September 26, 2006

Sipadan

Sipadan

 シパダンの海に入って、戻ってきた。魚と亀は確かに多い。

September 12, 2006

続・油断してトワレ追加

 ほーらね、自分の性格からいって買い逃しは無理なんだって。増えてもーた。2006年春夏限定というのに、向こうのマーケティングの思惑通りまんまと乗っかる人…。
 写真は、先日「他に好感が持てたのは」と書いていたトワレ、サムライ・ライト・プラス。こちらも系統はアクアです。爽やかさと瑞々しさ→安らぎと変化するのをそのまま形(?)にしたような香り。D&Gのライト・ブルーに近いものがある。

 今このblogを検索したら、2003年の5月に入手してた>ライト・ブルー。当時も香水がきついのをやっぱり「殺虫剤」と評してるなー。
 あの香り(ライト・ブルー)、去年&今年の夏はかなり遭遇したので(職場にもいた)、使う回数はめっきり減ってしまった。流行ったねぇ…。

p.s.
 サムライ・シルバー・プラス、買う予定は無い。ごく近い人が使っているので。

September 10, 2006

油断してトワレ追加

 旅用の目覚まし時計、かなり長いこと使っていたら、ライトが壊れて暗闇で時刻がわからんという状態になっていた。で、コジマに(駐車場ありゆえ)新しいのを買いに。
 各種香水&トワレがテスターと共にあるもんだから、やたらくんかくんか始めてしまい、やっぱり増えちゃったよあーあ。香水の類は十数個の中から日替わりで使っている。冬しかつけないという香りも存在し、増えるばっかりでなかなか減らないねぇ…。
 1つの香水 or トワレを1年中という使い方はちょっとできない。いくら鼻につかない香りでも、飽きてうんざりしちゃう。明らかに冬のみの香り or 夜のみの香り、というのも存在するでしょう。
 職場に夜の香りをやたらつけて行くのは止めようね。そういうのに限って本人、使い続けて麻痺しているせいか、周囲はくしゃみ出そうにすげーきついの全く自覚無いんだよね。殺虫剤気味というか。朝から嗅がされると、生きる気力を無くします。


 さて、増えたトワレはKENZOのローパ・ケンゾー・プール・オム。香りはボトルイメージそのままで、透明感があってしつこさは無い。「水の神秘」をテーマにしているらしいのだけど、納得できてしまう雰囲気。
 他に好感が持てたのはサムライのシリーズから出ているやつで、サムライ・シルバー・プラスとサムライ・ライト・プラスの2つ。

 そういえばベッカムの名を冠したトワレもあったなぁ。ちょっと癖があって、自分はとてもつけられるような香りじゃなかった。大雑把に言うと、エレベーターの香り@外資系が入っているビルとでも表現できそうな。:D 白人種がいかにも好きそうな香り。
 それと意外だったのが、パリス・ヒルトンのジャスト・ミーだっけか(うろ覚え)。もちろん女性向けなんだけど、パッケージ&ボトルのイメージとは全く違って、かなりユニセックスな香りだった。

September 8, 2006

旅系エレクトリックデバイス関連

 モスキート用電池交換セットを渋谷のAQROSで買ってきて、交換しておいた。裏蓋を10円玉でくりっと。セットの電池はサンヨーだった。
 これ、ほんと簡単に交換できるから、販売店にいちいち出してというのはもったいないね。電池交換セット自体安いし。もっとも、明るいところで作業して、埃などを挟み込まないように注意したほうがいいけど(水没防止)。
 ところで、このダイブコンピュータをPCに接続→データをダウンロードできるPC接続インターフェイスってまだ持っていないんだけど、ちょっと欲しくなりつつある。帰ってきたら買っちゃおうかな。ソニアが最安なのか?


 マレーシアのプラグはBFタイプ。変換プラグ(左)は結構でかい。右はCタイプ。

 このようになんだかワクでテカな感じになりつつあります。ぬをー。