March 11, 2012

太陽観測オペラグラス


(クリックすると拡大画像を表示します)

 '12/5/21(月)は金環日食。今回のは首都圏でも観測できる。東京では金環食始まり7時32分07秒、金環食終わり7時37分00秒。2012年5月21日:金環日食
 なので、amazonで買っておいたよ。少し高くなるけど、一般的なものよりはもちろん丈夫。3倍でも観られる。
 職場は遅刻する。:D

December 18, 2011

月食2011

 '11/12/10の夜に月食が起こっていた時、小さな三脚+椅子+コンデジで撮っていた。東京の自分が住んでいる地域は月食中、雲がかかる時があり相当やきもきさせられたが、合間合間でなんとか撮れた。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 月食中。赤い月。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 蝕が終わり始める。ダイヤモンドリングのよう。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ダイヤモンドリングが加速。

 この撮影の後、普通の三脚を入手してしまった...。SLIKのがamazonで10,290円→1,549円。品質は問題無い。いいー買い物。

 余談で、おそらく20年前ぐらいからある双眼鏡を新しくする。さすがにレンズが痛んできていて。KenkoのArtos 8×42Wをぽちって届くのを待っている。防水のが欲しくて。その分、タフになるから。あと、双眼鏡を三脚に取り付けるホルダーも頼んでおいた。:)

December 29, 2010

サメガイドブック


サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

 どうしても、水中でよく見かける種や攻撃的なかこいい種に目が行きがち。そんな中、ざっと系統立ててサメという生物を掴める良書です。
 写真は水中で生きて泳いでいるものがほとんど。陸に揚げられて少し無残な状態という写真は、ごくごくわずか。
 この本の中で、50年後には絶滅している種は多いだろうね...。現状、明らかに乱獲されている。

 余談で、この本は元々、モルディブのダイブクルーズ中に原書を読んだ。前に日本語版が出ていることを知り、購入していた本。

October 16, 2010

オニイトマキエイとナンヨウマンタ

 マンタ(Manta birostris)を2種に分類する動きがあるんだけど、その違いがまとまっている。あまり外洋に出ないナンヨウマンタのほうが遭遇しやすい。
オニイトマキエイとナンヨウマンタの違い・見分け方
オニイトマキエイをナンヨウマンタと区別できる写真

 自分の写真でもわかりやすい例はないかと見てみたら、あっさりあった。

オニイトマキエイ(Manta birostris) at シミラン、スリン諸島付近、タイ

(クリックすると拡大画像を表示します)
 正確には有名なダイブサイト、リチェリュー・ロックで。外洋の隠れ根なので、外洋性が強いオニイトマキエイが回ってくるんだろう。

ナンヨウマンタ(Manta alfredi) at ハニファル、モルディブ

(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
 周辺海域にいるマンタが集まるんだろうね。より群れやすいという性質が出ている。

 ただ、両者はもちろん出くわすことがあり、交雑も頻繁に起こっていて、中間種は存在するはず。

 また、オニイトマキエイをマンタと呼んでもそれほど問題は無い。Manta birostrisという学名が示すように、マンタ属に属するからだ。
 植物の世界なら大抵、学名を無理にカタカナで呼ぶ。「マンタ・ビロストゥリス」、もしくは種名のみ「ビロストゥリス」みたいに。英名のマンタ・レイはあくまでも一方言に過ぎない(もちろん和名もね)。

November 11, 2009

Manta ray's secret life revealed(ハニファル映像)

Manta ray's secret life revealed

 自身もオニイトマキエイ100枚単位の群れにぶち当たったモルディブ > バア環礁 > ハニファル(or ハニファル・ベイ)の映像が、BBCのドキュメンタリーで放送されたようだ。最初、うざい宣伝が出るけど、そこはじっと耐えてぜひ。
 写真では動きがわかりにくい、その場で延々宙返りなども出てくる。

参考:Maldives - Baa Atoll(自身の旅行記)

November 4, 2009

ホホジロザメにっこり

Death defying photographer snaps incredible pictures of Great White shark 'smiling'

 写真はメキシコ、太平洋沿岸(バハカリフォルニア)近くのGuadalupe(グアダルーペ)島にて、写真家のAmos Nachoum氏が撮影したもの。タイトル通り、1枚目は確かににっこりしているように見えるが、そんなことよりケージに入っていない...。3枚目に写っているのは、メキシコのダイバーFernando氏。
 被写体はGreat White Shark(ホホジロザメ)。言うまでもなく、マン・イーターで有名なサメだ。自分だったら半分パニックになって、ばったばた慌てて逃げるかも。もちろん、逆に興味を引いてしまって余計に危ないんだが。

 グアダルーペ島はホホジロザメのケージダイビングで有名らしく、検索エンジンでも引っかかる。ベストシーズンは7~10月(台風にぶち当たらなければでしょう)。水温は低そう...。
 アクセスは結構大変で、サンディエゴからメキシコのエンセナーダに行き、そこから船で片道20時間。

July 18, 2009

モササウルスほか


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
Mosasaurus
 モロッコ産出(Phosphate Beds, Khouribga Morocco)。化石自体の大きさは長さ50mm。母岩が67 x 102mm。骨も一部確認できる。
 モササウルスの歯はリン鉱床などから多く産出され、人気もメガロドンほど高くないため、海外ではかなりお手軽な値段が付いている。
 約7900万~約6500万年前に生息していた肉食海棲爬虫類。便宜上、モササウルスと呼ぶのが一般的だが、メガロドン(Carcharodon megalodon)などとは違い、モササウルスは属名であり、種名ではない。
 ワニのような頭部を持ち、四肢はヒレ状で、尾は太く縦に幅広。海中生活に適応していた。体長は12.5~18mほど。
 表層を泳ぎ、魚介類、カメ、他の海性爬虫類を捕食していたと考えられている。負傷した痕を持つ化石が多く、他の生物または固体と闘争が多かったようだ。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)
珪化木
 US、ワシントン産出。木の化石。そのまま。おそらくナンヨウスギ科。大きさは76mm x 89mm x 57mm(厚さ)。
 石炭や原油ではなく、このように美しく化石化することもある。年輪や樹皮も確認できる。
 余談で、モササウルスだけでは送料がもったいないので、同じ業者で他の化石を探したらこれになった。モササウルスの倍以上したが...。モササウルス=$18、珪化木=$45。このようにメノウ化していない珪化木なら、もっとお手軽に入手できる。まぁ石炭も化石だ。


(クリックすると拡大画像を表示します)
Ammonoidea
 マダガスカル産出。98x79x27mm。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 オパール化したアンモナイトは結局、計3つになっている...。入手した順は小→中→大。
 カナダで自身のお土産として買ったやつと、縫合線を見せているタイプのを合わせると、計5つだ...。増えたなぁ。
 余談で、オウムガイは2つから増えていない(写真1写真2)。写真2のタイプは今でもあまり見かけないので、衝動に駆られて良かったかも。

July 12, 2009

結晶増えた

 かなり前に入手(輸入)していたもの。化石を集めていた関連で、結晶にちと食指が...。
 化石も、入手後このblogに落としていないものが数個あるが、それらは別の機会に。


(クリックすると拡大画像を表示します)
アメジスト・クラスター / ウルグアイ産出
 幅7cm、重さ203g。アメジスト(紫水晶)も他の鉱物と同様、色が薄いのから濃いのまで幅がある。濃くなると高品質とされる = 高くなる。発色の仕組みは、ケイ素を置換した微量の鉄イオン(or アルミニウム)による色中心が原因、らしい。
 入手の際に知ったが、アメジストの色は紫外線で退色する。なので、日光に晒さないこと。紅水晶も同様なようだ。


(クリックすると拡大画像を表示します)
アメジスト・クラスター / ウルグアイ産出
 幅8cm、高さ10cm。上記と同じアメジストだが、こちらの結晶は細かい。


(クリックすると拡大画像を表示します)
水晶クラスター
 サイズ140mmx110mmx70mm、重さ1050g。おそらく中国産。
 「水晶」とされると、今度は透明度が高いほうが高品質とされる。


(クリックすると拡大画像を表示します)
煙水晶ポイント / 中国産出
 サイズ25.4 cm x 8.7 cm x 7.1 cm、重さ2420g。冗談のような大きさだが天然だ。英名はそのままでsmokey crystal point or smokey quartz crystal point。
 含まれるケイ素を置換した微量のアルミニウムイオンが放射線を受けると、このような色が出る、らしい。放射線を受ける量が多いほど濃い色が付く。黒水晶までになると、アメジストに放射線を照射して色を付ける場合が多いようだ。
 国内で買うと10万近くなりそうだが、輸入すると笑っちゃうような値段で入手できる。天然物を入手したい場合は、天然と人造をきちんと別けて売っている業者を選ぶこと。人造だと石の透明度が高く綺麗になるし、(本来なら)安くもなる。
 水晶は中国自体に産出される鉱山がある。それと、重くともそれほど派手な送料が発生しない。玄関に1本いかが。


(クリックすると拡大画像を表示します)
煙水晶クラスター / 中国産出
 サイズ14.8 cm x 7.0 cm x 4.8 cm、重さ450g。こちらも中国産。
 上記と一緒に輸入した。上記の大きな天然ポイントは、このような(けれども巨大な)山のクラスターからがきっ!と折ってきて、となる。

April 4, 2009

下顎の歯の化石

 モルディブより帰国してからうムこ漏れそうに忙しかったが(4/1 ローンチのものに携わっていたため)、段々と落ち着きつつある。ふひー。向こうの写真等々はいずれまとめます。
 下記は出国前に届いていた。これら(1234)を頼んだ海外業者より。やっぱり下顎の歯も持っていなきゃダメでしょー!と注文。どないやねん。いずれも変わらず良質だ。

Carcharodon megalodon(メガロドン) / South Carolina, U.S.A. 産出
 斜め計測11.4cm。下顎、前歯の化石。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 並べてみると。下顎の歯(左)は細く、歯根のV字型が強く出る。


(クリックすると拡大画像を表示します)


Isurus oxyrinchus(アオザメ) / South Carolina, U.S.A. 産出
 斜め計測6.6cm。下顎、前歯の化石。


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 アオザメの下顎の歯(左)は、細くなる傾向が強い。歯根のV字型もかなり強く出ている。


(クリックすると拡大画像を表示します)

March 5, 2009

Nautilus(オウムガイ)

 下記サイズぐらいのオウムガイの化石は、海外でも意外と高い。それだけ採れないのでしょう。同サイズのアンモナイトの化石より高くなる。厚みがあるため、ずんぐりとしていてかなり重い。
 2つともちゃっちゃと輸入した。

Nautilus(オウムガイ) / マダガスカル産出


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 125mm x 95mm x 82mm。重さ1021g。一見、かなり不気味だが、ここまで均一にメノウ化しているものは希少になる。慣れると、ナウシカもびっくりな異形の昆虫として観られるかも。どないやねん。


Nautilus(オウムガイ) / マダガスカル産出


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)


(クリックすると拡大画像を表示します)

 130mm x 120mm x 91mm。重さ1456g。このタイプのほうがポピュラー。

 オウムガイは化石として掘り出されるが、今も生存している生物である(貝はよく見かけますな)。4億5000万年前~5億年前に誕生し、ほとんど進化していない。現代もいるせいか、中生代のアンモナイトより新しい生物というイメージを持たれる場合が多いが(自身もそう思っていた時期があった)、実際はオウムガイのほうが古い生物で、古生代に生息したチョッカクガイの直系の子孫にあたる。
 体の構造は貝の奥まで詰まっているわけではなく、貝の内部は小さな部屋に仕切られていて、出口に一番近い部屋に体が収まっている。仕切られた部屋は空洞で、浮力の調整に利用されている。
 南太平洋~オーストラリア近海、水深100m~600mに生息している。それ以上深くなると、貝の構造的にも水圧に耐えられないそうだ。