August 30, 2005

燃え

遠距離恋愛と「ハイテク燃え尽き症候群」(上)より

相手が嫌になったというのではなく、コンピューターやウェブカム、『テレディルドニクス』の技術、あるいはIP電話の『スカイプ』で使うヘッドセットに飽き飽きしているだけなのかもしれないのだ。こうしたものすべてが嫌でたまらないということだってあるだろう。
───────────

 やーうまいこと書いてますなー。特にITに身を置いている人々は、かなりの頻度でうんざりしているところがあって。相手がそれほど悪いわけではないのにやたら腹が立ったりor いらいらしたり。このやたら腹が立ったり or いらいらするのは、実はテクノロジーの類に対してうんざりしているんだよね。そのベクトルを相手に向けてしまう。
 で、そのいらいらは、品行方正な社会人 or 大人としては決して相手にぶつけてはならないわけで(クライアントだったら大変だ)。ゆえに、いらいらは内側で焼け付くようない"らい"らとなり、そのエネルギーは想像を絶するほど激しく、一人あたり合衆国0.125日分の電力エネルギーに相当するという。うそ。

 ところで、20代半ばぐらいから電話にはかなりうんざりした時期があって→それが持続していて、携帯電話の意味が無いと言われるほどマナーモードにして鞄に入れっぱなしとか平気でやります、頻繁に。自分の時間に強引に割り込まれることが面倒なんだと思う。
 私とはメール@PCのほうが連絡取れます、たぶん。そりゃ切迫するタスクに対する連絡は、携帯のほうが便利だけどさ。

August 27, 2005

キンタマに&more

キンタマにツアー
 別に18禁ではありません。

 えーっと、バリ絡みで。伝統的と思われるケチャの歴史は実は新しく、1927年に白人(ドイツ人画家)によって創作された or もたらされたとされています。意外でしょ。ストーリーは叙事詩ラーマヤナに基づいている。
 過去にインドネシアで生で見ていて。暗がりの中、車座になり、激しく時にはざわざわと蠢く半裸の男達大勢。音は合唱のみで構成され、強烈だった。
 バリの有名な舞踊では他にレゴンクラトン、バロンダンスなどがあります。レゴンクラトンは捕らえられたランケサリ王女の話。現地では8、9歳の絢爛な少女によって演じられる。バロンダンスは聖獣バロンと魔女ランダの戦いを演じていて、善悪どちらが勝つわけでもない。バリの世界観がよく表れています。

August 24, 2005

防水プロテクタ(PT-027)

 うーん、実物は写真以上に結構な迫力が。
 このデジカメには慣れつつあるけど、防水プロテクタに入るとまた別物ですなー。重くなるし(バランスウェイト装着ゆえ)でかくなるし。操作も一瞬考えてからとなってしまう。陸である程度触って慣れたほうがいいなこりゃ。
 防水プロテクタから出すと、カメラがめためた小さく&軽く感じるという。
 まぁ水中写真・水中撮影テクニック|ハウジングの紹介にあるように、一眼レフ+ハウジング+moreという値段も装備も凄いことになるシステムよりは、ずっとお手軽なんでしょう。

 あ、この防水プロテクタ自体は精度も高いし、値段的にも手に入りやすくていいんじゃないでしょうか。プロテクタ装着ゆえできなくなる操作系はほぼ無いし。ただ、説明書の内容が前後ずれてるっちゅうか。
 最初に「確認しましょう」みたいに梱包されているものを確認するページなんですが、同梱物は防水プロテクタ内に封印されてしまっているため、確認できません。防水プロテクタの開け方わからねーもん。
 かなり読み進めてから開け方は出てくる。それまで悶々として読むことになる。平日の疲れている社会人的頭で把握しながら読むため、えらい疲れる&いらいらします。
 開け方は、いろいろ→カメラ入れる前の水没チェックの仕方→「カメラ入れる」←ここでやっと出てくる。
 他にも内容の前後がおかしくて、なんかずれてる。編集へったくそだなぁ、というのが正直なところ。情報デザイン or ユーザビリティという視点では、考えられていないでしょう。ある意味、今時珍しいかも。

続きを読む "防水プロテクタ(PT-027)"

August 21, 2005

オリンパス C-7070 Wide Zoom、その他購入

 オリンパス C-7070 Wide Zoomとその他アクセサリーを揃えた。理由は以下の通り。
・デジタル一眼レフにいく気力と金は無い。が、レンズが暗い一般的なコンパクトデジカメからは脱却したい。
・防水プロテクタが純正で出ていること。
・撮影におけるシーン設定で、水中モードがあること。
 というようなことを考慮したら、いい位置にC-7070があって。水中モードも「水中ワイド」「水中マクロ」と2つあるし。

 上の写真は実物。デジカメをデジカメで撮るっちゅう。カメラ以外に買った内訳は以下の通り。
防水プロテクタ(PT-027)
 ↑水深40mまで可
リチウムイオン電池(BLM-1)
 ↑2本態勢で
xDピクチャーカード(256MB)
 ↑付属のは容量があまりにも小さいので
カメラケース(ソフト)(CSCH-17)

 使用感は「お手軽、けれどもレンズは明るい」という、いいー感じです。コンパクトデジカメの写真はどうしても派手な補正をかけざるをえないけど(実際の質感からかけ離れないようにやっていくのが、また面倒なのだ)、最初からある程度以上のものだと本当に楽ねぇ...。ティランジア全部撮り直したろか、という衝動に駆られるけど止めましょうねほんと。
 短所は単3電池使用ではなく、最近のデジカメには多い専用充電池を使用ということ。充電式単3電池を複数+充電器という組み合わせは、何かと便利なんだが。ある意味最強というか。
 油断すると、旅行先で電池切れは十分起こりうる。が、付属の充電器はAC 100V-240V / 50Hz-60Hz対応なので、↓のような変換プラグで対応すると良いでしょう(安いです)。変圧器は必要ない。これでパプアニューギニアでも充電可。

 何はともあれ、外部フラッシュやコンバージョンレンズなどアクセサリーも豊富で、夢膨らむカメラかもしれません。

 C-7070で撮った写真をいくつか。特に記していないものはオートで撮影。コンパクトデジカメだとのっぺりしてしまうけれども、立体感も残りますね。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ストリクタ 'リジッド リーフ フォーム'(以前撮った株の写真)は現在、花を持っている。マクロモードで。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 ジョエル(イオナンタ X ブルボーサ)。現在、調子を上げて葉が伸び伸びと。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 同じくジョエル(イオナンタ X ブルボーサ)。以前のコンパクトデジカメによるもの。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 チアペンシス X ファシクラータ。こちらも葉が綺麗に広がった。


(クリックすると拡大画像を表示します)
 同じくチアペンシス X ファシクラータ。以前のコンパクトデジカメによるもの。

続きを読む "オリンパス C-7070 Wide Zoom、その他購入"

August 19, 2005

ところで極東の島国

 「極東の島国」という表現は便利なのでついつい使ってしまうが、日本より地理的に東側に位置して、かつ時差的にも進んでいる国は結構ある訳で。日本はなぜ極東なんでしょう?と思いつつも使ってしまう。日本史その他で「日出づる国〜」が頻繁に出てくることも、自分が「極東の島国」と使うのを助けているような気がする。
 しっかし「日出づる国」っていう表現は、考えてみると本当に狭い視野だよなぁ。遣隋使の頃の人は認識できなくて当然で、仕方ないんだろうけど。

 話を戻して「真の極東の島国」、ちょっと思いを馳せるとミクロネシア連邦(最大+2時間)、マーシャル諸島(+3時間)、パプアニューギニア(+1時間)、バヌアツ(+2時間)、ツバル(+3時間)、フィジー(+3時間)、トンガ(+4時間)、キリバス(+5時間)などなど、ごってりありますなー。
 海 or 自然が豊かな国がほとんどですね。ダイビングに行きたいところばっかりだ。どうでもいいけど、9月にキンベ(パプアニューギニア)に行ってきます。

 まぁヨーロッパを基準にすると、東シベリア、中国東側、朝鮮半島、日本等々が極東なんでしょう、ざっくりと。

続きを読む "ところで極東の島国"

August 12, 2005

iDJ


iDJ Mixing Console for iPod

 iDJ、ついに出るかー。ネタじゃねぇっす。老舗のNumarkから今秋発売予定。

 まぁこれを買うならノートPC + TRAKTORみたいなDJソフトがいいと思うけどね。iDJ持って営業しているDJ見ても、正直萎えるかも...。良くても笑い or 色物に走ってる、とするでしょう。

誕生日@珊瑚

心無きダイバー(ヤップ島からの独り言)

 ミクロネシア連邦はヤップ(*1)の珊瑚礁で。
 '75年生まれってことは、今年30ってことでしょ。いい年して本当にあほですね。どうして全くもって無意味なことをするんだろう。ここに誕生日を削って記して、何になる訳?
 コメントにあったけど、自分も朝日珊瑚事件(*2)を思い出した。

(*1)
 マンタが通年見られることで有名。雨季は6〜9月。乾季は11〜5月。が、12〜3月は貿易風の影響で海は荒れるため、行けるポイントが限られる。

(*2)
 あほな朝日新聞記者が、沖縄(西表島)の珊瑚に「KY」と傷をつけ→写真つきの記事として載せたしょーもない事件。しかも見出しが「K・Yって誰だ」かつ内容は説教という、激しくしょっぱい記事だった。お前が言うなの好例。

参考:
朝日新聞の「朝日珊瑚事件」

August 10, 2005

商品券、Best Hit 80's


(クリックすると拡大画像を表示します)

 うーん。これは大丸9F@東京駅に行って、でかいティランジア買ってこいっていうことなんですかね。:D
 現金好きです、but also 商品券好きでぇす!(日本語少し話せる外国人風に)

 話飛んで、右端に見えているのは

Best Hit 80's

 小学校高学年、中学とラジカセでFMなんかエアチェックしちゃって(ぷ)→テープに録音→そのまま消えていった曲をまとめてCD音質でと、ついつい。プロモーションビデオ@ベストヒットUSAをビデオ録画→そのままいずこへのパターンでも可。
 iTunes Music Store Jで昔の曲を入手したりした刺激もあるんでしょう。
 聴いてて思ったのは、この頃のpopsって潔いほど堂々としてる。とてもかこいい。やりたいこと、歌いことが極めて真っ直ぐで。今のpopsは幸か不幸か、技術が発達した(多くがデジタルで処理できる)分、何をやりたいのかよくわからないのが多いね。ふーんで終わるというか。
 あ、このCD、選曲は厳選されていると思いますよ。たっぷり2枚組み。

六本木WAVE

そこに、六本木WAVEがあった!(WAVE)
 1983年11月オープン、1999年12月に閉店。
 意外なことが結構書いてありました。あそこも懐かしいなぁ。高校生のとき、そして卒業してからもよく行った。
 好きなレコード屋のひとつだった、雰囲気も品揃えも。教わることが多かったです。

August 8, 2005

THE TIDE IS HIGH / BLONDIE 周辺

 iTunes Music Store - Jで初めて購入した楽曲は何でした? 私はBLONDIEの曲でした。
 当時(小学生のとき)、オーストラリアでやたらかかっていた、砂漠を縦断しているバスのラジオで。暑いもんだから匂いまでする汚い水道水(というか屋外のタンクに溜めてある水)もぐびぐび飲んじゃって→酷い下痢腹を起こして死にそうになってるときも、ぼーとした意識の中で聴いてたなぁ。
 いたく気に入って、帰国してからも忘れないように思い返すようにして。そうして何年経っただろうか。日本では結局、いい大人になってからJ-wave@車で流れているのを聴くことになる。すでに20代前半になっていた。ナビゲーターがTHE TIDE IS HIGH / BLONDIEと言うのもしっかり聞き逃さなかった。
 が、「この1曲のためにベスト盤買うのもなぁ」と延々入手していなかったのでした。まぁHEART OF GLASSとかもいいんだけどね。ちゅうか書いている間に、HEART OF GLASSもやっぱり購入してもうた…。:D

 ラジオとはえらく違うすっきりした音質で、これを聴くのになんだか膨大な時間を費やしたような気がする。こういう思いをすることって、一生のうちで数えるくらいだろうね。

続きを読む "THE TIDE IS HIGH / BLONDIE 周辺"

WAVE渋谷店 閉店

Shop Guide -渋谷ロフトより

WAVE渋谷店 閉店のお知らせ

誠に勝手ながら、ロフト4階=WAVE渋谷店は8月10日(水)をもちまして閉店させていただくことになりました。閉店にあたり、各種サービスについてご案内申し上げます。
■商品のご予約・お取り寄せ、MUSIC CAFEは7月31日(日)をもって終了させていただきました。(なお、MUSIC CAFEは他店舗で新規登録いただきますと、引き続きご利用いただけます)
■「WAVEメンバーズカード」は全国のWAVEにて引き続きご利用いただけます。

閉店セールのご案内
8月5日(金)〜8月10日(水) ラストセール
輸入&国内インディーズCD 30〜50%OFF
─────────────
 こうして、一つの話がようやく終わった。←どこからか引用

 だそうです。渋谷のloftってティランジア売ってたっけ?と思ってサイトを見たら偶然。
 むかーし、1Fにあった頃はちょこちょこ行ってた。4Fになってからは、数えるほどしか行っていない。
 レコード(CD)屋自体、ほとんど行かなくなったなぁ。探せばオンラインであったりするし。12inch買ってる人はそうはいかないんだろうけど。

August 5, 2005

神金にまつわる話

 昔、『神の見えざる金玉』(*1)という、相原コージ(*2)著の随筆漫画があった。で、その中で、祖母の葬式→展開して、祖母が生きていたときのことを描いていた。
 相原コージは「小さい頃、祖母から肛門にろうそくを入れられた。あれはなんだったんだろう」と本人まるで自覚なく、赤裸々(?)に告白していたのをさっき思い出した。それって性的虐待でないの? 単純に。
 ロリ、近親相姦、肛門性愛、異物挿入と、変人度的にはかなり高いのではないでしょうか。合掌。

(*1)
 さすがに普通の本屋にはもう無いでしょう。古本屋の類 or ネットには確実にあると思います。ああいうのは、一度読めば放出される場合がほとんどだからね。読み返すもんでもないし。 :D

(*2)
 好き嫌いが分かれる漫画家。基本的に絵が下手で、ネタは下品&自虐、かつネタ切れで苦労しているのが滲み出る作風。『コージ苑』をスピリッツで読んでた@高校生。
 その後、吉田戦車の『伝染るんです。』とかが出てきたんだっけか。

August 1, 2005

地球の美をパッケージ



GLOBE GRAPHICS

 横225mmに地球の美をパッケージする、というコンセプトの写真集。シリーズただ今3冊。小学館より。
 壁紙もダウンロードできるようになっていて、当然、素晴らしく美しい風光です。全部落とした。:D