February 18, 2003

革皮

 2/6に書いてた革の小物、入手してすでに使っておりまふ。新品。S' Factoryのもの。かこいい。
 カービングベルト(写真)はコンチョが2個ついてまふ。牛革。
 ウエストバッグというかヒップバッグというかは(写真)、縁を2本の革紐でダブルに編みこんでいて、こちらもかなり手が込んでる。留め金は磁石で、ほぼ勝手に留まります。トライバル柄のところは海蛇の革。他は牛革。
 全体的にかなりしっかり作ってある。渋谷や青山のこ洒落たところで同じようなものを買おうとするなら、2万は超えるんでないの? 両方合わせて1万ちょい。
 来月、バッグだけもう1個増やしちゃおうかなぁなんて。:D

 で、これも書いてたVansonのVLS(写真表 )。横が編み上げ。前に新品で買ってて持ってた。
 冬はインナーとしては使えません…@もたさいくる乗車時。このベスト自体が冷えちゃって余計寒い。:D もたさいくるには春、秋物になる。

 我ながら革(皮)フェチなのなかなぁと考えてみたものの、現存する革はライダース3+他の革の上着は3、革パン2、刺青3で(ブーツ、小物は除く)、なーんだそれほどでもないじゃん。
 革(皮)フェチといえば『羊たちの沈黙』で、犯人は人の皮でドレス(映画はベスト着てたかも)を作ろうとするけど、あれは実在した犯罪者をモデルにしています。ネットで触れてたところあったなぁと思ったらあった。ここで「エドワード・ゲイン」を検索すればすぐ出てきます。
 どうでもいいけど、『羊たちの沈黙』は原作のほうがはるかによろしい。犯人のこだわりっぷりというか偏執っぷりがかりかりと出てきて、それら+レクター博士の助言によりだんだんと正体が!みたいな。全体的に緻密です。

注:上記のバッグはかなり重宝してる。気に入りすぎて新しいの増やさなかった。同じのしてる人、遭遇したことないし(当たり前か)。
最近覗いたら新作出てたんで、また増やそうかな。最近、法人格になったみたい。

元記事は >> こちら

February 6, 2003

こ革

 それと革(笑)は小物にも走っていて、物色中。もたさいくる乗ってる時 with 上は革、ちょっとしたこれだっていうバッグがなかなか無くて。いかにもなウエストバッグもなんかなぁっていう。
 で、そうこうしていると、ないすな(メディスンバッグ+ヒップバッグ+ウエストバッグ)/3っていうのがあるじゃないですか。+別にベルトって組み合わせ。パンツに通してるベルトにバッグを通すのではなくて、バッグ用に、ちと装飾されたベルトを腰にゆるく巻く。りーさん好きかも。誘い入れようかしら。巻き込もうかしら。どないやねん。
 自身もライダーの人が某所で展開してて、すごくしっかりしてて使いやすく&かこいいデザインのを扱ってる。これがまたリーズナブルなんだな。
 給料入ったら即買いまふ。黒でまとめて、スタッズ(鋲)もそんなに打っていないシンプルなデザインのにするるー。あんま派手になると、服かなり選ぶからね。

 上記のバッグ+ベルトを入手すれば、欲しい革はVansonのHCチャップスくらいになるかな。ベストはサイド編み上げになってるVansonのVLSっていうのを、すでに持ってたりする。次回晒しまふ。

February 1, 2003

あんくる

 左はアンクルサポーター。キックボクシングで足の甲&足首を覆うサポーター。かかとがにょきっと出まふ。WindyはTwinsと並んで、キックボクシング用品を出してるメジャーなところ。
 サンドバッグ蹴ってると、足の甲切れたり擦れたりして、傷が延々治らない&増えてく一方で。万年傷っていうか。特に古いサンドバッグを使うと。
 んで、最近アンクルサポーター買い求めて、付けてやってまふ。蹴り心地はすこぶるよろしい。下手に加減しなくていいから楽でつ。蹴り込んでもひりひりなし。
 どうでもいいけど、サンドバッグ家に欲しい。40kgくらいのちゃんとしたやつね。さすがに家には吊るせん…。