August 14, 2016

パラグライダー高高度飛行 白馬エリア 2016年8月まとめ


パラグライダー高高度飛行 白馬エリア 2016年8月まとめ

 さっそくSONY HDR-AS300に活躍してもらってます。(^^) 雲の合間からテイクオフ→ソアリング→ランディングという流れでざっくり。
 自分より高度が高い人がたくさんいることからわかるように、リッジソアリングに比べサーマルソアリングは難しい。まだまだこれから...。1年後、再び行けたら、より高く飛べるようになっていることを思った。また違った光景が観られるように。

August 9, 2016

SONY HDR-AS300 初テスト

 SONY HDR-AS300をパラグライダーで使ってみた。というかその用途で買ったんだが。電池の持ち具合等々を知るために、まずは軽くテストで。


パラグライダー高高度飛行 筑波エリア 2016年8月某日

 YouTubeの説明文にもあるけど、このフライトは到達高度830m、飛行時間は50分。風が強めかつ荒れ気味で、離陸場で腹を減らしつつ夕方まで待ってテイクオフ、アーベントに。上空は長袖Tシャツ&Tシャツで調度良かった。
 (恒例の?)17時少し前の、地上からの無線「そろそろ下りましょうか」で下りた。

 使ってみて思ったことは、
・このカテゴリのビデオカメラは色が褪せる傾向があるけど、空のグラデーション等々まで意外と綺麗に撮れる。
・電池容量を気にしてかなり細切れで録画してみたが、そこまで神経質になる必要はないかも。
(いずれにせよ、録画ボタンを押すと「電源オン&録画開始」設定にしておくと良し)
(ロング・フライト1、2本全てを収められる電池容量はない。マイクロSDメモリ的には余裕で入るけど)
・テイクオフ(走るし)はじめ飛行中も結構揺れるのだが、ブレはかなーり吸収されてる。こんな滑らかな乗り物ではない。(^^)
・空間光学ブレ補正の恩恵で、画角広い(ソフト的に処理すると狭くならざるをえない)。
・雲台の角度は要調整。(-.-;) 飛行中、ネジ緩めて(略)と一瞬考えたが、やはり止めておいた...。

 ということで、GoProのシェアを十分に食える機材でしょう。国産メーカーというのも大きい。
 たまにあるWebメディアの屋外取材などにも、機動性を活かしつつ十分耐えうると思う。