February 11, 2007

骨折記念日

 土曜(10日)の午後7時頃、棚の上の物を弄ろうとして、椅子に片足を乗せて→勢いよく蹴り上がった。回転する椅子だった…。手を何かに添えてやればいいものの全く気を抜いていたら、そのまま空中できれーいに足払いを掛けられて→ほぼ仰向けの状態に。思いっきり尻から床に落下したんだが、途中で右背中をそばの机角に気が遠くなるほど打ちつけた。
 あまりの痛さに脂汗はだらだら出るわもちろん呼吸はできないわで、まさに _ト ̄|○ 姿勢のまましばらく動けない。1時間ほど待ってもいやに響くばかりで、痛みは引かず。こりゃ骨、折ったわと素直に悟り、自分で車を運転して東邦大学大橋病院の緊急外来に行く(電話連絡は自前にしておいた)。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 右背中下部。これは病院に行く前、記念に(?)撮っておいた写真。冬で厚着しているのにもかかわらず、派手なあざになった。写真ではわかりにくいけど、擦過傷も無論できている。そして今はもっと赤黒い。

 診察&レントゲンの結果、
医者「肋骨、綺麗に折れてますね」
俺「あー、折れてますね」(素人目でもぱっきりいっている)
医者「24時間、このバンドをはめてください。痛め止め出しておきますけど、連休明けたらまた来てください」
俺「はい。ところでどれぐらいでくっつきますか」
医者「3週間ぐらい」
俺「あー、良かった」←何が
 ということだった。「良かった」というのはパラオ行けるからだよ。パラオまで1ヶ月以上あるので、余裕で治せますわ。大人しくしておく。潜水命。そこんところヨロシク。どこんところ。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 で、バンドで固めて過ごしておりまふ。写真は前から。こういうサラシみたいな、でも伸縮性があるバンドで固める。固めていると楽だけど、さすがに寝返りは死にそうな予感…。しゃっくりも。
 まぁネタにしてやったわ。落ちてもタダでは起きない。それと、これ保険、立派におりるなと思いつき、さっき事故報告しておいた。フリーダイヤル24時間受付。

今回の教訓:
 注意一秒怪我一生。
 やーでも脊髄を強く打つとかしなかっただけでも、良しとしておく。それは怖い。

February 1, 2007

ビンラディンと多肉

ビンラディン容疑者の義理の兄弟を射殺、物盗り犯行か」(CNN JP)
国際テロ組織アルカイダの最高指導者、オサマ・ビンラディン容疑者の義理の兄弟が31日午前、アフリカ南部のマダガスカルで武装グループの襲撃を受け、射殺されたことが明らかになった。〜
義理の兄弟のジャマル・ハリファ氏はマダガスカルで宝石業を営み、採取にも当たっている。最大30人にも達する襲撃グループは採取場を襲い、家屋の寝室にいた被害者を殺害したという。
─────────────────────────

マダガスカルのパキポデューム」(信州西沢サボテン園)
マダガスカルのパキポデュームは主に東側の雨林帯と西側の乾燥地帯の中間に生息しています。〜
この地でサファイヤが発見され小さな集落だったマランガは血走った人間が集まり無法地帯と化しています。一発掘り当てた黒人がうつろな目をして護衛にマシンガンを持たせ酒と薬とギャンブルに入り浸っています。
─────────────────────────

 一見関係なさそうだが、意外なところで点と点を結べた。恐るべしマダガスカル。

いちおう解説:
ビンラディン→義理の兄弟→宝石業→サファイヤ→マダガスカル→パキポディウム→多肉
 逆も可。
多肉→パキポディウム→マダガスカル→サファイヤ→宝石業→義理の兄弟→ビンラディン

余談:
 パキポディウム(エブルネウム)の写真は自前です。:D

余談2:
 マダガスカルとは関係ないけど、太平丸類(写真。これはアリゾナ産)の輸入球が最近、日本に多く入ってきたらしくよく見かける。産地が記されていない株も、強い刺からしておそらくメキシコ産でしょう。雷帝と呼ばれるもの。環境が良かったようで、特豪刺だが傷は無く、綺麗な株が多い。
 すんごい欲しいけど、ダメだ今そんなに金使えん…。お値段3万円〜8万円ぐらい。うーん、そろそろパラオに備えないと。
 と書きつつ、やはりこの機会を逃すと当分お目にかかれないだろうから、さっき頼んでしまった。:D 今回は直接取りに行く。
 やー4月からの転職に成功した、自分へのささやかなプレゼントです。えへ。つーか、結構きつくなるささやかなプレゼントって…。