February 27, 2005

インドネシアまとめ@ダイビング

 日本が夏の時期、乾季の地域を選定中。すでに頭の中はコーラルブルー。

 インドネシアは都市だとジャカルタ、観光地だとバリ島が有名ですが、ダイビングとなると下記の地域を目指します。世界地図に載っていない小さな島々、ダイバーの方々好きねぇ…。
 理由は簡単で、なるべく手付かずの海となるとそうなってしまうのでしょう。基本的に、陸に人が多いところはそれだけ海も荒れていることが多い。東南アジアは特にそう思う。環境に対する意識はあまり高くないので、人が少ないほうが一目瞭然気味に海も豊かに。
 下記の地域、雨季は大体11月〜3月です。紛争のことを書くと長くなるので割愛。ここいらは大丈夫。

メナド:
 カリマンタン(ボルネオ)島の東、スラウェン島の北端の街。地理的には一見行きにくそうですが空港を持っているため、シンガポール経由、コタキナバル経由、ジャカルタ経由とアクセスは意外と良かったりします。市内は僻地ではないため、食事やショッピングも楽しめるでしょう。どうでもいいけど、美女が多いとの噂。
 海洋国立公園に指定されているブナケン島を中心に潜っていく。ブナケン島とその周辺の島々は、スラウェン本島と数キロしか離れていない。しかし、海溝という深海で隔てられているため、肥沃な海中環境が広がっている。シパダン@マレーシア(世界三大ダイビングスポットのひとつ)も本島からさほど離れていませんが、あそこも深海で隔てられていますね。よって、これ以上の説明は不要でしょう。
 メナドは珊瑚が発達しているため、マクロ的にも良好。

参考:
メナド ダイビングポイント情報
越智隆治フォトギャラリー
(株式会社ワールドツアープランアーズ)


 下記の3つ、行く人はかなり少なくなります。アクセスも手間がかかる。カリマンタン(ボルネオ)島の東、シパダン@マレーシアに比較的近い地域。代表的なアクセス方法は日本→シンガポール→バリクパパン→ベラウ(本島の東)まで空路。ベラウからスピードボートで下記の地域にアクセスしていきます。まさに涎ものの手付かずな海域が広がる。
 写真は個人サイトのものがほとんどなので、掲載は止めておきました。

デラワン:
 マクロ天国。珊瑚が凄まじい。無論、後述のサンガラキやナブコ付近にもボートでアクセスできるので、様々なダイビングを楽しめるはず。
 リゾート関係者以外、人はいないという訳ではなく、1000人ほどの住人がいます。

参考:
Welcome to Derawan Dive Resort Home Page(ガイドをするサトミさんのサイト)


サンガラキ:
 マンタで有名。ブラックマンタ(腹まで真っ黒)も出現。一周15分程度の島。環礁で周囲が囲まれていて→桟橋は作られていないため、干潮時は船から陸まで500mあり。水に浸って上陸する模様。満潮時はビーチまで接岸できるようです。言い換えれば干潮時のダイビングは、ダイブショップからボートまで水に浸って歩いていくということ。
 夜中に床下で産卵している海亀に起こされたりと、そういう島。

参考:
サンガラキ島でダイビング(Masashi's Diving & World Tour)


ナブコ:
 大物といったらナブコ(マラトゥア島の東に浮かぶ)。マラトゥア周辺を中心に潜っていく。
 かなり小さい島です。リゾートはワンアイランド、ワンリゾートに思いっきりならざるをえない(笑)。参考のリンク先からは、秘境汁が出まくっていた。

参考:
インドネシア ナブコ ダイビング 水中写真(Yasukawa.com)

February 25, 2005

ルート検索


(クリックすると拡大画像を表示します)

るーとMap(MapFan)

 出発地と目的地を設定。標準や最短、高速は使うかなどの条件を加えて、目的地までの道を検索できます。上記の地図は、三軒茶屋〜 城ヶ島ダイビングセンターまでのルート全体(切り抜きしています)。左メニューの地点 or 地名をクリックしていくと、順を追って詳細ルートが見られる仕組み。ラリーMapなる、分岐や曲がる地点でまとめた地図群表示機能あり。
 前出の検索結果では、標準だと都内での精度は謎な感じだったけど(かなり変なところから高速に乗る感じ。最短は比較的まともでしたが)、城ヶ島に近づくにつれ精度は上がっていたように見受けられます。ある程度の見立てをするにはかなり便利でしょう。道路地図はやはり必須だけれども。
 まぁ車 or もたさいくる乗らない人と、ナビ載せて車乗っている人には全く関係ないサービスだね…。

 このサービスを利用するには、ユーザー登録(無料)が必要です。

February 23, 2005

サメ@レクリエーションにまつわる話

電流利用のサメ撃退装置が好評、害及ばさずと豪州企業
オーストラリア・アデレード──オーストラリア南部アデレードの企業が開発した、電流を利用したサメ撃退装置「シャーク・シールド」の利用者が増えている。オーストラリアの海岸部ではサメに襲われる事故が後を絶たないが、サメにも人間にも害を及ぼさないとするこの装置を使えば、海中に長時間、安全にいることが出来るとしている。

サメは獲物に襲いかかる際、目を守るために目を閉じ、頭部にある感知器官で、獲物が発する微弱な電流を察知する習性を持つ。

シャーク・シールドの仕組みは、この習性を利用したもの。海中にいる人間の周囲5〜8メートルに、サメの吸収能力を超えた強い電流を流し、サメにとって嫌な場所にして撃退する。

強い電流に触れた場合でも、サメの器官を一時的にけいれんさせるだけで、電流の流れている場所から離れれば、けいれんはおさまるという。

装置を開発したシーチェンジ・テクノロジー社によると、この技術は10年以上前に、南アフリカで開発されたものだが、一般向けに商品化されたのは、ここ最近のことだという。

同社では、ダイバーや海中作業者向けのほか、漁師が使う網に取り付ける製品も出している。
─────────────────
 そういえばスケール&仕組みが違うけど、「超音波で蚊を撃退」なんて商品もあったなぁ。ディスカウントストアで買って→使ったことあるけど、意味が無かったような気がする…。素直に蚊取り線香を焚いたほうがよろしい。

 ところで、ダイビングってサメに襲われて危険なんじゃないの?と勘違いされることがありますが、確率的にはものすごく運悪くないと襲われません。
 人を襲うサメ(*)の種自体が少ないというのと、ダイビングポイントに人を襲うサメはまず出現しないからです。大前提として、人を襲うサメが度々出るダイビングポイントは普通、閉鎖されるでしょう。例外的に、南アフリカなどではホオジロザメが多いポイントで餌を撒いて→ケージに入ってダイビング、なんてサービスもあるみたいですが。
 報道による印象も理由の一つでしょう。実際は器材の不具合や人為的ミスによる事故のほうが、はるかに多いはずです。邦人が海外でもちょこちょこ事故を起こしていたりするのですが、なぜかあまり報道されません。なんでだろ。

(*)
 自ら襲ってくるサメという表現が正確か。

参考:
ホホジロザメ(ホオジロザメ)・ケージダイビング(株式会社フリーウエイツーリスト)
 Cカード無くてもできるらしいですよ。50cmも潜ればぎしっとくるので、耳抜きのスキルは必須だろうけれども。
 エアは船上から貰うんですって。タンク→レギュじゃないと逆にちと怖い…。
Shark Shield(SeaChange Technology)

February 21, 2005

トゥバタハ

 世界遺産に登録されているフィリピンの珊瑚礁を忘れていました。トゥバタハ・リーフという、パラワン島、ネグロス島、ミンダナオ島に囲まれたスル海に位置する珊瑚礁。海によって隔絶された地域のため、一般人はダイビング・クルーズという手段でしかアクセスできません。
 そんでもって、行くのは時期がかなり限られる。3月中旬から6月中旬までのわずか3ヶ月間のみです。それ以外は季節風により閉ざされる。

P.S.
 楽園なのですが、密漁によるダイナマイト漁(海でダイナマイトを爆発させて→その衝撃で浮かんだ魚を捕る。珊瑚も破壊する最悪な漁)でごく一部は破壊されているのも事実。前出のマクタン@セブ島のダイナマイト漁は有名です。人間の強欲さは計り知れませんね。

 もっと書いちゃおうか。『ニモ』などの影響で、あほどもによりクマノミが乱獲されているのも事実で。バリ@インドネシアなどでは、青酸を使って魚を弱らせ→捕獲しているの知っていますか? クマノミが生息するソフトコーラルおよびハードコーラルにも深刻なダメージがあり(荒れまくり)、魚自体、5割が流通の過程で死んでいくそうです。そりゃ死ぬよ。無論、他の魚にもダメージは及んでいる。
 熱帯魚@海水をペットショップで絶対に買ってはいけません。流通に手を貸していることになります。その魚は養殖で増やされたものではない。

参考:
トゥバタ岩礁海洋公園(TBS 世界遺産)
世界遺産・限定ダイブクルーズ(株式会社ワールドツアープランアーズ)

元記事:
フィリピンまとめ@ダイビング

February 20, 2005

フィリピンまとめ@ダイビング

 下記地域の乾季は、東南アジアに共通する大体12月〜5月になります。

エルニド:
 ダイバーはフィリピンでとなると、モアルボアル、ボホールなどを目指しますが、ここは知りませんでした。エルニドは、リゾーターでも静かで贅沢な時間を十分過ごせると思う、かなり穴場的な。秘境的汁が出てる。
 珊瑚は近場でも荒れていなくて、シュノーケリングでももちろん楽しめるでしょうね。まだまだポピュラーではないらしく、写真はネット上にあまりありませんでした。
 場所的にはフィリピンはセブ島(*)の西、パラワン島北部になる。

参考:
エルニド概要(有限会社M.A.E プランニング)
ダイバー向けの宿は安めツアー(株式会社ワールドツアープランアーズ)

(*)
 マクタン@セブ島の評判はあまり良くないですね。リゾートというよりほぼ観光地なんだろうな。タイのプーケットとかインドネシアのバリに近いノリなんでしょう。人多すぎ、荒れた海、プラスうざい物売り or 変更せざるをえないダイビングポイントみたいな。


モアルボアル:
 セブ島の西側に位置するのどかなスポット。知名度もまだまだ低いようです。珊瑚、魚影ともにとても良好。運が良ければジンベイザメとの遭遇があるらしい。

参考:
モアルボアルダイビング情報(株式会社ワールドツアープランアーズ)


ボホール:
 位置的にはセブ島の南に浮かぶ島。フィリピンNo.1ポイントとされるバリカサグを中心に潜っていく。こちらもマクタン@セブ島から離れるので、ダイバーズパラダイスな雰囲気が強いですね。言い換えれば、ほぼダイバーしか行かないでしょう。

参考:
ボホールダイビング情報(株式会社ワールドツアープランアーズ)

February 19, 2005

出張手コキ専門

  デリコキ日和というデリヘルが手コキに特化したものがあるようです。世の中、いろいろなサービスがあるんですねぇ。こういうの日本だけだろうなぁ。
 ものすごく笑ったのが上記サイトの 求人情報
────────────────
オチンポをしごくだけのお仕事です。
────────────────
 フォントも綺麗な直球勝負で。つーかなんで「オ」つけてるねん。丁寧語なのか?

  SUZUQ.NETで知りました。

CB1300 SUPER BOL D'OR、FZS1000

 CB1300 SUPER FOURのハーフカウルつきバージョン、CB1300 SUPER BOL D'ORがホンダのサイトに掲載されましたね。 CB1300 SUPER FOUR/ SUPER BOL D'OR (*)
 悪いけど取ってつけた感が否めない。ホンダってもたさいくる自体はいいの作ってるとは思うんだけど、デザイン的戦略はほんと下手だなぁとつくづく思う。ホンダのもたさいくるに乗ってて思うんだから、他社オーナーはもっと思うんだろうな(笑)。

 SUPER BOL D'ORを買うんだったら、間違いなく FZS1000(プレストコーポレーション)にします。新しいもたさいくるではないけれど(来年モデルチェンジ?)、デザイン的にきちんと最初から考えて作られているし。モデルチェンジでさらに軽くなる可能性がある重量は、乾燥重量208kg、装備重量231kg。CB1300 SUPER BOL D'ORは乾燥重量232kg、装備重量260kg。1300とはいえやっぱり重い。
 それにFZS1000は逆輸入車になるので、当たり前だけどパワーも最高出力105.2kw(143ps)/10,000rpm、最大トルク105.9N・m(10.8kgf・m)/7,500rpmと海外仕様で。CB1300は同じ4気筒DOHCで排気量はより大きくなるけれども、最高出力74kW(100ps)/7,000rpm、最大トルク117N・m(11.9kg・m)/5,500rpmと思いっきり国内仕様。
 値段はFZS1000が1,029,000円(税込み)、CB1300 SUPER BOL D'ORが1,115,000円(税込み)。普通だったらFZS1000選ぶよなぁ...。

(*)
 3月にCB400SFでもこのバージョン出ます。

February 18, 2005

トラックバックスパム対策

 世間ではインフルエンザが流行していますが、MTの世界ではコメントスパムに続き、トラックバックスパムが蔓延してきているようで。さ、対策。
  Quasi-Spam Filter Plugin(Ogawa::Memoranda)のquasi-spamfilter.zipをまずはダウンロード。トラックバックスパム、コメントスパム両方を弾くプラグインです。なお、このプラグインはMT3.1以降用ですが、2.x、3.0でも使用できます。詳しくはリンク先をどうぞ。
 次に、このプラグインに トラックバックスパム対策(その2)(小粋空間)の改変を施します。トラックバックのタイトルもフィルタ対象にするためです。あとはこのプラグインを
MT/plugins/
 ディレクトリに置くだけ。

 ついでに、mt-tb.cgiにも手を加えておいた。以前コメントスパム対策で、連続したひらがなをフラグにして判定する方法を紹介しましたが( コメントスパム対策第2弾)、それと同じようなことをmt-tb.cgiにも施します。ただし、'text'を'excerpt'にしてください。

 これで、コメントスパム&トラックバックスパムに対して二重の策を講じたことに。当分は大丈夫でしょう。

February 17, 2005

ダイビング・クルーズ

ダイビング・クルーズツアー(スポートツアーズ)

 行き帰りの飛行機以外は上陸しないという(笑)。パラオとかうムこ漏らしそうなほど凄そうですね。
 思ったよりも高くはない、というのが正直なところ。一度は利用してみたいなー。

参考:

パラオ政府観光局 パラオガイド:ダイビング

February 13, 2005

Guam

 グアムに行ってた。ダイビング絡みで。詳しくは こちら

February 7, 2005

BT1100 in '05&Vツインにもの申す


(クリックすると拡大画像を表示します)

 年式'05のBT1100。一見「Buell? Ducati??」な雰囲気ですが、そんな生やさしいものではありません。:D
 ヤマハイタリア(旧ベルガルダヤマハ)が設計、開発、生産で、エンジンは DragStar1100をベースとしたエンジンを積み、シャフトドライブだったりします。洗練された、なんともヨーロピアンな日本車といったところでしょうか。足回りも素敵。

 ユーザのレビューを一通り回ってみましたが、予想通りといった感じだった。まとめると、
・ワインディングでも意外と軽い&寝る
・ポジション的に長距離も楽
・Vツインエンジンだが難しくなくとても扱いやすい(パルシブな加速と鼓動は健在)
・クラッチが軽い
 に落ち着くようです。1,063ccのエンジン特性はスペック
───────
最高出力(EC表示) 47.8Kw(65.0PS) / 5,500r/min
最大トルク(EC表示) 88.3N・m(9.0kgf・m) / 4,500r/min
───────
 を見てもわかるように、低・中回転域に振っているんでしょうね。

 Vツインだと回さなくても(振動や音、トルク感で)楽しいので、惹かれるものがあります。が、ハーレーに代表されるアメリカンな雰囲気が多くなってしまう。ヨーロピアンなデザインかつこの値段(税込み1,144,500円。Buell、Ducati、BMWらへんはもっと高い)で、貴重なもたさいくるだと思う。'05の実車を見たら、胸ときめきました。
 明らかな短所は重量か。乾燥重量233kg、装備重量254kg。現代のもたさいくるとしては重いね。日本の息がかかっているから、その気になればもう少し落とせそう。乾燥重量が200kg代だったら、間違いなく即決なのだが。200kg代にするには、エンジンもDragStar1100のを止めて、新しく開発したのを積まないとダメでしょう。
 BT1100の販売開始は'02だから、来年フルモデルチェンジされるか or 消えるかの運命なんじゃないかなぁ。国内メーカーでも、Vツインで「ライト」スポーツな路線がもっと増えていいのに。Suzukiの SV1000S、Hondaの Super Hawkとかスポーツすぎ。あれだったらほとんどの人が、素直に4気筒のスーパースポーツを選ぶでしょう。国内メーカー、どスポーツに固執しちゃうあたり、センスないよなぁ。どスポーツ or アメリカンだけがもたさいくるじゃないのに。
 歴史が短い分、こういうところで余裕&遊び心がない気がします。<国内メーカー

参考: BT1100(プレストコーポレーション)

February 6, 2005

歴代の勇者


(クリックすると拡大画像を表示します)

 こーれどっかで拾ってすっかり忘れてた。ドラゴンクエスト、歴代の勇者たち。
 こうして見ると、1はベジータっていうか、かなりふぇちの香りがします。だってほぼ ゼンタイ(Google)だもん…。つーか3までゼンタイ?
 7から筋肉が急激に落ちたのね。

uvAntam.com

重要なお知らせ(ubartmar.com)より
──────────
夢に七福神が現れてメッセージをくれました。「時が来た。変化せよ!」
なので、ubartmar.comでの一切の活動を封印して、新しい場所に移動します。
──────────
 ということで、2月9日から http://uvantam.comが完全公開→活動していくようです。2月8日深夜24時〜2月9日早朝には、インターネットライブも開催とのこと。

P.S.
 Isogaiさん、 mixiにもいらっしゃいます。

発熱記念日

 風邪(インフルエンザかどうかは医者に行っていないのでわからない)で久々に熱出しました。38.5度まで上がると、さすがに動けないもんだ。あそこまで熱を出したのは、5年ぶりとかそれくらい。高熱を出すと、単調かついい気がしない夢を、寒気で震えながら見るのもなんだか忘れてた。
 現在は37度代で落ち着いています。喉が派手に痛い(*)ので、7日(月曜)は職場休んで→耳鼻科に行って寝ていることにする。9日から海外でダイビングなのであった。なるべく完治に持ち込まないと。行って延々寝てたんじゃ、本当に洒落になりません

 2月1日に辞めていった、♀ゴリラ(35才)死ね。アライグマ的分厚い化粧を崩したくなかったのか、マスクをしないですぐ後ろで散々げほごほやって、しっかり置き土産していきやがった。お前の面なんか誰も見てねーから。

(*)
 ついでに今、鏡で見てみたら赤くぐずぐずになってた…。放っておくと間違いなく膿を持つパターン。

February 2, 2005

TSUTAYA DISCAS

 mixiでこんさとさん@ smiletranceが書いていたのですが、つられて私も会員になっちゃいました、 TSUTAYA DISCAS。サイトで自分の予約リストを作って(簡単です)→それに伴いDVD順次配送→見終わったらポストへ→次のDVD配送、というサービス。
 この手のサービスは ぽすれんなんかがあったけど、どうもコケそう&livedoorはあまり好きではないという理由により却下。が、TSUTAYAなら実店舗が全国にあるし大丈夫でしょう→トライアルで反応は良かった(*1)ので、このまま会員予定です。
 TSUTAYA的にはかなりギリでやっているだろうけれども(*2)、便利なサービスなので長いこと続けて欲しいー。

 いくつかのコースが存在していて、大抵2つのコースのいずれかに落ち着くようです。
Aプラン:月1,974円で8枚まで(1枚約246円)(*3)。全てのDVDがレンタル可。
Mプラン:月2,079円で枚数制限なし。ただし、借りられるDVDに結構制限あり。
 私は、月9枚以上観る時間はない、借りられるDVDの制限を気にするのはかなり面倒ってことで、Aプランにしています。

 このサービスのメリットとしては
・行く手間が省ける。
・探す手間が省ける。
・返す手間が省ける。
・返却期間がない(次のDVDが観たくなったら返却すれば良い)。
・実店舗で普通に借りるより安い。
・ほぼ待たずに借りられる(Aプラン)。
 などに落ち着くでしょう。

(*1)
 登録の翌日に発送しましたメール→DVDはまたその翌日に届いた。計2日で手元に。

(*2)
 Aプランで計算すると、利益は輸送費引いた1枚約161円〜(必ず2枚で往復輸送とする)。そこからそのDVDの原価、事務的人件費、システムメンテ的人件費、サーバ維持費、えとせとらも捻出されます。えらいこっちゃ。薄利多売でないと(多くの会員を抱えないと)回りませんね。けれども、競合するサービスは他社にもあるわけで、料金は上げづらい。消費者には嬉しいですが。<競争の原理

(*3)
 9枚以上となると別料金が発生。

Direct Link@MTテンプレート

 Main Index、Category Archive、Date-Based Archiveのテンプレートにおいて、各々の記事のフッターを

Posted by たいち  Direct Link | Comments (*) | TrackBack (*)

 ↑とし、MTを使っていない人でも直リンのURLがわかりやすいようにした。