December 29, 2010

サメガイドブック


サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

 どうしても、水中でよく見かける種や攻撃的なかこいい種に目が行きがち。そんな中、ざっと系統立ててサメという生物を掴める良書です。
 写真は水中で生きて泳いでいるものがほとんど。陸に揚げられて少し無残な状態という写真は、ごくごくわずか。
 この本の中で、50年後には絶滅している種は多いだろうね...。現状、明らかに乱獲されている。

 余談で、この本は元々、モルディブのダイブクルーズ中に原書を読んだ。前に日本語版が出ていることを知り、購入していた本。

December 19, 2010

西の魔女が死んだ - 梨木香歩


西の魔女が死んだ - 梨木香歩

 blogに落としたい本結構あるんだけど、できてないなぁ...。

 中学に進学して、人との付き合いなどから学校に行くのが嫌になってしまった、まいが主人公。そのまいが初夏の少し前、西の魔女 - 祖母の家でひと月ほど過ごすことになった。祖母は英国から日本に来ており、魔女の血を引くという。自然を享受する祖母との素朴な暮らしの中で、物事や心の在り方を「自分で」全て決めていくという、まいの魔女修行が始まった。
 という物語と、その続編『渡りの一日』が収録されている。
 元々、児童書ということもあり、文章は読みやすい。普段、本を読まない人でも読めるでしょう。
 いい年になると忘れがちになる、自我の芽生えの頃や人の在り方、人との繋がりなどを爽快な文章で表現している作品。あなたは己で律している魂を持つか否か。ぜひ大人に。
 続編では、確かに魔女の教えを受け取ったまいが、社会に戻っている姿が描写されている。

December 12, 2010

PARKER SONNET


(クリックすると拡大画像を表示します)

 10年ぐらい使っているプラチナの極細があるんだけど。その前は細(f)で、もう少しさらさら書いていた。また細(f)でも書きたいなぁと唐突に思い、いろいろ見てたらぽちってしまった...。
 PARKER SONNET。色はブルーCT。写真では黒っぽく写っているけど、実際の色は紺に近い。海外メーカー製品、かつペン先は18金ロジウムプレートだが、ネットで10,000円以内で買える。余談で、コンバータも最初から付いていた。ペン先を汚したくないので、カートリッジ使うけど。
 自分は基本、太い軸が苦手、で、あまり寝かせて書かない。なので、最初からあっさり楽に書けてる。

 この機会に他の海外メーカーの事情も知ることができた。高級とされてきたメーカー(ブランド)も買収に次ぐ買収みたいな感じになっていて、時代の波には逆らえない模様。

December 4, 2010

サリー比較的最近


(クリックすると拡大画像を表示します)

 むかーし、まだ子猫のときにこんな写真を落としておいたけど、比較的最近のサリー。もう立派なおばちゃんなんだが、変わらず
「ちゃりちゃん」「しゃりちゃん」
 と幼児語かつ声ひっくり返して呼んじゃいまふ。

December 3, 2010

Tomcat 3.0, Vulcan Tanto, Ripple

 初めてのお使い、じゃなくてSOG。輸入。今回はたまたま日本製に集中したからか、SOGのフォールディングナイフはかなり好印象だなぁ。

Tomcat 3.0

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 全長約22cm、刃長約9.5cm、刃厚約4mm。約184.3g。鋼材はVG-10(HRC 59-60)で、ハンドル材はクラトン。Gサカイによる日本製。
 Arc-Lockにより簡単にワンハンド・オープン&クローズ可能。BenchmadeのAXISロックに似た機構になる。Youtubeでもその動作が確認できる。全体的に精度がとても高く、かなりスムーズ。ある種マシンのような印象。刃は、鋼材とリカーブした(微妙なS字の)造詣の恩恵で、かなり切れる刃が付く。
 最近のフォールディングナイフとしては珍しく、このナイフにはベルトクリップが付いていない。なので、かなり持ちやすい(元々、持ちやすい形状)。代わりにナイロンのしっかりとしたポーチが付く。ここらへんも私的に好印象。
 クラシックと現代的な要素が渾然となったルックス。十分、鑑賞に堪えられる。初代Tomcatが1988年に受賞しており(the overall knife of the year award)、その3代目となる。

Vulcan Tanto

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 全長約21.3cm、刃長約8.9cm、刃厚約4mm。約141.7g。鋼材はsan mai(三層鋼)で、芯材にVG-10(HRC 59-60)、それを420J2でくるんでいるため、波紋が見える。ハンドル材はザイテル。Gサカイによる日本製。
 こちらもArc-Lockにより簡単にワンハンド・オープン&クローズ可能。フリッパーでも開けられる。精度、切れ味共に、このモデルも申し分ない。プラス、Tanto bladeの造詣が美しいナイフ。

 前にMINI MAGLITE LED(2-Cell)について落としたが、下記はそのとき一緒に国内で買っていた。

Ripple

(クリックすると拡大画像を表示します)
 Ken Onionによるデザイン。全長約19cm、刃長約8.7cm、刃厚約2.5mm。鋼材はAcuto(59-60 HRC)で、ハンドル材は420J2。ハンドルにはチタニウムニトライドコーティングが施されている。
 フリッパーにより、簡単にワンハンドオープン可能。IKBS(internal knife ball-bearing system)というボールベアリングの恩恵で非常に滑らかと高らかに謳うほどではなく、別に普通(上記のSOGのほうがずっと滑らか)。刃は切れる刃が付く。
 ハンドルの凝った加工のためこの値段になっているのか、小さめなナイフとしては多少高め。長さだけでなく刃厚、ハンドルの厚みも薄いので、より小さい印象を受ける。