February 19, 2005

CB1300 SUPER BOL D'OR、FZS1000

 CB1300 SUPER FOURのハーフカウルつきバージョン、CB1300 SUPER BOL D'ORがホンダのサイトに掲載されましたね。 CB1300 SUPER FOUR/ SUPER BOL D'OR (*)
 悪いけど取ってつけた感が否めない。ホンダってもたさいくる自体はいいの作ってるとは思うんだけど、デザイン的戦略はほんと下手だなぁとつくづく思う。ホンダのもたさいくるに乗ってて思うんだから、他社オーナーはもっと思うんだろうな(笑)。

 SUPER BOL D'ORを買うんだったら、間違いなく FZS1000(プレストコーポレーション)にします。新しいもたさいくるではないけれど(来年モデルチェンジ?)、デザイン的にきちんと最初から考えて作られているし。モデルチェンジでさらに軽くなる可能性がある重量は、乾燥重量208kg、装備重量231kg。CB1300 SUPER BOL D'ORは乾燥重量232kg、装備重量260kg。1300とはいえやっぱり重い。
 それにFZS1000は逆輸入車になるので、当たり前だけどパワーも最高出力105.2kw(143ps)/10,000rpm、最大トルク105.9N・m(10.8kgf・m)/7,500rpmと海外仕様で。CB1300は同じ4気筒DOHCで排気量はより大きくなるけれども、最高出力74kW(100ps)/7,000rpm、最大トルク117N・m(11.9kg・m)/5,500rpmと思いっきり国内仕様。
 値段はFZS1000が1,029,000円(税込み)、CB1300 SUPER BOL D'ORが1,115,000円(税込み)。普通だったらFZS1000選ぶよなぁ...。

(*)
 3月にCB400SFでもこのバージョン出ます。

February 7, 2005

BT1100 in '05&Vツインにもの申す


(クリックすると拡大画像を表示します)

 年式'05のBT1100。一見「Buell? Ducati??」な雰囲気ですが、そんな生やさしいものではありません。:D
 ヤマハイタリア(旧ベルガルダヤマハ)が設計、開発、生産で、エンジンは DragStar1100をベースとしたエンジンを積み、シャフトドライブだったりします。洗練された、なんともヨーロピアンな日本車といったところでしょうか。足回りも素敵。

 ユーザのレビューを一通り回ってみましたが、予想通りといった感じだった。まとめると、
・ワインディングでも意外と軽い&寝る
・ポジション的に長距離も楽
・Vツインエンジンだが難しくなくとても扱いやすい(パルシブな加速と鼓動は健在)
・クラッチが軽い
 に落ち着くようです。1,063ccのエンジン特性はスペック
───────
最高出力(EC表示) 47.8Kw(65.0PS) / 5,500r/min
最大トルク(EC表示) 88.3N・m(9.0kgf・m) / 4,500r/min
───────
 を見てもわかるように、低・中回転域に振っているんでしょうね。

 Vツインだと回さなくても(振動や音、トルク感で)楽しいので、惹かれるものがあります。が、ハーレーに代表されるアメリカンな雰囲気が多くなってしまう。ヨーロピアンなデザインかつこの値段(税込み1,144,500円。Buell、Ducati、BMWらへんはもっと高い)で、貴重なもたさいくるだと思う。'05の実車を見たら、胸ときめきました。
 明らかな短所は重量か。乾燥重量233kg、装備重量254kg。現代のもたさいくるとしては重いね。日本の息がかかっているから、その気になればもう少し落とせそう。乾燥重量が200kg代だったら、間違いなく即決なのだが。200kg代にするには、エンジンもDragStar1100のを止めて、新しく開発したのを積まないとダメでしょう。
 BT1100の販売開始は'02だから、来年フルモデルチェンジされるか or 消えるかの運命なんじゃないかなぁ。国内メーカーでも、Vツインで「ライト」スポーツな路線がもっと増えていいのに。Suzukiの SV1000S、Hondaの Super Hawkとかスポーツすぎ。あれだったらほとんどの人が、素直に4気筒のスーパースポーツを選ぶでしょう。国内メーカー、どスポーツに固執しちゃうあたり、センスないよなぁ。どスポーツ or アメリカンだけがもたさいくるじゃないのに。
 歴史が短い分、こういうところで余裕&遊び心がない気がします。<国内メーカー

参考: BT1100(プレストコーポレーション)