April 29, 2009

ウイルスは菌にあらず

 新型の豚インフルエンザが人から人に、という状況が拡大しつつありますが。ニュースその他を見ていて思うことは、ウイルスと菌をごっちゃにしている人物が多いこと多いこと。当然、インフルエンザはウイルスによって感染→発病するわけだが、
「菌はこれからさらに広がりをみせるのでしょうか」
 とかもーね、お前ほんとあほかと。
 素人ならまだしも、公共の電波を使って芸能人、文化人、あろうことかキャスターまでものたまっていて、こういうときにメディアの程度の低さが勢いよく露呈される。しかも、ああいう人物に限って過去のゆとり教育を嘆いていたりするもんだから、余計に救いようが無い。

 いちおう書いておくが、ウイルス(Wikipedia)と(Wikipedia)は全く別物で、ウイルスに至っては非生物とされるぐらいだ。当然、風邪を引き起こすウイルスには抗生剤は効かない。風邪が長引いて抵抗力が弱まり、細菌に二次感染しているときには有効。
 ウイルスには通常、ワクチンを接種し、体に免疫を作らせることで対抗する。インフルエンザ・ウイルスには、タミフルなどの(やや)効果がある薬品もあることはある。