July 30, 2002

 車が新しくなる。今度の車は2シーターじゃなくて、4シーター(?)車内やたら広々乗り降り楽チンで、全然スポーツカーじゃないでつ。無論マニュアルではなくオートマ。マニュアル無いすその車種。しかし4WDでかつ一番上のグレードにしてしまったが、都内で4WDの恩恵はほぼ無いと思われる。:D
 連日、書類の手続き関連で21時以降にト●タの人が来てるんだけど(来させてるんだけど&メンドウなこと全部やってもらっちゃってるんだけど。営業って大変ですね…)、車って買うのこんなにメンドウだったっけなぁなんて思ってみたり。
 真夏だというのになんだか扁桃腺腫らしてて(昔から弱い)、熱出ててだるいっちゅうのもあるんだけど、今回は紹介でなくほぼぶっこみで通って値引きに入ったから妙に疲れた。キョベンツ(コベンツの反対)ころころ乗り換えていくような人からは信じらんないレベルの話なんだろうけど。
 その車種は、8月に入ったらマイナーチェンジとはいかないけど改良が入る&7月最後の日曜日(7/28)という条件下、首を延々縦に振らずにいたらようやく店長登場してきて、見積もりソフト(?)エラー出まくりから(値引きしすぎで…)さらにずるずるっと下がった→決めましたー。
「高校時代の同級生にト●ペットのディーラーから本社にエイテンになった奴がいて、彼ルートの話も聞いてから決める」
 と言っといたので、向こうも妙に煽られたんでしょう。別にハッタリではなく本当にいるんだけど、彼は相当忙しいらしく全然連絡取れなかった(携帯の番号もどっかやっちゃって)。で、噂に聞く彼ルートからの値引きとあんま変わんないか or たぶんそれより安くなっちゃったので、じゃあ下手に気を使わずビジネスライクにいけるんだし買いましょーいえーって感じで。そんな感じで。
 納車は8月10日〜15日の間。納車時に長く乗ったMR2とはお別れ。下取りに出されます(需要がしっかりあったりするのでやっぱり高めに売れた)。次のオーナーにも大事にされろよーって無理なんだろうな…、車種的に。

July 22, 2002

ナイフ

 ナイフの有名なメーカーでスパイダルコっていうところがあるんです。片手でオープンできて(親指を使う)、柄にベルトクリップもついたりしていて、機能的なナイフで知られるところ。で、ハンニバルの原作で、レクター博士が愛用しているここのハーピー(写真)というナイフが出てくる。
 これってどういうナイフなんだろうって原作が出た当時→読んで思ってたんだけど(そしてすぐ忘れた)、ひょんなことからぶち当たって+安く買えるかもというステイタスに陥って、ナイフの世界にちと興味を持ってしまいました。ナイフには主に切る、刺すという機能があるけれど、ハーピーは怖いほど切るに特化しちゃってて、その機能美にやられちゃいました。カコイイ! ファクトリーナイフ(製品のナイフ。反対はカスタムナイフ)でここまでばすっとくるのは珍しいっちゅうか。
 相当オタな世界に興味持っちゃったなーと我ながら思う。まぁおもちゃ収集とかよりは、漢って感じでいいじゃん。:D
 ハーピーはまだ入手してないんだけど、アル・マーのプラトーンダガー S(写真一番左)は数日後に到着予定。あはは。切って良し刺して良し。乱暴に扱っても、手がずるっていって自らの手を傷つけることもないし、メンドウな開閉もないしね。

p.s.
 アル・マーについてはどっかに書いてあった文章を引用。「デザイナー、故アル・マー氏の米軍特殊部隊の過酷な経験と東洋的な繊細な感性が生み出した高度に洗練されたフォルムは、本国アメリカでも再評価されています」というメーカー。
 反対に、スパイダルコはそもそもアウトドア系のナイフをたくさん出していて=コンセプトはそれほど暴力的ではないので、outside partyに行く人は1本持っといて損はないかも。ヴィクトリノクスは昔から持ってるけど、ごってりいろいろあるより単品のほうが逆に使いやすいような気がする。

p.s.2
 これ以上ナイフに走って増やしません…。ディスプレイする場所もないし。使えるのが数本あればいいでしょ。