July 27, 2009

最強の日焼け止め伝説

 日焼け止めを使う人には理解してもらえると思うんだが、乳液タイプは確かに長持ちしやすい。が、がびがびになったり白く粉をかなり吹いたり、完全に下地としてか考えてないでしょこれっていうので占められているんですわ。
 なんで日焼け止めを使うかというと、たとえ海外でダイビングってときでも焼かないからだ。別にあまりにも細いもやしっ子という訳ではなく、焼くと刺青が抜けやすくなるのと(実際、頻繁に焼く人の刺青はぼろぼろだ)、元々色白のため汚い肌にもなりたくないんですわ。
 いちおう、最低限の筋肉は付いているので念のため。>細いもやしっ子という訳ではない
 殴り殺すぞ。どないやねん。というかキックやってるから蹴ったほうが楽なんだが。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 上記の写真は最近、全身にじんましん出したとき(原因は不明)に記念撮影しておいたもの。


メンソレータム®サンプレイ® クリアウォーターb
 話を戻す。で、いい日焼け止めをみつけた。乳液タイプだが本当にさらさらと伸びて使いやすい。がびがびに白くなるということもない。もちろんSPF 50+/PA+++。そしてきちんとパッケージに
汗、水に強い耐水性
米国FDA基準によるテストで「高い耐水性」を確認しています。

 と書いてある。
 やー今年の夏はこれを使おうってもう夏なんだけど。9月のモルディブ、ダイブ・サファリ(クルーズ)でももちろん使う予定。
 こういうものは9月に買おうとすると店頭に全く無かったりする。成田じゃ種類限られているし、海外現地調達でよくわからないの使いたくないし。