May 30, 2017

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 買ってしまった...。ええ、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(以下、大三元)持ってますが何か(写真右側)。AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRは、F4通しの俗に言われる小三元。大三元より当然下位になる。
 大三元より劣っている点は以下。
・歪曲、開放での周辺減光、周辺の甘さなどは大三元ほど抑えられていない(絞ったり、歪曲などは現像時に楽に対応できる範囲)
・AFは普通(普通に速いという意味。大三元ほどの爆速ではない)
・当たり前だが、F2.8~F4未満の、ボケの表現はできないもしくはシャッタースピードは稼げない


 少し離れたポストカードを広角端で撮影。jpgで、100%で切り出し以外は無加工。
 このように中央の解像力は大三元とほぼ変わらない。きっちり解像する。等倍で周辺を比べればなんとなく分かる感じ。

 大三元より優れている点は以下。
・軽い。小三元=約710g 大三元=約1070g
・短い。小三元=103.5mm 大三元=154.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
・70mm以降のちょっとした望遠(120mm)まであり、より汎用性が高い


(クリックすると拡大画像を表示します)
 で、この大三元より軽い、短いというのが「かなりのメリット」。取り回しが楽になるし、大三元はカメラバッグ必須になるけど、小三元はセミソフトケース CF-DC4とかに入れてぷらぷらできる訳で。荷物多い時とかも、(16-80mm f/2.8-4E ED VRつけた)APS-Cにしとくかーというのが→小三元つけたフルサイズで、となる。この、フルサイズを持ち出す機会を増やしたかったのが一番大きい。小さい標準ズームではAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRがあるけど、逆光耐性が無かったり(ナノクリではない)、焦点域が広くない割には解像力は低かったり。(-_-;)
 腐っても純正小三元なんで、バランス良くまとまってる。気合い入れてとか夜景はもちろん大三元の出番だけど、普段使いは小三元のほうが使いやすい。これが重いという人は、大三元には手を出さないほうが良いかと(というかズームレンズに向いてない。フルサイズのまともなズームレンズはこんなもん)。
 備考で、2010年発売のレンズなので、近い将来、新設計のレンズが出る可能性は多分にあり。なので、今回は珍しく中古にしておいた。下手にヤフオクは使わず、1年保証、2週間初期不良交換期間ありなマップカメラの美品から、さらにうんうん選ぶ感じで。

 余談で、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM(885g)を一時だけ持ってたけど(すぐ手放した)、中央の解像力のみで、相性あるしズームも逆でと、今思えば一芸というレンズだった。自分はNikon的色味も含めて純正小三元のほうがいい。

※大三元と小三元持ちは意外と多いっぽい。やはり普段使いは小三元で、きっちり撮る時は大三元でと使い分けてる模様。

May 24, 2017

パラグライダー高高度飛行 筑波エリア 2017年5月某日


パラグライダー高高度飛行 筑波エリア 2017年5月某日

 夕方近くになってきた頃。この日はリッジが渋く、沖に出てまったりまったりサーマルソアリング。風向きは南~南東。
 高高度飛行は'16年10月23日以来で、実に約7ヶ月ぶり。その間、本当に色々あった...。

 空間光学手ブレ補正(SONY HDR-AS300)で、結構揺れる乗り物が滑らかに飛んでるように見えるというのは前に書いたけど。並のビデオカメラだとこれだけ太陽入るとホワイトアウト→ブラックアウト→回復まで時間かかるんだけど、ウェアラブルカメラの類は全然平気だ。

May 23, 2017

沈む日とグライダー 2017年5月某日


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 パラグライダーのエリアで。1枚目の飛行機はたまたま通った。
 APS-Cで、レンズはAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

May 17, 2017

サラセニアの花


(クリックすると拡大画像を表示します)

 食虫植物、サラセニア(Sarracenia)の花。毎年、かなり長く持つ花をつける。
 北アメリカ原産なので、関東では屋外越冬可。雪被っても放置してる。遮光も必要とせず、水切れさえ気をつければ(湿地に自生する)管理は非常に楽。サラセニア科の中でも草姿いろいろ。
 APS-Cでレンズは AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gでさくっと。トリミングとかもしてない。

May 14, 2017

露出ディレーモード(ミラーアップ撮影)、リモコン、etc.

 Nikonのカメラには露出ディレーモードがあるのを(フルサイズだけでなくAPS-Cにもある)、比較的最近知りました...。セルフタイマーはシャッター全押し→設定秒後に→ミラーアップ&露光となるけど、露出ディレーモードはシャッター全押し&すぐミラーアップ→1~3秒後に露光となる。
 なので、露出ディレーモードのほうがセルフタイマーよりブレ(ミラーショック)を抑えられる。レリーズモードでミラーアップ撮影の場合、実際はケーブルかリモコン使う必要あるけど、露出ディレーモードは必要無い。「カスタムメニュー」にある。


(クリックすると拡大画像を表示します)
(大きさ比較で綿棒も入れてみた)
 まぁリモコン自体、1000円台から純正のが買えるんだけど(ML-L3)。露出ディレーモードはリモコン忘れたーって時にも使える。
 リモコン(ML-L3)だとD750の場合、「静止画撮影メニュー」 > 「リモコンモード設定(ML-L3)」 > 「ミラーアップリモコン」で、ミラーアップ→露光できる(2回押し)。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ケースの裏は最初から穴が開けられてる。リモコン内のボタン電池は交換できる(CR2025)。

May 4, 2017

The Night View in Tokyo


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 世界貿易センタービル(世界貿易センタービルディング)の展望台で。現在、東京タワー側に新しいビルが絶賛建設中(※)。でかいクレーン数基がフレームに入るため、三脚持ち込めるが難易度は上がってる。(^o^) 本当はもうちっと左側に余裕を持たせた構図にしたかったけど...。
 当然、クレーンが入らない場所に人は集まるため、そういう意味でも撮りにくさが格段に上がる。観光客も多いしね。
 レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、だけど、上記のため妙にフラストレーションが。近いうち人ほぼいない屋外で、建築系の夜景撮りに行こ...。対象との間の、窓ガラスの写り込みや汚れも気にならないところ。目星は付いてる。

※ 8月には建つんじゃないかという話。東京タワー側は結構隠れそう。