November 27, 2004

C.H.I.P.S


(クリックすると拡大画像を表示します)

 ごく最近、Aero馬革が増えました。1950年代のCalifornia Highway Patrolman's。モデルの正式名称は「"C.H.I.P.S" Police Jacket」(Aeroサイトに直リン)です。
 革はHeavy Front Quarter Horsehideで、色はVintageBlack。よって光沢は抑えめ。そしてVintageBlackは通常のBlackに比べ、革がしなやかになります。立つほどの革ではないので、最初からかなり着やすい。立たねーよなぁと思い、やってみたら簡単に立ってしまった...。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 えーっと...、コシがある柔らかさなんです、そうコシはあるんです! はぁ疲れた。
 Aeroの通常のBlackだと、硬くて着倒す気力はもう持てないので、柔らかいのか念のため確認してから注文した。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 胸のワッペンに見えるのは、バッジを通すための処理です。かこいいー。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 後ろ。サイドレースになっています。ベルトループは3本(前は2本)。

 タグ。極めてシンプルなのだ。裏地は厚手のコットン。前出の確認時、ついでに裏地キルティングの別注はできるか聞いてみたらNGでした。理由は
・このコットンのほうが丈夫。
・昔のCalifornia Highway Patrolman's(実物)も裏地は厚手のコットンだった。
・私たちはこれがベストだと思う。
 ということだった。
 まぁAeroは余裕ある作りだし(*)、かつ、中にシンプルなフリースを着られるくらいのサイズを選んだので問題なし。渋谷で試着して(このモデルじゃなかったけど)→個人輸入。これ最強。
 あ、それと、ジッパーはTALONでした。

結論:
 縫製は丁寧な印象を受けた。
 馬革にハマる人の気持ちがわかった。:D ほんときめ細かいもんねぇ。見ても楽しめるっていうか。
 着やすいので、ヘビーローテーションしそうな予感。稼動部の揉みほぐしは少ししかやっていないけど、革だからといって気負うのはそれほど必要ない感じ。
 肩まわり、やぱ楽だわー。肩幅あって、トレーニングしている人にAero VintageBlackはいいかも。

(*)
 他のレザーメーカーに比べ、丈はほぼ変わらないけど横が楽な傾向になります。

続きを読む "C.H.I.P.S"