March 28, 2017

Tillandsia tectorum 2017/03


(クリックすると拡大画像を表示します)

 生きてますよ。
 調べたらうちに来たの2008年7月。この株、ジリジリ大きくはなってるけど開花、子吹きもしない。(-_-;)

March 26, 2017

ドラゴン殺し


(クリックすると拡大画像を表示します)

それは剣というにはあまりにも大きすぎた。ぶ厚く重くそして大雑把すぎた。
それはまさに鉄塊であった。

 (ベルセルクの)でなくてSmith & Wessonのfixed blade。仕上げが少し凝ってるだけ。大きさも普通。鋼材は8Cr13MoVで、ハンドル材はG10。別に高いナイフではない。Smith & Wesson SWF603

March 23, 2017

D750のスロット、RAW+JPG、DNG Converter、DNG Codec、NEF Codec


(クリックすると拡大画像を表示します)
 D750のスロット、2枚のカードを使ってスロット1にRAW、スロット2にJPG書き出し、という使い方ができるのを先日知るなど(よって、スロット2は容量大きくないあまりもんのカードで十分)。Nikon系で2つスロットがあるカメラは、ほとんどがそうなってるんだろう。説明書読まないとダメだね...。
 この場合、スロット2のJPGを削除しても、スロット1のRAWには影響しない。
 RAWだけで撮影はまれにファイル壊れてることがあるので、止めておいたほうがいいようです。バックアップの意味もある。>JPG

関連:
 各社勝手に出してるRAW形式を、より汎用性が高いDNGに一括で書き出すツール。DNGは可逆だがファイルサイズが若干小さくなる、編集時サイドカーファイルを別で作らないなど、他にもメリットがある。古いPhotoshopを使っていて新しいRAWを開けない、といった場合もDNGに変換は有効。Adobe DNG Converter 使用方法
 DNGのサムネイルをWindowsエクスプローラーでも表示。DNG Codec for Windows
 NEF(NikonのRAW)のサムネイルをWindowsエクスプローラーでも表示。NEF Codec


 話飛ぶけど、紙含めAdobeはデザイン、画像編集、レタッチの分野で長い歴史があり、業界では標準でもあるので、一カメラメーカーが出してるソフトを今さら触る気にもなれん。
 何はともあれ、各社勝手なRAWファイルというのはユーザーにとっては本当にデメリットでしかなく、各社自ら首を絞めてる。

March 19, 2017

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


 Nikonの標準ズームで、値段、重さ、長さ全てにおいて最高峰に位置する、のをいってた。夏頃に出ると噂されるSIGUMA 24-70mm F2.8 DG OS HSMとかでも、どうせあーだこーだ悩むんだろうし(で、結局買って...)。めんどくせー孤高の純正持っとけばふーんで終わるだろ! さっさとこれで撮っとくわ!!となった次第。
 なので、SIGUMA 24-105mm F4 DG OS HSMは手放した。いつまで持ってても意味無いし、使わないだろうし。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
(右はキットレンズ24-85mm f/3.5-4.5)
 テストは一通り終わってる。
・ずば抜けた解像力や、フルサイズを活かす圧倒的な描画(ダイナミックレンジの広さ、鮮やかな色調の豊かさ、立体感等々)
・優れた光学性能
・爆速なAF
・旧型と違い手ブレ補正の恩恵
 などは散々語り尽くされている感があるので、このblogであえて言及する必要が無い気がしてきた。(^^) AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR レビュー


 少し離れたポストカードを広角端24mmで撮影→100%で切り出し。もちろん、きっちり解像してる。そのうえで、歪曲や収差、周辺減光はかなり抑えられてる(無論SIGUMA 24-105mm F4 DG OS HSMよりもずっと)。あとf2.8なので当然明るいし、表現の幅も広がる。ボケもズームレンズの中では優秀。
 純正なのでボディ側できちんと認識、処理される相性の良さも安定感に繋がる。ニコンプラザにレンズ、ボディともすぐに直で持ち込めもするし。
 D810で丁寧に撮ると描画凄まじそう。自分は重さで、考えただけでも心が折れる...。(-_-;)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 デメリットはやはり重さ(約1070g)と長さ(154.5mm)※。1日持ち歩く or ほぼ無目的にほっつくみたいな用途には「まず向かない」。その用途ならキットレンズや単焦点、マクロレンズのAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDなどを付けるのが無難かと。あとはAPS-C機に高水準のレンズとかね。
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、出かける前にある程度は撮る対象が絞られてるとか、スタジオなどで使うレンズでしょう。移動はカメラバッグのみでとなる。


 ただ、最大経(約88mm)がほぼそのままどーんと筒になってるレンズではないので、持ちやすさはSIGUMAよりいい。レンズ構成図

March 18, 2017

シクラメン、クリスマスローズその2


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 これらも母の遺品。シクラメンとクリスマスローズその2。クリスマスローズも交配がかなり進み、花(草姿含め)色々だ。

March 17, 2017

SIGUMA 24-105mm F4 DG OS HSM


 標準ズームの最高峰、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRをニコンプラザで試してから、うーんキットレンズから変えたい、フルサイズ本来の描写を出したいとフツフツと思い。D700、800系での評価も安定してるし、SIGUMA結局いっちゃいました...。(-_-;) SIGUMAはDXでブタ掴んだからかなーり悩んだ。
 結論から書くと、広角側、望遠側でもキットレンズよりずっっと解像力が高い。テストで撮って背面の液晶で拡大した瞬間に、おかしな話だけど(フルサイズのレンズだ)と思った。PCで100%で見てなおさら思ったのと、(君合格!)と追加で思いましたね。>誰
 以下はキットレンズ、AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRとの比較。少し離れたところにあるポストカードをほぼ同条件で撮影。両方とも24mm広角端で100%の切り出し、それ以外は無加工。


↑AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 24mm


↑SIGUMA 24-105mm F4 DG OS HSM 24mm

 PCだとよくわかる。キットレンズ、何枚か撮って良いのを選んでもやっぱり眠い。これでもニコンプラザでピント調整してる。反対にSIGUMAはデフォルト。
 描画は豊かかつ鮮やかで、典型的なSIGUMAの寒色系に寄ってる訳ではない。コントラストはしっかりある。Nikon典型から温かみを少し差し引いた感じ。
 AFは普通に速く静かに決まる(大三元の爆速ほどではない)。手ブレ補正もきちんと効く。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
(右はキットレンズ24-85mm f/3.5-4.5)
 重さとデザインも手伝って、砲弾とかドイツ製兵器の雰囲気。ただ、デザイン自体は落ち着いてて、高級感もあって正直、純正よりも凄くいい!

 デメリットは重い...(885g)。1日持ち歩くのは自分だったら辛いはず(やらない)。フィルター径82mmと太くなるが、これは大口径なんで当然。
 Nikonユーザーにとってズームの回転はもちろん(?)逆。
 開放での周辺減光が意外とある。歪曲は若干(ズームレンズの平均レベル)。
 あとDXのレンズでもそうだったけど、撮影した画像が液晶に出っぱなしになる。シャッター半押しなどで復帰可。

 とデメットもあるが、「相当」満足してる。現状、キットレンズ以上の描画を純正で求めるなら、いきなりAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとなって、高い、重い、長いと三拍子揃う訳で。この24-105mm F4 DG OS HSMは、Nikonユーザーは選択肢に入れざるをえないレンズかと。
 f2.8通しでなくていいからキットレンズと大三元の中間の、手ブレ補正載った新設計の標準ズーム、純正から出ないかなー...。Nikonさんお願いいたします。m(_ _)m

March 15, 2017

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR試した

 D750のキットレンズ、距離を取ると眠いなと思って、ピント調整しにニコンプラザに行った。2時間ほどで調整は済む。ちなみにレンズ、ボディともにズレてた。(^o^) もちろん保証が効いてタダ。何はともあれ高い機材ではあるので、おかしいと思ったら最初に調整してしまうのが、精神衛生的にもよろしい。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 で、ニコンプラザは現行のレンズを自分のカメラで全て試せるんだけど、実売21万超えの孤高の(?)標準ズームレンズ、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRをピント調整終わったD750で試してみた。↑はiPhoneで適当なので念のため。

 撮って背面の液晶で確認した瞬間に
「すげえな」
 と小声出ましたよ。単焦点並みの解像力があっさり出る。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 これ、発光禁止オートでほんと適当に撮った写真。Web用に縮小してしまうとわかりづらいが、解像力凄いですマジで。3本ぐらいの単焦点がこの1本にまとまってる感じ。もちろん、単焦点より柔軟性あるけど。
 やー21万超え、かつ長い&重い(約1kg)のレンズ、だけどこれは欲しくなるわ...。

March 14, 2017

D750 簡易AFテスト

 面倒なので手持ちで。(^^)
 わかりやすいように縮小&中心部分をトリミング。


(クリックすると拡大画像を表示します)
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
24mm


(クリックすると拡大画像を表示します)
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
85mm

 マクロレンズもやってみましょう。


(クリックすると拡大画像を表示します)
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
 縮小のみ。トリミングしてない。
 右下が暗くなってるのは、単純に左上から照明が当たってるため。


(クリックすると拡大画像を表示します)
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
 100%をトリミング。
 マクロレンズの解像力はウケるほどさすがというか。(^o^)

 どちらも今のところ問題無さそう。距離を持った対象とのAFはまた別になるけど。

March 13, 2017

Nikon D750, AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


 もしフルサイズに手を出すなら、D750あたりの後継が出て→D750が値崩れした時か、Nikonがフルサイズのミラーレス出すときかなーとは思ってたんだけど(※)。ついカッとなっていってしまった...。我ながら先走りすぎ。(-_-;) なので、D750の後継が出てもスペック的には後悔しない。ただ、もっと安く買えたのにとは後悔すると思う...。これから暖かくなるしさー。花も色々咲くしさー。


 最新の情報ではD750後継機は年末以降で、ミラーレスに関しては'17年中は動きなさそう。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 D810は自分にはオーバースペックで(重さ、大きさ、ファイルサイズ、値段的にも)、D610はフルサイズなのに全く魅力を感じない、その中間のD750がマジでちょうど良い! あの価格帯では評価もかなり高いし、Wi-Fi、チルト式液晶が載ってるし(タッチパネルではないが)、とダラダラ考えてたら→ええーいと...。
 レンズキットで24-85mm f/3.5-4.5のを選んでる。24-120mm f/4はあまり評判良くないのと、D750がさらに重く&でかくなるので。望遠の必要性があったら、D5500で望遠レンズ付けて撮る。


 初めからマクロレンズ、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDは揃えといた。無論、普通に単焦点としても使う。解像力はズームレンズよりずっと高いし、使い勝手もいいので。標準ズームとともによく使うことになるはず。レンズはこれら2本体勢で。
 DXの時みたいに、標準ズームレンズの上を見ないように注意しないと。純正だとAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRになって、実売約20万超え、長い&重さ約1kgとなかなか死ねる...。SIGMAで24-105mm F4が出てるけど、DXの時にブタ掴んで正直いいイメージが無い(返品してる)。「解像度は正義」ってピンズレしてたら全く意味ねーだろ。w Artシリーズで発売日未定になってる24-70mm F2.8は興味あるけど、買った人のレビューをしばらく様子見かなー。でも結局、ズームの回転は純正と逆なんだろうな。あと相性あったり。

 D5500をサブにしてというのはなく、どちらも一長一短なので併用する予定。D5500のあの小ささ&重さであの描写はやはり素晴らしいし(このblogにも落としてるが、レンズは16-80mm f/2.8-4に替えてる)。解像力自体はローパスフィルターレスも手伝って、D750(フルサイズ)と変わらない。あとやっぱりタッチパネルって便利。
 ただ、D750(フルサイズ)は、ダイナミックレンジの広さ、色調の豊かさなどはD5500(APS-C)よりもちろん相当優る。その分、諸々が重くなったりでかくなったり高くなったり...。

March 12, 2017

シクラメン、クリスマスローズ


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 母が遺したシクラメンが花をつけてる。花びらが縮れる変わったタイプだった。一部が白飛びしてるように見えるのはその通りで、花びらには白も少し混じるから。
 2枚めはこちらも遺品のクリスマスローズ。

 両方ともAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gで。朝方、出社する前、鉢を動かすのも&ファインダーを覗くのも面倒で、ライブビューでバシャッと。普通に撮れてた。(^^)

March 10, 2017

Contemporary Architecture


(クリックすると拡大画像を表示します)

 夜景ほど広角でないのを、「艶景色」と自分の中で勝手に呼んでる。
 レンズはAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRで。

March 6, 2017

小型ハオルチア 2017/03/04


(クリックすると拡大画像を表示します)
妖精


(クリックすると拡大画像を表示します)
白帝城


(クリックすると拡大画像を表示します)
万象(M9ジュニア)

 ここらへんもかなり年月食ってるけど、あまり大きくならない。
 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gで撮影。フォーカス範囲外から綺麗にとけ始め、端に行くほどその傾向は顕著になる。しかしマクロレンズってとっても植物向き。(^^)

March 5, 2017

Spiral


(クリックすると拡大画像を表示します)

 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gで。まだまだ寄れる。

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

・単焦点(35mm判換算:60mm)+マクロ(最短撮影距離:0.163m)ができる。
・解像力がとても高く、色収差、歪曲、周辺光量落ちなどがずいぶん低く抑えられていて光学性能は優秀。
 ということで、単焦点として出ている35mm f/1.8より評価が高いのもあって、こっちにした。それと35mm f/1.8は、テーブルの上のものを「サクサク」撮るといったことがやはり逆に苦手になるようで...。f/1.8=被写界深度がかなり浅い(ピントが合う範囲がかなり狭い)ため、結局f値を上げる必要がある。
 描写はくっきりシャープかつ鮮やかで、フォーカス範囲外の部分は、ズームレンズより無論かなり綺麗にぼける。マクロはレンズの数センチ先まで寄れるので、気をつけないと汚す or ぶつける(ピントはシビアになっていくので念のため)。
 距離的にはマクロ~スナップと広い範囲で活用できて、軽いのも手伝って使い勝手は良し。ただ、手ブレ補正は載ってないので、暗い(シャッタースピードが遅い)時には注意。三脚使いましょう。
 風景だったら自分は増やしたAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRを素直に使う。広角は欲しいのと、足ズーム(?)で調整は大変、そもそも物理的に無理な時もあるし。あのレンズも描写は相当いいので。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 左側が40mm f/2.8、右側はキットレンズで付く18-55mm f/3.5-5.6。キットレンズより若干大きくなる。40mm f/2.8はフードとソフトケースは付いてくる。

 今回、買った付属品。
ニュートラルカラーNC 52mm