December 26, 2004

香川拳

少林寺拳法 勝負競わぬ「護身の技術」より。
──────────────
「少林寺拳法(けんぽう)」は日本で生まれたオリジナルの拳法で、中国から伝来したものではない。
──────────────
 今まで知りませんでした...。正しくは香川県拳法と呼ぶべきか。略して香川拳。なんやねん。
 ムエタイがキックボクシングとして世界各地に、そして各々が自由に興しているのと、同じようなことなんでしょうね。よくわからんけどたぶん。

 ところで、海外でマーシャルアーツと呼ばれるものがありますが、空手とか拳法とか、要するにオリエンタルな感じの体術をとりあえずごっちゃ混ぜにしたものだと思います、あれは。ユニフォーム(笑)からしてそうですな。
 マーシャルアーツをやっている外国人(特に白人種)は、なんだか妙に弱く見える気がする。逆効果っていうか。例えるなら、ローキック1発で立たなくなるような。なんでだろう。

December 22, 2004

CBR600F4i in 2005、W650


(クリックすると拡大画像を表示します)

 私としたことが落としていませんでした。年式'05のCBR600F4i。北米仕様。
 うひーこの色のまじで欲しい。助けてー。


(クリックすると拡大画像を表示します)

 こちらの色もかこいいけど、全く隙のない体型を延々維持しないと似合わなそうですね...。まぁウェイトとキックはもちろん続けていくけど。未来の体型、こればっかりは保障っていうのはないからなぁ。



(クリックすると拡大画像を表示します)

 で、CBR600F4iなどのマルチに疲れたら、↑W650に乗ってまったりというのが、私のもたさいくるにおける理想的な車歴だったりします。来年はダイビングをかなりやろうと思っているので(含む海外)、大型は先になりそうな予感...。
 W650は、並列2気筒(バーチカルツイン)というなかなか面白いエンジンを積んでいて。ツインなんだけれどもVツインより振動は控えめ(太鼓のような音も)、かつ高回転域もそれなりに回るという。
 それ相応に進化したツインエンジン、となるんじゃないかなぁ。ハーレーのVツインが好きな人とかは、まず受け付けないでしょうね(笑)。

参考:
CBR600F4i(Honda, US)
W650(Kawasaki, JP)

元記事は こちら

December 20, 2004

リモコンキー

 前の車、前の前の車もキーはマニュアル(?)で、少し離れたところからボタンを押して→開錠というタイプではなかった。で、今の車のキー、リモコンキーなので、中がどうなっているか見たかった。が、電池交換のときまで楽しみはとっておこうと思い、開けていませんでした。
 この度、中の電池が弱くなって、かなり近くで押さないと反応しない or たまに反応しないとなったので、めでたく(?)電池交換と相成りました。

 ばらしてみました。なんとなくボカシ入れてます。左下がエレクトリックデバイス。


 エレクトリックデバイスをひっくり返して接写。ちょっとした基板が確認できます。


 電池。指紋はなんとなくボカシ入れて潰しています。
 ボタン型電池(LR43 or LR44)というとゲームウォッチを連想する世代ですが、CR1220というタイプでした。かなり薄くて正確にはコイン型となるみたい。
 これ、地元の量販店2件で探したけど無いでやんの...。一回り厚いのならあったのだが。途端に探すの面倒になって、車のディーラーに行ったら(遠くはない)
「申し訳ございません。お取り寄せになります。明日にはお渡しできますが」
「あー、じゃあ取り寄せてください」

 たかがコイン型電池を入手するのに、丸1日かけてしまった人...。

December 3, 2004

REASON 3.0

 日本代理店(エムアイセブンジャパン)からも正式に発表がありました(メールきてた)。3.0では、

↑Combinator

↑MClass Mastering Suiteなどの新しいデバイスが追加になった模様。新機能について詳しくは Reason 3.0 - 新機能

 前にも書いてますが、このソフト好きですよ。2.5からもちろんアップグレードしますー。ソフトがアップグレードされると俄然、創作意欲が湧くっていうのはなんなんでしょうね。さらに書くと、(それまで派手にいじるのはよそう)とセーブしがちになるのもなんなんでしょうね...。

元記事は こちら