人を比喩的に宇宙人と呼ぶ)のは、小学校での学校教育が良くないような気がします。どないやねん。
 上記のような使い方に出くわすと、「地球人(ホモ・サピエンス)だけが特別、たった一つの奇跡 or まとも」のような尊大な印象をいつも受ける(*)。
 または、変わっていることを全く表現できていないのでは、とこっそり思ってしまう。
 そう思うのだから仕方がない。

 辞書まで
───────────────
うちゅう-じん ―ちう― 2 【宇宙人】
SF などで、地球以外の天体に存在すると考えられている人間型の知的生命体
───────────────
 「地球以外」としてしまうところに、昔からものすんごい違和感を感じています。なんとかならんものか大辞林。ならない。

(*)
 なんかね、世界各地の先を見ない環境破壊や、紛争 / テロその他ごたごたも、ここらへんに繋がっているんじゃないのとちょっと思ってみた。←やっといいたいこと書けた。:D

P.S.
 「ちょっと変わった人を比喩的に宇宙人と呼ぶ」のを正しくやりたいのであれば、「異星人」でしょう。地球人とまるっきり同じ異星人が存在したらどないすんねん、というのはさておき。