July 17, 2019

物的証拠


(クリックすると拡大画像を表示します)

ゴゴゴ…
 床に散乱していたトイレットペーパーから拾った。普段は反応しないけど、この日は特に興奮していて→あふれるパワー(^^)がトイレットペーパーに向かったようです…。

SONY α9 + FE 90mm F2.8 Macro G OSS, F4

July 13, 2019

キアナ


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

SONY α7 III + FE 135mm F1.8 GM, F1.8

July 6, 2019

キアナ


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 1枚めと2枚め、RAWだと雰囲気が違うのがよくわかるんだけど、理由は1枚めは瞳の中に映っている離れた像にピントを結んでるため。2枚めは瞳自体にピントを結んでる。α7 IIIとレンズの精度で、人でもたまに起きます(Rはどうかわからない)。

SONY α7 III + FE 135mm F1.8 GM, F1.8

June 27, 2019

ポケモンGO


(クリックすると拡大画像を表示します)

 1週間前ぐらいの通勤途中でTL40ちゃいにようやく…。リリース1年後ぐらい(?)から結構見かけてたけど、しかし長かった。余談で、ポケモン交換する人いなくていまだにスペシャルタスクの「ポケモンを交換する」が止まってる…。

 リリースから約3年。その間、母が亡くなったり、その1年後に愛猫が急に逝ったり(母も急だったけど)。リリースの時は皆元気だったなという思いなどがあって、それらが今でも続けてる理由の一つ。

June 24, 2019

ウトウト…


(クリックすると拡大画像を表示します)

SONY α7 III + FE 135mm F1.8 GM, F1.8

May 24, 2019

ワンデーアキュビュー


(クリックすると拡大画像を表示します)

 早退して眼科に。左目だけ0.4に落ちてた。運転やフライトで見えにくいはずだわ…。右目は1.0。休日は片目だけ使い捨てコンタクト入れる。モイスト以外にお試しで他のもいくつかくれた。
 今、裸眼でないほうが視力出てる。1.2ぐらいまで出てるんじゃないか? :D

 レーシック受けてからコンタクトとは疎遠になってたけど、ワンデーだけでも今こんなに種類あるんだな…。オアシスが別格って感じ(値段的にも)。たぶん、次回はトゥルーアイにして、そのまま落ち着くんじゃないかなぁ。

SONY α7 III + FE 90mm F2.8 Macro G OSS

May 10, 2019

キアナ


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 実家で迎え入れた保護猫ですよ。NPOが運営する保護猫施設→都内の保護猫カフェから。元々は山梨で保護されたらしい。キアナは保護猫施設からつけられていた名前で、ハワイ語で「月の女神」を意味する。いい名前なのでそのまま。
 小柄な♀(約1.5歳。推定2017年10月生まれ)なんだけど、先代ががっちりしたアメショだっただけにより小さく感じる。猫が嫌いでw、保護猫施設&カフェでは神経を疲れさせることがあったみたい。一人になった今、迎え入れられて2日目でスリゴロ全開にしてた(初日は探検とスリゴロの繰り返し)。
 徐々に猫らしく落ち着きを取り戻し、鳴かなくなり、寝る時間も増えてきたようです。これからはゆっくりしてね。激変した環境を何度か経験し、まだ短い猫生だけどかなり苦労してきたはず。顔立ちは目が大きく綺麗だけど、サビは日本では人気がなく、保護猫カフェでは初期メンバーなのに里親が見つからなかった経緯もある。トイレは初日からきちんとしてたし、性格も人に甘え問題無いんだけどね。

 カメラでの捕捉自体は、SONY α7 IIIでAF-C、フォーカスエリアをワイド+動物瞳AFで楽に。1枚目は暗い階段で撮ったから、ISO 51200まで上がってる…。
 (人&動物)瞳AF載ってるミラーレスは、ファインダーの端の方でも、開放で瞳にガチピンで引っ掛けられて楽。135mmぐらいの開放、近距離の被写界深度の激薄さだと、中央で合わせフレーミングだとまずピンズレする。エリアオート(レフ機でエリア広めのモード)でフレーミングでも、ズレる可能性高いはず。
 あとそれ(ピント合わせてフレーミング)だとAF-Sにせざるをえなく、AF-Cできないよね(今回はAF-C)。

 SONY FE 135mm F1.8 GMは現状で最強の猫レンズ。:D
 ボディはα第3世代、しかしRよりも無印のバランス機がお勧め。なぜなら猫の瞳が大きい暗所で撮ることが多いから。α9にも夏に動物瞳AF載るけど、フリッカーレスじゃないのと貧弱なメカシャッター考えると、無印7 3が一番成績いいんじゃないか?

SONY α7 III + FE 135mm F1.8 GM, F1.8

February 11, 2019

福島県南相馬市小高区浦尻、井田川周辺 2013年1月2日


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 当時、一般人が最も原発に近づけた地域。海側は写真の通りだった。波と風の音。鳥の鳴き声。
 今は防潮堤の工事が進んで、道も綺麗に舗装されたようです。今行ったらどう思うだろうとふと。
 関連含めたまとめは「福島県南相馬市 避難指示解除準備区域」にあります。

twitterの絡みで下記3枚、新たに現像、追加(2019/2/11)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 (海からある程度離れている)6号からでもこのような状態だった。
 南相馬市は多くの方が亡くなっている。原発事故のため捜索が遅れに遅れた地域でもある。
 自分が行った時も、真新しいお供え物がぽつんとあった。親族が大晦日か元旦に、亡くなった場所にお参りに来たのだろう。
 自分も母を亡くしてわかったけど、近い血縁の死は忘れられるものではなく、何か別のものでなんとか覆い隠していくもの。

February 8, 2019

インドの青鬼


(クリックすると拡大画像を表示します)

 癖になる人はなるインディア・ペールエール。売ってるところ微妙に限られて、最近飲んでないからAmazonで勢いで箱買い(24本)してしまた。アルコール飲むの休日だけなんだけど…。(-_-;)

Nikon D5 + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

December 21, 2018

Dragonite


(クリックすると拡大画像を表示します)

 Pokémon fitシリーズ公式の。ぬいぐるみ Pokémon fit カイリュー
 カイリュー is カイリュー. ポケモンGOがリリースされた夏、暑い日中や涼しくなった夜に目黒川でミニリュウを捕獲等々、あの頃は母も愛猫も存命だった。カイリューはそんな記憶を多分に含んでる。
 Nikon D5、レンズはAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDでF2.8。

May 8, 2018

人に話せるということ

 本当に辛いことは、時間が経てば都合よく忘れたり忘れられたりしない。楽しいことや嬉しいこと、美しいことで、なんとかやっと、どうにかして覆い隠していくもの。
「旦那は子供に青い服を着せるのを嫌がる、理由は発見した幼い遺体が青い服を着ていたから」
 という東北の震災時、捜索にあたった自衛官を夫に持つ同僚が、某職場でいた。その人も
「忘れられないでしょ。たくさんの楽しいこととかで埋め合わせていくものでしょ」
 と言っていたのを思い出す。

 いい大人でも「話せば楽になる」という思い込みがあるのか、普通に質問してしまう人は多いが。そういう場合、当人たち(答える側)は冷静だったりぞんざいな態度を取る。単純に、本当に嫌な出来事からなるべく距離を置きたく、思い返したくもないから。相当めんどくさがられてるので、気をつけよう。
 好奇心から聞くバカは論外な。まずはお前が死ねとしか。
 当人たちは誰なら普通に話せるんだろう。たぶん、同じような経験をした人とわかった時だけ(それでさえ嫌なケースも無論あるだろうけど)。そうでない場合(ほぼ誰にでも話せる場合)は、乗り越えて話せる段階になったってことです。そもそも本当に辛い経験ではなかった可能性もあるけど。

May 3, 2018

梅 2018/5/3


(クリックすると拡大画像を表示します)

 母が残した梅、剪定して気がついたけど、今年は実が結構ついてる。去年はならなかったんだけど。もちろん、春先に花が咲いてたのは見ていた。
 Nikon D500、レンズはAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。

January 23, 2018

サリィが亡くなった

 2018年1月21日の晩、近くの実家で飼われていたサリィが亡くなった。享年13歳。誕生日は2004年9月11日。
 昨年12/29あたりから急に調子を崩し、年明けて救急含め何度か通院、1泊入院もしていたが、回復は見込めないため、引き取り最後は酸素ケージを自宅に用意。姉と姪、自分に看取られて逝った。
 母にも可愛がられていたので、もし霊魂の世界があったらもう一緒にいると思う。楽になったはず。ただ、母が亡くなって1年と少しというのもあり、生きてるほうは正直かなり辛い。どうでもいいことして気を紛らしてる。
 体は丈夫なほうで、20歳近く生きるんじゃと思ってた(実際、死因になった臓器以外は比較的状態が良かった)。肺全体に影があり(そして一部濃い)、細菌性ではない肺炎もしくは腫瘍が疑われたが詳細はわからず。組織等をさらに検査に出していて、結果が出るのを待たずに…。


 この写真が一眼で撮った最後になってしまった。病院や他人が本当に大嫌いな子で、怖くて痛い思いさせてごめんね。

2018/1/24追記:
 亡くなったサリィの詳しい組織検査等の結果、23日の晩に出てきたんだけど。肺がん、炎症は肺全体に広がってレントゲンで肺全体を白く見せてた、かつ溜まった胸水もそのため、だった可能性が高いとのことだった。
 亡くなるまで咳とかは全くなかった。調子を崩してから呼吸は苦しそうだったけど(本当に'17/12/29ぐらいから)。死因がほぼはっきりしたのと、もう救急などに連れて行かず、やはり家で看取って良かった。

January 22, 2018

Snowing...


(クリックすると拡大画像を表示します)

 追加で。↑こちらは22日の晩、降雪が少し収まってきたのを見計らって出て、23時ぐらいにNikon D500で撮影したもの。
 手持ちで、レンズはTAMRON 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLDでF3.8(撮影時の焦点距離で一番開放のはず)。スピードライト使用。D500はこうパパッと撮るのに本当に向く。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 降雪2018/1/22。相当降ってる(これが公開される頃には過去形か)。
 Nikon D850、レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR + ソフトフィルターで、F2.8。スピードライト使用。

December 31, 2017

2017年

 今年は、去年11月に亡くなった母の死を乗り越える年だった。無論、まだ慣れないけど。慣れないというか適切な表現がみつからない。
 来年のことは来年にならないとわからん。