August 14, 2016

パラグライダー高高度飛行 白馬エリア 2016年8月まとめ


パラグライダー高高度飛行 白馬エリア 2016年8月まとめ

 さっそくSONY HDR-AS300に活躍してもらってます。(^^) 雲の合間からテイクオフ→ソアリング→ランディングという流れでざっくり。
 自分より高度が高い人がたくさんいることからわかるように、リッジソアリングに比べサーマルソアリングは難しい。まだまだこれから...。1年後、再び行けたら、より高く飛べるようになっていることを思った。また違った光景が観られるように。

August 12, 2015

白馬に

 一泊して長野県の白馬五竜に飛びに行っていた。その時の写真をいくつか。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ランディングからテイクオフのほうを(テイクオフ自体は見えていない)。ランディングもかなり広いが、空域もかなり広い。テイクオフとランディングの高度差は約700m。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 テイクオフから。標高約1450m。ゴンドラから降りてややくだったところにある。テイクオフはいつまでも走っていけるような感じで(実際やっちゃまずいけど)、むちゃくちゃ楽。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 初日が終わり、畳むところ。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 その飛行。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 2日目は3本飛んでいるけど、14時ぐらいからこのように(実際はもっと怪しく)雲が湧きだしたのでクローズ。
 雷雲以外の要因では、基本的に今の時期は15時ぐらいから北からのバレーウインドが強くなり、クローズすることが多いようだ。

 白馬はテイクオフから出ると左手に、写真のような北アルプスが見えるんだけど(無論、飛ばないと観られない)。今思うことは携帯用ホルダー借りて首からiPhoneぶら下げて→飛行中に撮っておけば良かったかと...。

October 20, 2014

尾神岳フライト・ツアー

 いつものエリアから離れて新潟は日本海を望む尾神岳(新潟県上越市吉川区尾神)に、1泊2日でフライト・ツアーに行っていた。
 出るのがそもそも遅かったのと、忘れ物を取りに帰ったりで、現地には15時15分ぐらいに着いた...。ショップの横でどうしたもんだろうかと、空を見ながらぼんやりと考えていた(人はテイクオフかランディング、シャトルに出払っているためほぼ無人)。
 そのうち、ランディングからシャトルで上がってきた現地スタッフが
「(テイクオフに)上がりなよ。乗ってきな」
 と声を掛けてきたが、(いやランディングどこかわからないし=どこに降ろせばいいかわからない、着いたばかりでまだしんどいし)と思って
「ちょっと考えます」
 と断ってしまった。
 そうこうしているうちに夕暮れになってきてしまい、(や、これは機材準備して待っとこう)とテイクオフに上がる決意を。しばらくして再びランディングからシャトルで上がってきた現地スタッフが
「(あなたのエリアのスクールの)校長も悩んでないで上がってこいって言ってたよ」
 と声を掛けてくる。
「行きます、ひとまず見るだけになっても」
 とテイクオフに上がった。

 テイクオフからランディングは離れているので、夕方になってたことも手伝い、「あっちのほう」と言われても正直どこかよくわからない。高度処理の説明だけは把握して、方角のみに頼ってテイクオフ! (まぁなんとかなるだろう)と思いつつ...。
 空中でランディングを認識し、高度処理諸々もうまくいきソフトランディング。すぐに再びランディングに上がりもう1本飛べて、現地スタッフが写真も撮ってくれていた。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 これ俺です。
 正面は日本海。全てが黄金色で世界は美しかった。
 次の日も2本飛べた。午後からテイクオフの風がフォロー(テール・ウインド)になってしまったため、早めの撤収。
 全般的にいろいろなところからサーマルが湧く空域で、なかなか落ちなくて楽しかった。

 写真をいくつか。

(クリックすると拡大画像を表示します)
 晴れのテイクオフ。非常に出やすい。風がフォローでない限り楽勝。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 上がってる人。写真上部にグライダーが小さくある。人は生身であれだけ飛べる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ショップ。テイクオフとランディングの中間にある。練習場が横に併設されている。

January 4, 2013

福島県南相馬市 避難指示解除準備区域

福島県南相馬市 避難指示解除準備区域

 2013年1月2日に、福島第一原発がある警戒区域のすぐそばまで行ってきた。避難指示解除準備区域とされ住民でも宿泊は制限がかかる。警戒区域のすぐ北側~津波被害の爪痕も強く残る海側(南相馬市小高区浦尻、井田川周辺)も観てきた。
 現実をただ知って欲しい。

 警戒区域のすぐ北側かつ海側は、映像でもまとめた。

 YouTubeに置いておいたので、映像でしかわからない360度のやりきれなさだけでも感じてくれれば幸いです。

August 5, 2012

神子元 '12年8月3日

 '12年07月31日(火)のログでいるわいるわ、ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)。Aポイント爆発!ハンマー群れ群れ@神子元
 このログを見て即8月3日(金)の予約を取りに動く。大潮だし! 休む奴はぽこぽこ休む、しかし休めない人は休めないという職場で有給の根回しをして。自分は冬も風邪による欠勤とかなしです。おして出ざるをえないから。

 で、車でぶぶーっと2日夜に到着して、3日に入ってきた訳だけど。結果は惨敗...。2、3日前ぐらいに九州付近をうろうろした台風によるうねりがかなーり出て、ハンマーが出るカメ根に近づけない、かつ透明度は5~8m。潮も複雑に入り交じり、水温は低いところでは19度。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 1本めはグリーン・ウォーター・ダイブになり、しかも1匹も魚を見なかったという。:D 今までのダイビング歴で初めてですわ。2本めは三ッ根に入ってタカベの群れなどはまぁ見れて、最悪は避けられた。
 遠くにでも台風が来たらしばらくはダメになる、という良い教訓を得た。ログを見つつまたチャンスがあればリベンジしたいと存じまふ...。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 余談で、神子元ハンマーズは移転後初めての利用だったんだけど、前よりずっと綺麗になっていた。部屋も広くなったはず。もっとも、オンシーズンの休日はそれだけ人が詰め込まれるので関係無くなるが。平日だとあの部屋を2人で使うことになるので快適ではある、同室の人のいびきがうるさくない限り...。

参考:去年の神子元(ハンマーリバーの写真あり)Mikomoto

October 10, 2011

ワリンディ・プランテーション・リゾート@週刊新潮


(クリックすると拡大画像を表示します)
 自身も行ったワリンディ・プランテーション・リゾート(キンベ・ベイ、パプア・ニューギア)が週刊新潮に載っているというので、買っておいた。巻末、これが素人がどんなにがんばっても撮れない蛍の木。永久保存版にさせていただきまふ。
 巻頭にはリゾートや海、ホット・リバーと呼ばれる川の温泉が載っている。

 リゾート周辺のダイブ・サイトなどを収録したDVDを持っていて、たまに観ることがある。あそこに行った時は経験本数1桁台だった。海の良さを改めて認識した地域。これからも入っていこうと思った。
 今行ったらまた違うんだろうなぁ。もっと気を楽にして海に入れるはず。

関連:Port Moresby >> Kimbe(自身の写真、文章など)

July 1, 2011

Mikomoto

Mikomoto

 国内の海は2本しか経験がないという典型的なリゾートダイバー。しかし、ハンマー(シュモクザメ)祭りが起こっている今、行かないでどうする!ということで南伊豆は神子元に入ってきた。