September 28, 2003

Niagara Falls >> Toronto

 小おひさ。カナダはナイアガラ・フォールズとトロントで、ぷらぷらしてましたん。

P.S.
 リンク先の写真はサムネイル作らなかったので、DSL以上の環境推奨。

September 16, 2003

偽り

 このBMネタX51のANALでも現在リンクされているんです。結構古いネタなのに、なんで今更、世間では出てきたんだろう。
 まぁ向こうの原文を読んでもらうとわかるんですが、弟の腕を移植したよーっていう報告。しかし、これコラです(本当)。ネタをばらすとちょうどエイプリフールに、BMEでこの記事は掲載されました。
-------------
This interview posted April 1, 1999
-------------
 で、その後の更新時に、あれは「エイプリルフールだよ」ってちゃんとネタばらししてたよ。指の移植もね。本人たちは至って健康そう(?)でした。

 俺もこの記事が掲載された当時に、「世の中にゃすごいのがいる」と思いっきり信じて→更新時もタイムリーで見ていたので、なーんだと相成ったのでした。
 表面的&面白半分に事物を漁ると結局、真実は見えてこないという好例。俺も気をつけねば。

コイ科

 でどちんこさんのサイトで知ったのですが、青魚釣りのサイトってあるんですね。インターネットってなんでもあるなぁ。
 青魚(アオウオ)はコイ科で中国から移入された魚なんですけど、巨大化します(*1)。日本産の鯉をゆうに超える。
 ただ、数は非常に少なく(私は一度も釣り上げたことがない)、しかしほぼ毎年かなりの数が上がっていることから、このままだとさらに希少になるんじゃないか??

 日本産の鯉で約95cmが私の記録(*2)。糸どんどん出ていって、一生上げられなかったらどうしようと真剣に思った。
 仕掛けは吸い込みで、場所は多摩川でした。多摩川もきちんと水量があって流れが緩やかなところであれば、でかいのごろごろ釣れます。
 これからの季節、釣れるだろうな。考えるところがあって、釣りはほとんど止めています。

続きを読む "コイ科"

September 14, 2003

CBR600F4i in 2004


 年式'04のCBR600F4i。Fのようにシートがワンピースになりましたね。これにより、逆にスタイリッシュ(?)になったような気が。赤でも血に近い赤で、明るい赤ではないからかこいいー。色は黒×黄と、この黒×赤。グラブバーもデフォルトでつくのかな。
 マイナーチェンジで生き残っていくみたいです。ほ。国内で出るかは知らない(600RRは国内でもすでに発売済み。F4iは消えていった@国内)。
 600で乾燥重量 370.0 pounds(約167.8kg)っていう相変わらずの軽さはすごい。重さ的にCB400SFと変わらないっていう。大型乗るんだったら600F4iにしよ。やっぱいいー。(・∀・) RRでツーリングする気にはならんもんなぁ。
 皆が皆、どスーパースポーツに乗りたいわけじゃないのよホンダさん。まぁF4iも、性能的には立派にスーパースポーツだけど。Fコンセプトみたいな車種は、残していくべきだと思う。
 ところで、逆輸入車の年式'03年式'04の大きな写真は、ちゃんとサーバーに置いてあるよ。比較可。:D

 大型2輪免許、11月くらいに取っとくかな…。

September 12, 2003

歌舞伎塗装

セタ:歌舞伎
 かこわるい。
 Kotaroさん(techno.to)が被って、颯爽と風になったら神かも。←またやってる
 外人さんにウケ良さそう。アライとかショウエイって、向こうでは高価で敬遠されるんですってね(本当)。
 でかいハーレー乗りでも、平気でノーヘルとか半帽だからなぁ。
 ちなみに、私はショウエイをずうっと被っていまふ。

CBF600


 うおー、CB600(ホーネット600)のハーフカウルつきバージョンという位置づけにあったCB600Sが、CBF600(Honda Italiaに直リン。上部右にメニューがあっていろいろ見れます)となって新しく出たー。これはいいー。
 モノサスとかいいところは踏襲してる。乗車姿勢はきつくないだろうし、街乗りも楽そう。ハーフカウルで高速巡航時も楽。しかしマフラーはぶり静かそー→即リプレイス。:D
 すっきりとした印象。グラマラスでなく微妙な線を流すデザインは、最近の工業デザインの主流になりつつありますな。
 早く実車見てー。つーか欲しー。

 大型2輪、早いとこ取っておこ…。

September 11, 2003

二重螺旋逆転

「不思議」な立体像、ニューヨークに
 アニメを思わせる作風で世界的に評価の高い現代美術家、村上隆さんの立体像「二重螺旋(らせん)逆転」の展示が9日から、ニューヨーク中心部にあるロックフェラーセンター屋外展示場で始まった。
 作品は、千手観音のような腕を持った高さ7メートルの「とんがり君」を中心に、原初宗教的なイメージと、伝統的な仏教美術をアニメーション的に融合したオブジェ。珍しいものには慣れっこのニューヨーカーも、不思議な立体像をしげしげと眺めていた。10月12日まで。
 村上さんは5月、作品の立体少女像がニューヨークの大手競売会社のオークションで50万ドル(約5800万円)で落札されるなど、国際的な評価が定着している。
--------------------------------

 ぐにょぐるアニメ系。

September 10, 2003

Magical Design

http://www.magical-design.com/
 かなり前からLinksのページでリンクしていましたが、久々に行ってみるとちょこちょこ変わってたりして。
 MDT WEBBになるものに登録してみた。壁紙はしっかり全部いただきましたよ、内山さん。

まめ知識:
 Magical TattooというStudioを切り盛りしていた方(彫師歴はもう14、15年になるんじゃないだろうか)が、現在は服飾デザイナーとしてやっています。Web自体は、違う人が素材貰ってやってると思う。
 私の両上腕、右胸下〜右脚付け根の刺青は、この方に入れてもらいました(ゆえにカテゴリは生活と文化)。今は公には入れていません。昔の客と身内のみに入れています。紹介できないので、あしからず。なんだかますます伝説に近い方になっていってるなぁ。
 いつかここで書いてるけど、背中の下絵頼み中(ぼそ)。涼しくなってきたら、また連絡とってみようかな。

まめ知識2:
 このサイト全体で、1日平均430のページビューがあったりします(本当)。平日は500くらいかな。テキストがごってりあるせいか、検索エンジンで流れ着いている人も非常に多い。検索語のトップは「tattoo」だったりする。よって、海外からのアクセスもかなり派手にあります。
 自分の刺青ばーんとか置かなくて良かったよ。そしたらパクられまくり。

 しかし、「おっぱいの歌」っていう検索を結構してる人は誰すか?(笑)

September 9, 2003

Without Sanctuary

 恥ずかしながら、Without Sanctuaryのサイトがあったことを今知りました。本当に恥ずかしい…。
 アメリカで実際に行われていたリンチの事象。Movieだとflashで、クリックなしで流れます。
 事物、歴史を自分の都合のいいように、もしくはいい面しか見ないポジティブ馬鹿には、ぜひ訪れて欲しいサイトでもあるかも。Love and peaceですか? はぁそうですか。人間は時と条件により、いくらでも狂えるのだ、簡単に。

P.S.
 『チェチェンの首切り』なども検索で引っ掛けて、運良く出くわしたなら、それはあなたの無意識に延々こびりつくでしょう。
 悲しいけど人間は、誰でもこういう面を持っているんだよ。知恵ある猿の殺戮は、尋常じゃないです。素直に認めて、知っておくことが私にできる唯一の反抗。

September 8, 2003

http://www.ginzanoyoru.com/
 銀座は今も昔もそれほど興味はないのだけど(特に夜)、コラムをついつい読んでしまった…。
 良くも悪くも
「銀座で飲んでそうな人」
 という表現は、ずうっと生き続けるんでしょう。
 良い意味で使われる、かこいい大人にはいつかなってみたいが、たぶん一生無理だろうな…。_| ̄|○

 ところで、室井佑月氏のコラムはひどいなこりゃ。「あたし」連発。「アタシ」連発と同様に、こういうのはかなり引いて読んじゃう。「あたしの個人的な意見」とかなんだそりゃ。
 テレビで最近よく見かける人なので、小説、コラムをいつかは読んでみようと思ってはいたが、途端に読む気なくしてみたり。

 女友達でも銀座でホステスやってた人結構いたけど、今は結婚してたりするんでしょうね。幸せな家庭を築いたかどうかはさておき。花の命は短い、ことが多い。

モテる! らしい


http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c44677507
 blogでいっせいにエントリーされているネタ。なで肩の人はいかが?

 出品者はどういう人なんだろうと思ったところ、意外とまともな人でした。

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c44421455
 こういうのも出品している以外は。

恋するM(ある意味マゾ)

 恋するMっていうTV番組ご存知? 投稿しちゃう人は本気なんだろうけど、傍から見ると自分に酔いまくってて気持ち悪いというか、こういうのどういう顔して投稿してるんだろうと思える、とにかく笑えるエンターテインメントです。

 今週の恋するメッセージはこちら
「この頃の貴方は2年前とどこか違う。私のこと今でも愛していますか? 愛しているなら私を離さないで…」
 (そりゃ2年も付き合えば飽きるだろ。相手も若いんだろうし)みたいなツッコミどころ、全ての投稿に満載です。それ以前に、言いたいことがあったら本人に直接伝えりゃあいいのに、わざわざ投稿にいたるその動機がめちゃめちゃ気持ち悪い。
 25にもなる女とか何考えてんだろ。男でもたまにすごいのがいる。恋は盲目。らぶいずぶらいんど(はあと)。

 これら、掲示板への馬鹿画像カキコのネタとして、十分使えるのに今気がついてしまいました。もうやってる人がいそうな気もする。

September 5, 2003

聖母(?)の続き

 『The English Roses』、予約受付中になりましたな。amazon.co.jp(直リン)では彼女のメッセージが聞けたりします。
" I hope these children's books inspire kids of all ages - even grown-up ones."
 最後に、「これらの本に(*)、全ての子供たち - 大人にも感じるものがあれば」(not 直訳)と語っています。どうしようかしらん。

(*):5巻刊行予定。

元記事は >> こちら

September 4, 2003

酒とバラの日々、でもない

 知っている人は知っているけど、日本酒(純米吟醸 or 大吟醸)、米 or 麦焼酎ばっかり飲んでいます、すっかり。が、たまにバーボンに立ち戻ってみたりすると、かなりうまかったり。10代後半、20代前半によく飲んだなぁ。1年のうち数ヶ月こういう時期がある。>立ち戻る
 贅沢いうとメーカーズマーク、ブラントン、棘を求めたらターキーなんだけど、裕福でもないのでアーリータイムスなんだなー。これはこれでうまいのだが、若い頃より安い酒飲んでるってどういうことなんでしょうね…。_| ̄|○
 他にもたっくさん金が出ていくから、と思うことにする。

 ロックで+チェイサーという飲み方はしてません。即効で胃&その他の内蔵やられちゃう。すでにやられてるんだけど。
 もうああいう飲み方はできないので、きちんと(?)水割り。1本4、5日くらいで空けてるかな。
 体質的にアルコールは(も)受け付ける体質で、酒の味を知らないで死ぬより良かったと思ってる、たとえ体を壊してもね。ワイン(赤&白)もうまいのあるし、酒飲みは一生酒飲み+何かなんだろうな。

続きを読む "酒とバラの日々、でもない"

September 2, 2003

教える側からの質問

 面倒なのであまり考えないで書きます。哲学的(not 人生観。ものの考え方を学ぶ学問的)な問題に触れそうだし。
 各自触れてください。←投げやり

 教える側からの質問というのはあって。それにより教えられる側が余計わからなくなっている or 固まっている場面というのは、意外と存在する。教える側が本当の意味でプロでないほど(塾教師、家庭教師、親兄弟、その他素人など)、その種のナンセンスというか矛盾、マッチポンプな質問は頻発。
 その最たる例。
 投げやりに言い放つ。「何がわからない」「どこがわからない」
 そりゃ教えられる側としてはわからない部分がわかっていたら、それを自分でもしくは教える側に求めて→解を導き出してるって。
 また、この種の教える側からの質問というのは、目上の人へはできないでしょう。相手を思いっきり下に見ているのも窺えるのだ。部長以上のクラスにやってみろ(笑)。それ以前に、いい大人がいい大人にやってる時点で、かなりの馬鹿だけどね。

 何が書きたかったのかというと、上記の見ていてやりきれないような場面に出くわすと、自分はああいう馬鹿な大人にならなくて良かったとつくづく思う。反面教師の良い例。

続きを読む "教える側からの質問"

September 1, 2003

雨宮塔子氏

 どうでもいいけど世界陸上2003、7日目くらいで現地のキャスターは雨宮塔子氏と気づきました。
 以前は化粧がべえたあ〜って感じだったので、
(この綺麗な人は誰?)
 ってしばらくわからなくて観てた。:D
 出産後も綺麗な人は綺麗という好例。「子供を産んだから」→がすがす崩れていくのは言い訳 or 要するにだらしがなくなっただけにすぎません。
 男もそうですな。28くらいで、おっさんは見事におっさんだからなぁ。
 選手で35過ぎても(@あらゆるジャンル)、優れた体を持ち立派に戦えてる人は、かなりいる。俺も気をつけよ。

P.S.
 サボー、もうだめなのかしらん…。